出資馬の近況 2020.2.29

  • 2020.02.29 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

今週は無観客開催。そんな特別な状況下でブリリアントコールがデビュー戦を迎えます。調教からは不安の方が強いですが、次に繋がるレースを見せて欲しいです。

 

 

【6歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.12】:ノーザンファーム天栄で調整中

 

【5歳馬】

ハウナニ【2.0.1.4】:ノーザンファーム天栄で調整中、第3回中山開催に出走予定

ブラストワンピース【7.0.0.5】:ノーザンファーム天栄で調整中

 

【3歳馬】

コバルトウィング【1.0.1.2】:ノーザンファーム天栄で調整中、2/29にミッドウェイファームに移動予定

ベッロコルサ【0.0.1.6】:ノーザンファームしがらきで調整中

ブリリアントコール:本日の中京6R 3歳未勝利戦 芝1,600mに吉田隼人騎手で出走予定

 

【2歳馬】

クールキャット(メジロトンキニーズの18):ノーザンファーム空港で育成中

シャイニーレーン(メモリーレーンの18):ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレは周回コースで軽めのキャンターを行なっています。担当者さんは「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、いつものように歩様に硬さは見られるものの、全体的に大きな問題はありませんでした。先週一杯は軽めのメニューに止め、今週から周回コースで軽めのキャンターを行っていますが、状態を見ながら徐々に負荷を強めていきたいと思います。馬体重は491圓任后」とコメントされています。特に問題はないということで何よりです。次戦に向けてしっかりリフレッシュして欲しいです。

 

ハウナニは週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「今週も週3回坂路コースで乗り込んでいますが、まだ万全とは言えないものの、徐々に状態も上向いてきている印象です。第2回中山開催は難しいですが、第3回中山開催を目標に、早ければ来週にも帰厩することになりそうです。馬体重は507圓任后」とコメントされています。復帰予定が出ました!レースで見るのを楽しみに待っています!

 

ブラストワンピースは週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「今週は週2回に登坂回数をセーブしていますが、馬体・体調面共に良い意味で変わりありません。少しずつ暖かくなってきていて、運動中にしっかりと発汗できていることから、馬体重も増えることなく維持できています。今後はさらなるステップアップも視野に入れつつ、調整していければと思います。馬体重は560圓任后」とコメントされています。登坂回数が1回減っているのに、馬体重が前週より減っているのは暖かくなってきたからののか、体調が少し落ち気味なのか… ちょっと心配です。また次走の予定が未だハッキリしないのも気になります。コロナウイルスの影響でオーストラリア遠征が叶わないとなれば大阪杯へ向かうのか… 発表を首を長くして待っています。

 

コバルトウイングは週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「今週は週3回の坂路入りの内、2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。週を追う毎に負荷を強めていますが、動きの方はまずまずですね。歩様は維持できており、状態面も徐々に上向いてきている印象なので、明日ミッドウェイファームに移動させる予定となりました。馬体重は530圓任后」とコメントされています。このタイミングでの移動は3/18の京浜盃に向かうのでしょうか。公式には発表がありませんが、次走予定が出来るのが楽しみです。

 

ベッロコルサはトレッドミルでの調整を行なっています。厩舎長さんは「疲れはそこまで感じられませんでしたが、馬体が少し寂しくなっていたことから、今週一杯乗るのを控えています。現在はトレッドミルで運動を行っていますが、乗り出して行ける状態にはあるので、このまま問題なければ来週からコースに入れていこうと考えています。馬体重は422kgです。」とコメントされています。さすがに今年に入って3戦したので馬体が寂しくなっていても不思議ではありませんね… しっかり鍛えてレースに復帰をして欲しいです。

 

ブリリアントコールは本日の中京6R 3歳未勝利戦 芝1,600mに吉田隼人騎手で7枠12番から出走します。調教からは強気になることはできませんが、最終追いはPコースでは標準的なタイムでしたし、次戦に向けて光が見えるレースをしてもらえれば良いかなと思っています。既走馬相手のデビュー戦、掲示板に載ってくれれば御の字といった期待度で応援します!

 

 

【調教チェック】 ブリリアントコール 20.2.29 中京6R 3歳未勝利戦出走

  • 2020.02.28 Friday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

ようやくデビュー戦を迎えるブリリアントコール。そのデビュー戦は無観客開催という事になりました。珍しいシチュエーションの中での出走はある意味彼女は何か持っているのかも… (*'ω'*) それでは今週の調教を見てまいりましょう。

 

2/23に栗東坂路重馬場で4F61.3-3F44.5-2F29.3-1F14.5を馬ナリで記録、古馬3勝クラス(馬ナリ)相手の併せ馬で0.3秒追走し同入しています。そして2/26は栗東P良馬場で5F67.8-4F51.8-3F37.6-1F11.7を馬場の7分どころを回り強めに追って記録、3歳未勝利馬(馬ナリ)相手の併せ馬で0.4秒追走しアタマ差遅れています。競馬ブックWEbの調教評価は「馬体仕上がるも」で→となっています。気になるのは併せ馬での調教をずっと消化をしていますが、先着したことがないんですね… カイ食いの細さも影響していると思いますが、負荷が軽めなPコースでの調教というのも気になります。

 

奥村先生は「26日にポリトラックコースで追い切りました。吉田隼人騎手に感触を確かめてもらったところ、『非力でまだ全体的に緩さがありますね。手前もスッと替えることが出来ていなかったので、バランスが崩れないようにリズムよく走らせてあげたいと思います。スピードが乗ると良い走りをしていたので、力をつけていけば走ってきそうです』と言っていました。ゲート試験を受けたあたりと比べるとしっかりしてきていますが、飼い葉食いがもう一つですし、なかなか実になってこないですね。しっかりするまで間隔を空けながらレースに出走させていくつもりですが、調教では素軽い走りをしてくれますから、今の状態でどれだけ良い競馬をしてくれるのか確認したいと思います。」とおっしゃっています。今回は次に繋がるレースを見せてもらえれば御の字かなという感じはしますね…

 

他の出走馬で好調教だなと思うのは、栗東坂路で全体時計が優秀なフラテナチェルヴィーノですね。

 

まずはケガ無くゴールまで、そしてその上で1つでも上の着順を目指して頑張って欲しいです!

 

 

出資馬の近況 2020.2.22

  • 2020.02.22 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

3月にデビューすると思っていたブリリアントコールが2/29に出走予定という発表があり、嬉しいと思うと共に驚きも…

 

 

【6歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.12】:2/20にノーザンファーム天栄へ放牧

 

【5歳馬】

ハウナニ【2.0.1.4】:ノーザンファーム天栄で調整中

ブラストワンピース【7.0.0.5】:ノーザンファーム天栄で調整中

 

【3歳馬】

コバルトウィング【1.0.1.2】:ノーザンファーム天栄で調整中

ベッロコルサ【0.0.1.6】:2/18にノーザンファームしがらきへ放牧

ブリリアントコール:2/20に栗東Pコースで時計、2/29の中京6R 3歳未勝利戦 芝1,600mに吉田隼人騎手で出走予定

 

【2歳馬】

クールキャット(メジロトンキニーズの18):ノーザンファーム空港で育成中

シャイニーレーン(メモリーレーンの18):ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレは2/20にノーザンファーム天栄へ放牧に出ました。小西先生は「レース後は走ったなりの疲れはあるものの、脚元を含めて馬体に大きな問題は見られなかったため、19日に美浦トレセンへ移動させていただいています。予定通り20日にノーザンファーム天栄へ放牧に出して心身ともにリフレッシュさせたいと考えていますが、少しスムーズさを欠く場面がありながらも見せ場は作ってくれましたし、またダートの短いレースを使っていきたいと思います。」とおっしゃっています。前走を見るとまだまだ頑張れそうな気がします。しっかりリフレッシュしてレースに復帰することを願っています。

 

ハウナニは週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も先週と同様のメニューで順調に乗り込んでいます。動き自体は徐々にしっかりとしてきていますが、まだ運動後の息の戻りがもう一つなので、しばらくこれくらいのところで乗り込んで、内面の良化を図っていく必要がありそうですね。馬体重は508圓任后」とコメントされています。まだちょっと時間がかかりそうですが、しっかり動けているので状態が上がるまでしっかり鍛錬して知って欲しいです。

 

ブラストワンピースは週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も週3回坂路コースでの乗り込みを続けていますが、脚元の状態は落ち着いています。馬体重もしっかりとキープ出来ていますし、この感じで適度に動かしていきながらボディコンディションを維持していきたいですね。馬体重は564圓任后」とコメントされています。次走の発表は翌週あたりでしょうか。楽しみに待っています。

 

コバルトウイングは週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「左前の歩様の硬さは一時期よりも治まってきていたので、今週から坂路コースでの調教を開始しています。まだ坂路で乗り始めたばかりですので動きは良化途上ですが、この調子で徐々にピッチを上げていければと思います。馬体重は534圓任后」とコメントされています。14-14の登坂が出来ているので一安心といったところでしょうか。頓挫なく次のレースを迎えることができるように願っています。

 

ベッロコルサは2/18にノーザンファーム天栄へ放牧に出ました。角田先生は「トレセンに戻って状態を確認したところ、思いのほかダメージは見られませんが、1月の京都から3戦したこともありますので、これまでの疲れを取る為に放牧に出させていただきました。今後の予定につきましては、状態が上向いた段階で相談させていただきたいと思います。」とおっしゃっています。前々走で未勝利脱出の光が見えたところでしたが、今年に入って既に3戦、少し休んでしっかりリフレッシュして、復帰戦では一皮むけた姿を見せて欲しいです。

 

ブリリアントコールは2/20に栗東Pコース良馬場で6F88.0-5F71.5-4F55.1-3F39.9-1F11.9を馬場の8分どころを回り強め余力で記録、3歳1勝クラス(馬ナリ)相手の併せ馬で0.7秒追走しクビ差遅れています。奥村先生は「20日に格上のアルコレーヌと併せてポリトラックコースで追い切りました。動きとしては見劣る形になってしまいましたが、走りそのものは軽快でしたよ。ただ、並び掛けると横の馬を気にする素振りを見せたので、レースまでに再度併せ馬をするなどして慣らしておこうと思います。ここまでスムーズに進められていますし、このまま順調にいけば2月29日の中京・芝1,600mに出走させたいと考えています。未勝利戦でデビューすることになりますが、条件は合っていると思いますので、良い状態で向かえるように調整していきます。」とおっしゃっています。既走馬相手に走るということで阪神の中央場所よりはローカル中京の方が相手関係が楽なんでしょうか。いずれにしても併せ馬ではいつも遅れているのが気掛かりなので、最終追い切りがどんな感じなのか時計面も含めて注目しています。

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM