【京都11R 菊花賞(G機坊覯漫4着】 ブラストワンピース

  • 2018.10.22 Monday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

う〜ん、惜しかったというよりはしっかり負けてしまったなといった感じの4着… 正直、ダービーの時のもしかしたら勝てていたかもという悶々とした感じはなく、最後は差されないで良く4着に粘ってくれたなといった思いです。やはりG汽譟璽垢梁臧饌罅⊂,狙擇襪泙任亮体呂なかったということなんでしょうね… それではパドックから振り返ってみます。

 

181021 ブラストワンピース 菊花賞 パドック.PNG

 

パドックでは堂々と、落ち着いて周回しているように見えました。テレビの解説でも好印象でしたし、返し馬もスムーズでこれは好勝負出来るなという期待十分でした。

 

 

そしてファンファーレが鳴って菊花賞のスタート!

 

181021 ブラストワンピース 菊花賞 スタート.PNG

 

181021 ブラストワンピース 菊花賞 スタート後.PNG

 

スタートは五分に出ました。ゲート練習の成果アリです!

 

 

1周目の3コーナーから4コーナーにかけては…

 

181021 ブラストワンピース 菊花賞 1周目3コーナー.PNG

 

181021 ブラストワンピース 菊花賞 1周目3-4コーナー.PNG

 

181021 ブラストワンピース 菊花賞 1周目4コーナー.PNG

 

中団やや後方からレースを進めていきます。

 

 

最初の直線、1000m通過は62.7とスローペース。

 

181021 ブラストワンピース 菊花賞 1000m通過.PNG

 

いつもは後ろから行く2番人気の9番・エタリオウが遅いペースを見切ってか、ブラストワンピースを追い越して前へとポジションを上げていきます。

 

 

ゴール坂を過ぎて1コーナーへと向かいます。この時点で既に外に出しています。

 

181021 ブラストワンピース 菊花賞 1種目ゴール坂過ぎ.PNG

 

 

1〜2コーナーを回り向こう正面へと向かいます。

 

181021 ブラストワンピース 菊花賞 1-2コーナー中間.PNG

 

 

改めて2分を超えたあたり、坂の上りのところでのポジショニングは1着:12番、2着:9番、3着:7番と同じような位置にいるんですね。ブラストワンピースはその後ろを追走しています。

 

181021 ブラストワンピース 菊花賞 2周目向こう正面.PNG

 

 

そして坂を下って最終コーナーへ向かって行きます。

 

181021 ブラストワンピース 菊花賞 2周目3コーナー.PNG

 

181021 ブラストワンピース 菊花賞 2周目3-4コーナー中間.PNG

 

外からスーッっと…

 

 

エタリオウを前に見ながら大外をブン回すのか!?

 

181021 ブラストワンピース 菊花賞 最終コーナー.PNG

 

181021 ブラストワンピース 菊花賞 最終コーナー2.PNG

 

 

さぁ、直線入口! 先頭との差はそれ程ないので、ここから突き抜けて欲しいが…

 

181021 ブラストワンピース 菊花賞 直線入口.PNG

 

 

残り200mのあたりでは…

 

181021 ブラストワンピース 菊花賞 残り200m.PNG

 

逆にちょっと突き放されてしまっている感じ… (*´Д`)

 

 

ゴールまであともう少し!

 

181021 ブラストワンピース 菊花賞 残り100m.PNG

 

前になかなか追いつけない! 後ろからも同じ勝負服のグローリーウェイズがやってきているが4着を死守できるか!?

 

 

ゴールは勝馬から0.4秒差の4着。上位3頭の上り3Fは33.9でブラストワンピースが34.1でしたから、やはりちょっと突き放されていますね…

 

181021 ブラストワンピース 菊花賞 ゴール.PNG

 

しかし、毎日杯で下したユーキャンスマイルにまで先着を許してしまうとは… 上位3頭とは位置取りの差がそのまま出てしまった感じですね。しかもスローペースでキレ味勝負になってしまったのもブラストワンピースにはキツイ展開だったかもしれません。ブラストワンピース自身は最後までしっかり脚は伸ばしているんですけどね…

 

それにしてもスローペースと見るや後ろからポジションを上げていったデムーロ騎手はさすがだなと思います。フィエールマンユーキャンスマイルブラストワンピースの前にいた訳ですから、結果的にはもう1段前でレースを進めていれば馬券圏内はあったかもしれないなと思いました。そう考えると勝負は時の運、ダービー同様、運に恵まれなかったかと… それでもダービーに菊花賞とクラシック2戦とも掲示板に載っているんですから、良く頑張ったねと褒めてあげたいです。

 

 

さて、次走はどのレースを目標にしてくるのか想像はできませんが、まずはレース後の無事を祈りつつ、しっかり疲れを取って次に備えて欲しいと思っています。そして菊花賞に堂々の1番人気で出して下さった大竹先生と関係者の皆さま、手綱を取って下さった池添騎手、大変お疲れ様でございました。これからも引き続きよろしくお願い致します。ありがとうございました!

 

 

出資馬の近況 2018.10.21

  • 2018.10.21 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

ブラストワンピースですが11:00の時点で堂々の1番人気! ちょっと人気になり過ぎてるなと思いますが、愛馬がG汽譟璽垢1番人気になるのは素直に嬉しいです。今日は家族みんなでテレビ観戦、人気通り1着入線となるようにみんなで応援します!

 

 

【4歳馬】

グラドゥアーレ【1.4.1.5】:10/14と10/17に美浦坂路で時計、10/28の東京7R 500万下条件戦 芝1,400mに出走予定

 

【3歳馬】

ハウナニ【1.0.1.1】:ノーザンファーム天栄で調整中

ブラストワンピース【4.0.0.1】:本日の京都11R 菊花賞(G機 芝3,000mに池添騎手で出走予定

キューグレーダー【2.2.0.1】 :10/14と10/17に美浦南Wで時計、10/27の東京9R 国立特別 芝1,400mにJ・モレイラ騎手で出走予定

 

【2歳馬】

スイートウィスパー:ノーザンファーム天栄で調整中、5回東京開催でデビュー予定

アーティファクト:ノーザンファーム空港で育成中

フライトストリーム【0.0.0.2】:10/14に美浦坂路で時計、10/18に美浦南Wで時計、10/27の新潟5R 2歳未勝利戦 芝1,800mに出走予定

 

 

グラドゥアーレは10/14に美浦坂路重馬場で4F60.1-3F43.9-2F29.1-1F15.0を馬ナリで記録、そして10/17に美浦坂路良馬場で4F54.6-3F49.3-2F26.2-1F13.8を強めに追って記録しています。小西先生は「先週末に15-15程度で時計を出しましたが、もう少し時間を掛けて調整した方が良い状態でレースに挑めると判断し、今週の特別登録は見送りました。17日には坂路コースで単走で追い切りを行いましたが、動きはまだ気持ち重いかなといった印象でしたね。ただ週末・来週と追い切りを行えば態勢は整うと思いますので、来週の東京・芝1,400m戦にいい状態で向かえるよう進めていきたいと思います。鞍上については現在調整中です。」とおっしゃっています。調教時計がイマイチだなと思っていたので1週スライドになるのはかえって良かったと思っています。当日は天皇賞・秋がありますから、引き続きルメール騎手が手綱を取って頂ければ勝負気配を感じますが果たして…

 

ハウナニは週1回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「引き続き角馬場での運動を中心に様子を見てきましたが、馬体面に特に問題はなさそうですので、今週から坂路コースでの調教をスタートしています。まだ15-15程度ではありますが、脚元を含めて疲れはなさそうですので、この調子で徐々に進めていきたいと思います。馬体重は487圓任后」とコメントされています。坂路の乗り入れも始まっており順調そうです。このまま順調に次走を迎えることが出来るように願っています。馬体重は前週から変わらずです。

 

ブラストワンピースはこの後15:40発走の菊花賞に出走します。競馬ブックでは大竹先生のコメントとして「京都の3,000mは内枠の方がいいようだから3番枠で良かった。古馬相手の前走が強かったし、先週よりも今週と追い切りの動きも良くなっている。春より落ち着いているので距離は伸びても対応できるだろうし、何とかG気鬚抜待している。あとはこの馬をよく知っているジョッキーに託すだけ。」と出ていました。雄大なフットワークで走るだけに内で窮屈にならなければいいなと思いますが、あとはデビューからずっと手綱を取っている池添騎手に全てを任せて、栄光のゴールに真っ先に辿り着けるようしっかり応援します!

 

キューグレーダーは10/14に美浦南W重馬場で4F53.9-3F39.6-1F13.5を馬場の8分どころを回って馬ナリで記録。そして10/17も美浦南W稍重馬場で5F67.3-4F51.3-3F38.0-1F13.3を馬場の8分どころを回って一杯に追って記録しています。栗田先生は「17日に南Wコースで時計を出しました。単走で行い、直線は強めに追う形になりましたが、コースの外目を回りながらも5ハロンを67秒台で走れていますし、最後までしっかりとしたフットワークで動きは良かったと思いますよ。今週も追い切り後にゲート練習を行いましたが、特に悪さをすることもなかったです。ただ追い切った日の午後の馬体チェックで、少し捌きに硬さが見られるのは気になりますね。大きく歩様が乱れるということはありませんが、今後もしっかりとケアしながら調整を進めていきたいと思います。」 とおっしゃっています。捌きに硬さが見られるというネガティブコメントは気になりますね… 時計面ではしっかり好タイムを出せているので良いのですが、状態面に一抹の不安が… 今週の追い切りを注目して見ていたいと思います。

 

スイートウィスパーは週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「今週から週1回15-15で乗っていたのを14-14にまでペースを上げ、さらに負荷を強めています。疲れが出ることなくしっかりと飼い葉は食べていますし、順調に乗り込めていますから、引き続き東京開催後半でのデビューを目標に進めていきたいと思います。馬体重は452圓任后」とコメントされています。坂路のペースも上がり、いよいよデビューに向けての調整ピッチが上がってきました。このまま順調に行って欲しいです。馬体重は前週から4kg減って452kgです。

 

アーティファクトは週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も順調に調教を進めております。週1回ハロン15秒ペースで脚を伸ばしていますが、まだ手応えが鈍っています。それでも走り自体は悪くないので、徐々に慣れてくればしっかりと登坂してくれると思いますよ。」とコメントされています。なかなか調教のペースが上がって来ませんが、今は我慢の時なのかもしれません。まずはしっかり走れる身体づくりからですね…

 

フライトストリームは10/14に美浦坂路重馬場で4F59.2-3F44.6-2F30.4-1F15.3を馬ナリで記録。そして10/18は美浦南W良馬場で5F71.1-4F54.9-3F40.7-1F13.6を馬場の8分どころを回り一杯に追って記録、2歳新馬(強め)相手の併せ馬で外1.2秒先行し0.4秒遅れという内容です。高柳先生は「18日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はフライトストリームが先行し、直線は外に併せて最後は遅れてしまいました。元々スピードに乗り辛いタイプですし、時計が掛かってしまうのは仕方ないのですが、先週・今週と収まってはいるものの前半が掛かり気味で力んで走ってしまっていることから、終いの伸びが物足りない印象です。それに前走時は遅れてゴールするものの、ゴールを過ぎてから2コーナーくらいまで走りに余力があったのが、今回はゴールしてからの走りに力強さが欠けてしまっている感じがします。それでも先週に比べると今週の方が、動きが上向いてきているのは確かですし、今週の馬体重は471圓函∈擔箸鳳任襯織ぅ廚覆里如追い切りつつも前走時に比べて体が増えているのは良い傾向だと思います。来週の新潟・芝1,800m戦を予定していますが、鞍上については現在調整中です。」とおっしゃっています。相変わらず併せ馬では遅れていますね… 時計面でもパッとしませんしどうしたもんだか… 引き続き来週の最終追いに注目です。

 

 

【調教チェック】 ブラストワンピース 18.10.21 京都11R 菊花賞(G機暴仭

  • 2018.10.20 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

こんにちは!

 

三冠レースの最後である菊花賞に出走するブラストワンピース。枠番は2枠3番からの発走で、先入れの奇数枠だし、少し内過ぎるかなと思っていましたが、かつてはサトノダイヤモンドエピファネイアが勝っていますし、それほど悪い枠でもないのかなと… それでは今週の調教を見てまいりましょう。

 

10/14は美浦坂路重馬場で4F57.0-3F42.3-2F27.4-1F12.9を馬ナリで記録、そして10/17は美浦南W稍重馬場で5F67.3-4F51.0-3F36.9-1F12.5を馬場の5分どころを直強め余力で記録。古馬500万下(馬ナリ)相手の併せ馬で1.0秒追走し0.6秒先着しています。競馬ブックの短評では「迫力満点」とあり、2週続けて矢印も↗と高評価です。調教映像を見てみますと、僚馬をあっという間に相手を引き離す反応の良さで、最後の一冠に向けてピークの状態に持っていけたのではないかと思います。

 

大竹先生は「17日に南Wコースで追い切りを行いました。道中は3頭縦列の最後方を追走し、直線は最内に入れて追い出すと、しっかりと脚を伸ばして先着してくれています。乗り手のゴーサインに対する反応は良かったですし、騎乗した助手の感触も良かったですよ。折り合いについては以前から問題ないですし、3,000mの距離に関してはしっかりと対応してくれると思っています。右回りコースも普段の調教での走りに問題は見られませんし、毎日杯で結果を出してくれていますからね。ここまで良い状態で来ていると思いますし、あとはレース本番まで気を抜かず態勢を整えていきたいと思います。」とおっしゃっています。

 

また、池添騎手は「最終追い切りには騎乗しませんでしたが、追い切り後に跨りゲートの確認を行いました。絶対に五分に出られるとは言い切れないものの、自分から出る気持ちがない馬ではありませんから、本番ではこちらもよく気を付けて出来る限り良いスタートを切れるよう努めたいと思います。状態に関しては今日跨った助手さんの感触も良かったようですし、実際にゲート確認で跨った際も雰囲気は良いなと感じました。前走は古馬相手に強い勝ち方をしてくれましたし、あとは無事に当日を迎えて、ブラストと一緒に良い結果を残せるよう頑張ります。」とおっしゃっています。

 

他の出走馬で調教が良いなと思ったのは栗東CWで好タイムを出しているジェネラーレウーノ、同じく栗東CWで全体タイムも優秀、終い1Fは12秒台前半を馬ナリで出しているコズミックフォースに、終いを11秒台でまとめたタイムフライヤーですね。

 

前走新潟記念からは一気に1000mの距離延長、そして斤量も54kgから57kgと3kgの増と厳しい条件でのチャレンジとなりますが、G靴箸聾世┰転泙2勝、その内1勝は古馬混合重賞を直線ノーステッキで勝利しているという地力を見せて、初のG蟻彜Г悗汎佑進んでいって欲しいです!

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM