【釧路市】 カムイの湯 ラビスタ阿寒川

  • 2019.02.21 Thursday
  • 12:00

JUGEMテーマ:温泉に行こう

 

こんにちは!

 

今回の道東旅行での宿泊は釧路市阿寒町にある「カムイの湯 ラビスタ阿寒川」に宿泊しました。当初は根室市内の宿に泊まろうと色々調べていたのですが、思いがけず「元気です北海道クーポン」をGETすることが出来たので、対象施設の中から泊まってみたい道東方面の宿をピックアップして、お得に泊まることができるこちらの宿に泊まることにしました。また、阿寒湖温泉街からは離れたところにあるので、静かで落ち着いて過ごせそうだなと思ったのもこちらの宿にした理由でもあります。

 

ラビスタ阿寒川 エントランス_190215.JPG

 

根室市内からは別海町→弟子屈を経由して向かいました。到着予定時刻は20:30頃で予約をしていましたが、それより若干早く到着することが出来ました。それにしても自宅→根室→阿寒はかなりのロングドライブでしたよ… (*´Д`)

 

 

ホテルの中は木が多く使われており、とても温かみを感じます。廊下も天井が高く窮屈さを感じません。

 

ラビスタ阿寒川 廊下_190215.JPG

 

 

今回のプランはお部屋タイプはお任せの朝食付き、お部屋は2階のツインルームでした。

 

ラビスタ阿寒川 客室_190215.JPG

 

お部屋の中の家具類も木製のものが多く使われています。

 

 

お部屋のお風呂は何と檜造り! そしてそこに注がれるのは自家源泉の温泉です。ちゃんと温泉分析書も貼られていて、泉質は単純温泉、湯上り後は肌がスベスベになる良質の温泉です。いつでも好きな時に温泉に入ることが出来るなんて贅沢の極みです!  (*´▽`*)

 

ラビスタ阿寒川 客室風呂_190215.JPG

 

 

館内には大浴場の他、24時間利用可能な貸切風呂が3つあります。空いていれば自由に入ることができ、夜は檜風呂の「月の湯」に入りました。

 

ラビスタ阿寒川 月の湯_190215.JPG

 

こちらはお部屋のお風呂よりも広いのでゆったりと温泉に入ることが出来ます。愛息もリラックスして笑顔で温泉に浸かっていました。この笑顔と温泉の効果でロングドライブの疲れも吹っ飛びます。

 

 

湯上り後はアイスキャンデーのサービスがありました。そしてマッサージチェアが2台あるお休み処もあり、凝り固まった身体を温泉で解し、仕上げはマッサージチェアで… 約15分の自動コースでしたが実に気持ち良かったです!

 

ラビスタ阿寒川 マッサージチェア_190215.JPG

 

 

お休み処を出てみると、すぐそばにある「集い処 ウタル」で夜鳴きそばのサービスタイムだったので頂いてからお部屋に戻りました。そういえば、同じ系列ホテルの「ラビスタ釧路川」に宿泊した時も夜鳴きそばを頂いたっけ… (・´з`・)

 

ラビスタ阿寒川 夜泣きそば_190215.JPG

 

 

翌朝は早起きして朝風呂へ行って来ました。貸切風呂ではシャンプーや石鹸類を使うことはできないので、大浴場で頭と身体を洗いました。浴場内にある打たせ湯で肩の凝りを解し、露天風呂では1人用の木のお風呂で湯浴みをしました。湯上り後は貸切風呂に移動して、レンガ風呂の「星の湯」で足を伸ばしてリラックスしてきました。

 

ラビスタ阿寒川 星の湯_190215.JPG

 

 

湯上り後の無料サービスは夜はアイスキャンデーでしたが、朝はソフトカツゲンになっていました! 牛乳ではなくてカツゲンなのがオリジナリティー溢れるチョイスだなぁと思いました!

 

ラビスタ阿寒川 湯上りサービス_190215.JPG

 

 

朝食は温泉と同じ地下1階にある「ワッカピリカ」で頂きます。私たちはボックス席でしたが、阿寒川を眺めながら朝食を頂くことが出来る席もあります。窓からは座って寛いでいる鹿を見ることが出来ました。なかなか可愛らしかったですよ ( *´艸`)

 

ラビスタ阿寒川 朝食会場からの眺め_190215.JPG

 

 

朝食は和食膳と洋食膳と選べるのですが、今回は2人とも和食膳にしました。サラダが大好きな奥さまは洋食膳をチョイスすると思っていただけに意外でした。

 

ラビスタ阿寒川 朝食和食膳_190215.JPG

 

普段は朝からこんなにガッツリ食べないのに、ホテルの朝食となると美味しくてお腹いっぱいになるまで食べ過ぎてしまうんですよね… 蘭越産のゆめぴりかも最高に美味しいし、鯖の西京焼きも絶品でした。鰊の切込みはお酒が飲みたくなってしまいましたよ… その傍らで愛息は離乳食を食べてご満悦…

 

 

お腹いっぱい食べ過ぎたおかげで、お部屋に戻ってから少しまったりしてしまったので、チェックアウトが当初の予定よりも遅くなってしまい、釧路川を渡る「SL冬の湿原号」の撮影には間に合いませんでした… 今回は愛息のペースに合わせるのが優先でもあったし、もし撮れれば行ってみようという感じだったのでガッカリ感はないんです。それでも廃止が決定した石炭列車等を撮ることが出来たので満足しています。

 

やはり阿寒湖温泉街から離れているということもあって、団体の宿泊もなく、温泉も混み合うこともなく、思っていた通り静かにゆったりと、良質の温泉に入って素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。3つある貸切風呂の内、陶器風呂の「風の湯」に入ることが出来なかったのが心残りなので、釧路方面に来ることがあればまた泊まってみたいなと思っています。愛息の1歳の記念は奥さまのお母さまや私の母も一緒にここでお祝いを… なんて考えていますがちょっと遠すぎるかな…?

 

 

カムイの湯 ラビスタ阿寒川

住所:北海道釧路市阿寒町オクルシュベ3番1

電話番号:0154-67-5566

宿泊:15:00-翌11:00(基本・日帰り入浴ナシ)

 

 

愛息の温泉デビュー旅 2泊目 北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート

  • 2018.11.15 Thursday
  • 12:00

JUGEMテーマ:温泉に行こう

 

こんにちは!

 

愛息の温泉デビュー旅の2泊目は、今年の1月下旬に釧網本線を走るクリスタルエクスプレスを撮影する為に宿泊した『北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート』をチョイスしました。愛息が未だ奥さまのお腹の中にいた時に宿泊しているんですね (*'ω'*)

 

今回は「ふっこう割」を利用しての宿泊プランでは、前回宿泊した時と同じ露天風呂付客室のものがなかったので、チェックイン当日にフロントで空きがないか聞いてみたところ、空きがあったので追加料金を支払いしてアップグレードしました。2階の『古の座フロア』での宿泊です。

 

ステキなデザインのエントランスを歩いて客室へと向かいます。

 

北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート 古の座フロア_181109.JPG

 

 

お部屋の広さは56.7屐大人2人、ベビー1人でゆったりと宿泊することができます。

 

北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート 客室全景_181109.JPG

 

 

ベッドは移動可能だったので、愛息が落ちないように2つを隙間なく並べて真ん中で寝てもらいました。

 

北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート ベッドスペース_181109.JPG

 

 

お風呂上りにマッサージチェアで全身のコリを解してもらいましたが、翌日見事に揉み返しが… 結構グリグリ来るものの、痛気持ち良い感じでかなり良かったんですけどね… (*´Д`)

 

北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート マッサージチェア_181109.JPG

 

 

畳のところでは愛息がゴロゴロと寝返りしたりと寛いでいます。

 

北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート 愛息くん_181109.JPG

 

 

前回は雪景色でしたが、今回は晩秋の風景を見ながらの入浴です。無色透明なアルカリ性単純温泉は湯上り後の肌がとてもスベスベになります。愛息も笑顔で入浴していました。生後5ヶ月で早くも温泉の素晴らしさが判るのかな… ちなみに私はここのお風呂も4回入りました (・´з`・)

 

北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート 客室露天風呂_181109.JPG

 

お部屋のシャワーブースにあるアメニティはPOLAの「アロマエッセゴールド」でした。個人的に大好きなアメニティで、自分の温泉グッズのシャンプー類はゴールドになる前の「アロマエッセ」のトラベルセットを愛用しています。東京に出張した時に良く泊まっていたホテルのアメニティが「アロマエッセ」のトラベルセットで、使い切れなかった分を持って帰ってきて温泉入浴の際に使っていました。それにしてもいつの間にかゴールドにグレードアップ(?)していたんですね…

 

 

食事会場に行く途中にあった椅子のギャラリー「偶(ぐう)」。いろいろな種類の椅子が置かれています。オブジェではございません。ちゃんと座れます。

 

北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート チェアギャラリー「偶」_181109.JPG

 

 

夕食ビュッフェでは好きな具材をチョイスして作ることが出来る「洋風モヨロ鍋」をたらふく頂きました。相変わらず野菜の類を入れないので写真映えしません… 塩麹ベースのスープに豆腐、アサリ、鶏肉と鱈を入れて作りました。アッサリした味ですがかなり美味しかったです。

 

北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート 夕食ビュッフェ鍋完成181109.JPG

 

 

朝食ビュッフェは彩り豊かな奥さまのチョイスを… 野菜が新鮮なんでしょうね。とても美味しいとおかわりして食べていましたよ。

 

北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート 奥さまの朝食ビュッフェ_181109.JPG

 

 

ちなみに1月に泊まった時の記事はこちらをご覧ください↓

・客室&温泉編

・食事編

 

 

さて、今回の愛息の温泉デビュー旅は肌に優しいアルカリ性の温泉をチョイスしてみました。よだれかぶれとかで赤くなっているところもあるので、今後は家族で入ることが出来る貸切風呂などを利用して定期的に温泉に入れてあげたいなぁと… また、近場ではニセコに今回入った温泉とは真逆の酸性泉もありますから、お肌の状況を見ながらケアをしてあげたいと思います。

 

 

北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート

住所:北海道網走市呼人159番地

電話番号:0152-48-3211

日帰入浴:平日/14:00-22:00、土日祝日/12:00-22:00

入浴料:大人1,200円、小学生600円、4歳〜小学生未満300円、4歳未満無料

宿泊:一般客室15:00-翌10:00、露天風呂客室・特別室14:00-翌11:00

 

 

愛息の温泉デビュー旅 1泊目 十勝川温泉第一ホテル 豆陽亭

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:温泉に行こう

 

こんにちは!

 

11月8日から2泊3日で久し振りの温泉旅行に行って来ました。温泉に行くこと自体がとても久し振りだし、宿泊となると今年の1月下旬、SL冬の湿原号クリスタルエクスプレスの撮影で道東方面に行った時以来になります。

 

もちろん、愛息が生まれてからは実家に泊まる以外では初めての外泊、しかも見知らぬ人達がたくさんいるホテルでの宿泊ということで、愛息に過度なストレスがかからぬよう、以下のことに留意して宿をチョイスしました。

 

1.愛息が安心して入浴できるよう、温泉が引いてある部屋に宿泊したい

2.温泉は出来れば非循環ろ過、非塩素消毒、非加水の温泉が希望

3.夫婦ともどもタバコを吸わないので禁煙ルームが希望

4.食事は個室もしくは部屋食が良いが、ベビーチェアがあればビュッフェスタイルでもOK

 

上記を考慮しつつ、JR北海道「キハ183-0系記念入場券」も購入したいという私のわがままな希望から選んだ初泊の宿は『十勝川温泉第一ホテル 豆陽亭』でした。

 

十勝川温泉第一ホテル豆陽亭 ホテル外観_181108.JPG

 

 

こちらのお宿にはミキハウス子育て総研「ウェルカムベビーのお部屋」に認定された客室があり、愛息の温泉デビューはそのお部屋で予約をしました。12.5畳の和室にベビー用のお布団が用意されています。愛息も喜んで手足をバタつかせていましたよ (・´з`・)

 

十勝川温泉第一ホテル豆陽亭 12.5畳和室_181108.JPG

 

 

畳の上にプレイマットが敷いてあって、おもちゃや絵本、バンボの用意がされていました。コンセント穴にベビーが指を入れたりしないようにカバーがされていました。赤ちゃん目線で素晴らしい気配りです。

 

十勝川温泉第一ホテル豆陽亭 ベビープレイコーナー_181108.JPG

 

 

今回は「ママ快適特典」付のプランだったので、紙オムツ20枚、おしり拭き、オムツ捨てBOX、洗浄綿、ベビー用バスタオル等も用意されていました。ちなみに宿泊の前にホテルの予約スタッフさんから電話があり、普段使用しているオムツやサイズなどのヒアリングがありました。リクエストしたものがきちんと用意されていたのが嬉しかったです。

 

十勝川温泉第一ホテル豆陽亭 ベビーグッズ_181108.JPG

 

 

お部屋は川側に面しており、十勝川と白鳥大橋が見えます。

 

十勝川温泉第一ホテル豆陽亭 十勝川白鳥大橋_181108.JPG

 

 

また、カプセルコーヒーの用意もされていました。コーヒーマシンの横にあるのは売店で購入した『モール温泉ビール』です。十勝川温泉の源泉「モール温泉水」仕込みのビールです。意外にも(?)普通のビールで、普通に美味しく頂きました。

 

十勝川温泉第一ホテル豆陽亭 コーヒーメーカー等_181108.JPG

 

 

脱衣所・洗面所には「温泉分析書」が掲示されていました。泉質はナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)で泉温は53.8℃とあります。

 

十勝川温泉第一ホテル豆陽亭 温泉分析書_181108.JPG

 

「温泉分析書」には加水・加温・循環ろ過・塩素系薬剤の使用についての記載がありますが、上に貼られたシールには加水・加温・循環ろ過・消毒処理については該当しないと書いてありますので、客室に引いてある温泉に限っては源泉をそのまま注いでオーバーフローさせているということなんだろうと理解をしました。

 

 

客室露天風呂には北海道遺産にも認定されている『モール温泉』が満たされています。優しい肌触りなコーヒー色の温泉は泥炭層から汲み上げられた植物由来の有機質を多く含んでおり、美肌の湯として有名です。刺激が少ない温泉なので愛息の温泉デビューにはピッタリかなと…

 

十勝川温泉第一ホテル豆陽亭 客室露天風呂_181108.JPG

 

温泉の投入量は少なめですが、絶えず注がれているので何時でも好きな時にザブンと入ることが出来るのが嬉しいですね。結局、奥さまは大浴場にも行きましたが、私は行かないでコチラのお風呂ばかり4回も入浴しました。おかげさまで肌もスベスベになりましたよ (*´▽`*)

 

 

食事は夕食が「レストラン木もれび」での『十勝ビュッフェ』、朝食は「朝食ビュッフェ 白鳥」で頂きました。どれもこれもが美味しかったのですが、愛息はまだ離乳食が始まったばかりなので食べるものがなく、ベビーチェアに座ってマグで麦茶を飲んだり、おもちゃで遊んだりしか出来ないので、落ち着いてゆっくりと食べてという訳にもいかず、ササッと食べてお部屋に戻りました。

 

十勝川温泉第一ホテル豆陽亭 朝食バイキング_181108.JPG

 

朝食ビュッフェでは地元の十勝小麦を使用した、ホテルメイドの自家製パンが何種類もあってとても充実していました。私はサラダ類は食べないので写真映えしないから奥さまの盛り付け写真を載せてみました。

 

 

さすがはミキハウス子育て総研認定のお部屋だけあって、とても快適に過ごすことが出来ました。本来であればそれなりのお値段のするお部屋なのですが、今回はOTA(Online Travel Agent)の北海道ふっこう割クーポン20,000円とショッピングで貯めたポイントを6,000円、音更ふっこう割4,000円(2,000円×2名)で合計30,000円の値引があったので、かなりお安く宿泊することが出来ました。

 

十勝川温泉第一ホテルには今回宿泊した「豆陽亭」の他にも、全室デラックスルーム仕様で客室に温泉が引いてある「豊州亭」、更にハイグレードな「三余庵」とありますので、愛息の成長と共に宿もステップアップして泊まってみたいと思い描いています。

 

 

十勝川温泉第一ホテル 豆陽亭

住所:北海道河東郡音更町十勝川温泉南12

電話番号:0155‐46‐2231

日帰入浴:13:00-21:00

入浴料:大人1,500円、小学生以下500円

宿泊:15:00-翌10:00

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM