【釧路市】 カムイの湯 ラビスタ阿寒川

  • 2019.02.21 Thursday
  • 12:00

JUGEMテーマ:温泉に行こう

 

こんにちは!

 

今回の道東旅行での宿泊は釧路市阿寒町にある「カムイの湯 ラビスタ阿寒川」に宿泊しました。当初は根室市内の宿に泊まろうと色々調べていたのですが、思いがけず「元気です北海道クーポン」をGETすることが出来たので、対象施設の中から泊まってみたい道東方面の宿をピックアップして、お得に泊まることができるこちらの宿に泊まることにしました。また、阿寒湖温泉街からは離れたところにあるので、静かで落ち着いて過ごせそうだなと思ったのもこちらの宿にした理由でもあります。

 

ラビスタ阿寒川 エントランス_190215.JPG

 

根室市内からは別海町→弟子屈を経由して向かいました。到着予定時刻は20:30頃で予約をしていましたが、それより若干早く到着することが出来ました。それにしても自宅→根室→阿寒はかなりのロングドライブでしたよ… (*´Д`)

 

 

ホテルの中は木が多く使われており、とても温かみを感じます。廊下も天井が高く窮屈さを感じません。

 

ラビスタ阿寒川 廊下_190215.JPG

 

 

今回のプランはお部屋タイプはお任せの朝食付き、お部屋は2階のツインルームでした。

 

ラビスタ阿寒川 客室_190215.JPG

 

お部屋の中の家具類も木製のものが多く使われています。

 

 

お部屋のお風呂は何と檜造り! そしてそこに注がれるのは自家源泉の温泉です。ちゃんと温泉分析書も貼られていて、泉質は単純温泉、湯上り後は肌がスベスベになる良質の温泉です。いつでも好きな時に温泉に入ることが出来るなんて贅沢の極みです!  (*´▽`*)

 

ラビスタ阿寒川 客室風呂_190215.JPG

 

 

館内には大浴場の他、24時間利用可能な貸切風呂が3つあります。空いていれば自由に入ることができ、夜は檜風呂の「月の湯」に入りました。

 

ラビスタ阿寒川 月の湯_190215.JPG

 

こちらはお部屋のお風呂よりも広いのでゆったりと温泉に入ることが出来ます。愛息もリラックスして笑顔で温泉に浸かっていました。この笑顔と温泉の効果でロングドライブの疲れも吹っ飛びます。

 

 

湯上り後はアイスキャンデーのサービスがありました。そしてマッサージチェアが2台あるお休み処もあり、凝り固まった身体を温泉で解し、仕上げはマッサージチェアで… 約15分の自動コースでしたが実に気持ち良かったです!

 

ラビスタ阿寒川 マッサージチェア_190215.JPG

 

 

お休み処を出てみると、すぐそばにある「集い処 ウタル」で夜鳴きそばのサービスタイムだったので頂いてからお部屋に戻りました。そういえば、同じ系列ホテルの「ラビスタ釧路川」に宿泊した時も夜鳴きそばを頂いたっけ… (・´з`・)

 

ラビスタ阿寒川 夜泣きそば_190215.JPG

 

 

翌朝は早起きして朝風呂へ行って来ました。貸切風呂ではシャンプーや石鹸類を使うことはできないので、大浴場で頭と身体を洗いました。浴場内にある打たせ湯で肩の凝りを解し、露天風呂では1人用の木のお風呂で湯浴みをしました。湯上り後は貸切風呂に移動して、レンガ風呂の「星の湯」で足を伸ばしてリラックスしてきました。

 

ラビスタ阿寒川 星の湯_190215.JPG

 

 

湯上り後の無料サービスは夜はアイスキャンデーでしたが、朝はソフトカツゲンになっていました! 牛乳ではなくてカツゲンなのがオリジナリティー溢れるチョイスだなぁと思いました!

 

ラビスタ阿寒川 湯上りサービス_190215.JPG

 

 

朝食は温泉と同じ地下1階にある「ワッカピリカ」で頂きます。私たちはボックス席でしたが、阿寒川を眺めながら朝食を頂くことが出来る席もあります。窓からは座って寛いでいる鹿を見ることが出来ました。なかなか可愛らしかったですよ ( *´艸`)

 

ラビスタ阿寒川 朝食会場からの眺め_190215.JPG

 

 

朝食は和食膳と洋食膳と選べるのですが、今回は2人とも和食膳にしました。サラダが大好きな奥さまは洋食膳をチョイスすると思っていただけに意外でした。

 

ラビスタ阿寒川 朝食和食膳_190215.JPG

 

普段は朝からこんなにガッツリ食べないのに、ホテルの朝食となると美味しくてお腹いっぱいになるまで食べ過ぎてしまうんですよね… 蘭越産のゆめぴりかも最高に美味しいし、鯖の西京焼きも絶品でした。鰊の切込みはお酒が飲みたくなってしまいましたよ… その傍らで愛息は離乳食を食べてご満悦…

 

 

お腹いっぱい食べ過ぎたおかげで、お部屋に戻ってから少しまったりしてしまったので、チェックアウトが当初の予定よりも遅くなってしまい、釧路川を渡る「SL冬の湿原号」の撮影には間に合いませんでした… 今回は愛息のペースに合わせるのが優先でもあったし、もし撮れれば行ってみようという感じだったのでガッカリ感はないんです。それでも廃止が決定した石炭列車等を撮ることが出来たので満足しています。

 

やはり阿寒湖温泉街から離れているということもあって、団体の宿泊もなく、温泉も混み合うこともなく、思っていた通り静かにゆったりと、良質の温泉に入って素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。3つある貸切風呂の内、陶器風呂の「風の湯」に入ることが出来なかったのが心残りなので、釧路方面に来ることがあればまた泊まってみたいなと思っています。愛息の1歳の記念は奥さまのお母さまや私の母も一緒にここでお祝いを… なんて考えていますがちょっと遠すぎるかな…?

 

 

カムイの湯 ラビスタ阿寒川

住所:北海道釧路市阿寒町オクルシュベ3番1

電話番号:0154-67-5566

宿泊:15:00-翌11:00(基本・日帰り入浴ナシ)

 

 

厚岸産の牛乳 『あっけし極(きわ)みるく 65』

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:ソフトドリンク

 

こんにちは!

 

今回の根室・釧路方面への1泊旅行で立ち寄った、厚岸町の「道の駅 厚岸グルメパーク」。愛息のオムツ替えと休憩も兼ねて30分位いたのですが、売店でご当地牛乳が販売されていたので速攻で購入しました (*'ω'*)

 

あっけし 極みるく 65 & アイス.JPG

 

『あっけし極(きわ)みるく 65』と奥さまのおやつにと購入した『あっけし極みるくあいす』です。

 

 

厚岸町は「海のミルク」・牡蠣の産地としてだけではなく、「陸のミルク(?)」・牛乳を生産している酪農の町でもあります。『あっけし極みるく 65』はその名前にもなっている通り、生乳本来の風味を感じるために65度で低温殺菌を行ない、脂肪の均質化処理を行なわない「ノンホモジナイズ製法」で作られている牛乳です。ちなみにアイスを一口もらったのですが、自分の好みからするとちょっと甘いなぁと感じました。

 

さて、ミルクを飲んでみるとクリーミーな味わいを感じますが、コクに関してはもうワンパンチ欲しいなぁと言うのが正直なところです。それでも一般的に売られている成分無調整牛乳よりははるかに美味しいです。900mlのものも売られていたのですが、さすがに持って帰ったりすることを考えると無理だろうという事になり、やむなく200mlのものを購入しました。また飲んでみたいと思う優しい味… 美味しく頂きました!

 

 

釧路−東釧路間・釧路川橋梁でキハ54 & キハ40を撮影

  • 2019.02.19 Tuesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道写真

 

こんにちは!

 

釧路市内で奥さま(+愛息)がお友達とランチを楽しんでいる間、廃止が決定した「太平洋石炭販売輸送臨港線」の石炭列車を撮影した後は、有名撮影ポイントである釧路川橋梁へと向かいました。

 

こちらのポイントでは13時過ぎから30分位の間で3本の列車を撮影することが出来ます。今回は東釧路駅方面から走って来るのが2本、釧路駅方面から走って来るのが1本なので、釧路駅側の川岸で撮影することにしました。

 

 

最初にやって来たのは根室発釧路行の3628D・「快速 はなさき」です。キハ54の単行でした。

 

東釧路−釧路 3628D キハ54 快速はなさき_190216.jpg

 

F5.6、1/800秒、ISO100、36mm、露出補正±0、WB 太陽光、カスタムイメージは「鮮やか」で撮影。青空の下、薄く凍った釧路川を渡るキハ54。この車両を見ると道東に来たんだなぁと感じます。とは言うものの留萌本線でも見ることが出来るんですけどね… イメージ的には道東なんです (・´з`・)

 

 

今回の動画撮影から先日購入したJVCのGZ-RX680を使用しています。当たり前ですがコンパクトデジカメよりはビデオカメラの方が良い映像が撮れますね!

 

 

 

2本目は釧路発根室行の普通列車5631Dです。キハ40の単行で、こちらはバックショットになります。

 

釧路−東釧路 5631D キハ40_190216.jpg

 

F6.3、1/800秒、ISO100、54mm、露出補正±0、WB 太陽光、カスタムイメージは「鮮やか」で撮影。少し蓮氷が浮かんでいたので、川面の占有を多く、縦構図で撮影してみました。

 

 

動画は横構図です。

 

 

 

最後の3本目は網走発釧路行の3727D・「快速 しれとこ摩周号」です。こちらはキハ54の2両編成でした。

 

東釧路−釧路 3727D キハ54 快速知床摩周号_190216.jpg

 

F5.6、1/800秒、ISO100、36mm、露出補正±0、WB 太陽光、カスタムイメージは「鮮やか」で撮影。やはり1両と2両では雰囲気がガラッと変わりますね。単行ほどはローカルな雰囲気が出ていないように感じます。

 

 

上の写真の角度だとせっかくのトレインマークが確認できませんが、動画ではトレインマークを見ることが出来ます。

 

 

 

今回は愛息のペースに合わせての移動だったので、釧路駅を発車して標茶駅へと向かう「SL冬の湿原号」の撮影には間に合わず、戻りの列車も帰りの時間の関係でそこまで待つことも出来ずと、せっかくの好天なのにSLを撮影出来なかったのは残念でしたが、30分強という短い時間で効率よく3本の列車を撮影することができたので良しとしています。

 

この撮影後に奥さまと愛息を迎えに行き、そのまま自宅へと帰りました。自宅−根室−阿寒−釧路−自宅と2日間で走った距離は1,110.7km!

 

0215-0216走行距離.JPG

 

結構走りましたね… (*´Д`)

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM