JR北海道 わがまちご当地入場券購入の旅 【網走地方◆北見地方 上川地方】

  • 2018.04.18 Wednesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道

 

こんにちは!

 

SL冬の湿原号クリスタルエクスプレスを撮影する旅の最終日は午前中に北浜駅でクリスタルエクスプレスを撮影してから帰路につきました。網走を出発して旭川方面へと車を走らせ、石北本線の駅を巡っていきます。この日は女満別駅からスタートです。

 

JR北海道ご当地入場券  女満別駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券  女満別駅裏.JPG

 

西女満別駅を通過するキハ183系特急「大雪」です。裏面には夜の女満別駅と普通列車がデザインされています。

 

 

次に来訪したのは美幌駅でした。

 

JR北海道ご当地入場券  美幌駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券  美幌駅裏.JPG


美幌駅を発車したキハ40系普通列車です。裏面には美幌峠から眺める屈斜路湖と雲海がデザインされています。

 

 

続いて立ち寄ったのは北見駅です。

 

JR北海道ご当地入場券  北見駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券  北見駅裏.JPG

 

生田原−西留辺蘂間、常紋峠を走るキハ54系特別快速「きたみ」です。この構図であれば長編成の貨物列車の方が良いのではと思いましたが、あえての単行… でもこれはこれで味があって好きです。裏面は北見市が誇る世界一・日本一の特産品が紹介されています。一瞬、北見市で「オホーツクのホタテ」???となりましたが、市町村合併でオホーツク海に面した常呂町が北見市になっていることを思い出しました。そういえば常呂といえばカーリングの町として有名ですよね。

 

 

石北本線の流れで行ったら次は遠軽駅なんですが、車で行くとなるとちょっと遠回りになるので、そのまま国道39号線を走り、石北峠を越えて旭川方面へと向かいました。層雲峡を通り過ぎて向かった先は上川駅です。

 

JR北海道ご当地入場券  上川駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券  上川駅裏.JPG

 

東雲−上川間を走るキハ54系特別快速「きたみ」です。上の方に見えるのは上川の街を見下ろす「エスポワールの鐘」です。裏面には上川町の観光名所である層雲峡の銀河・流星の滝や銀泉台の紅葉などがデザインされています。大雪山連峰の豊かな自然がある上川町は、ラーメンの町としても有名なんです。

 

 

続いて立ち寄ったのはセブンイレブン愛別町店です。ここで愛別駅のご当地入場券を購入しました。

 

JR北海道ご当地入場券  愛別駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券  愛別駅裏.JPG

 

冬の伊香牛−愛別間を走るノースレインボーエクスプレスです。愛別町は「きのこの里」として有名です。裏面にはいろいろな種類のきのこがデザインされています。

 

 

この日の最後は当麻駅です。セイコーマート当麻3条店で購入しました。

 

JR北海道ご当地入場券  当麻駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券  当麻駅裏.JPG

 

桜岡−当麻間を走るキハ183系特急「大雪」です。裏面には「龍神が休むところ」として伝えられている当麻鍾乳洞がデザインされています。龍が大好きな私としては是非とも訪れたい場所です。

 

 

少しずつ暗くなってきていたので、この日は旭川駅に向かうのを止めて、旭川北ICから高速道路を走って帰ってきました。旭川駅は旭山動物園号のラストランの時に立ち寄って買えばいいかなと… さすがに3日間で1,000km以上は走りましたから 少々疲れましたが、私は目的の列車の撮影ができて、ご当地入場券も一気に16ヶ所も購入できたし、奥さまも友人と久し振りに会ったり、食事を共にしたりと、それぞれが楽しい時間を満喫することが出来ました。

 

キハ183-0系記念入場券が遅れて発売されたこともあって、再び道東方面へ行く動機が出来ました。その時は歯抜けになってしまった駅のご当地入場券も購入して回りたいと思っています!

 

 

 

JR北海道 わがまちご当地入場券購入の旅 【釧路地方&網走地方 

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道

 

こんにちは!

 

SL冬の湿原号クリスタルエクスプレスの撮影は釧路湿原−細岡間にある「二瓶踏切」で行ないました。その撮影ポイントの近くにある「細岡ビジターズラウンジ」で釧路湿原駅のご当地入場券が販売されています。撮影終了後に立ち寄って購入しました。

 

JR北海道ご当地入場券  釧路湿原駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券  釧路湿原駅裏.JPG

 

釧路湿原−細岡間を走る「SL冬の湿原号」ではなく、DE10形ディーゼル機関車が牽引するという、ある意味ちょっとレアな「冬の湿原号」です。裏面には釧路湿原と細岡展望台、細岡ビジターズラウンジがデザインされています。

 

 

撮影後は標茶駅に行ってステイしているSL冬の湿原号を撮影しました。もちろんご当地入場券も購入します。

 

JR北海道ご当地入場券  標茶駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券  標茶駅裏.JPG

 

塘路−茅沼間を走るキハ54系普通列車と特別天然記念物のタンチョウが一緒に写っています。裏面は塘路湖をバックに釧路湿原を走る「SL冬の湿原号」です。構図から察するに「サルルン展望台」から俯瞰撮影したものと思われます。

 

 

続いて来訪したのは摩周駅です。ここではクリスタルエクスプレスがステイしていたので思いがけず撮影することができました。

 

JR北海道ご当地入場券  摩周駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券  摩周駅裏.JPG

 

川湯温泉−緑間を硫黄山をバックに走るキハ54系快速「しれとこ」がデザインされています。裏面には津別峠の雲海、硫黄山と摩周湖がデザインされています。

 

 

摩周駅の後は清里町駅→知床斜里駅と行きたかったのですが、この日の宿泊先である網走のホテルのチェックイン時間の関係で、浜小清水駅へショートカットしました。

 

JR北海道ご当地入場券  浜小清水駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券  浜小清水駅裏.JPG

 

原生花園−北浜間、オレンジに咲くエゾスカシユリの横を走るキハ54系普通列車です。裏面はラムサール条約登録湿地の濤沸湖の説明が書かれています。

 

 

そしてこの日の最後の購入は網走駅でした。

 

JR北海道ご当地入場券  網走駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券  網走駅裏.JPG

 

北浜−藻琴間、オホーツク海に浮かぶ流氷を横目に走るキハ54系+キハ40系(?)快速「しれとこ」です。北浜駅にある展望台から俯瞰撮影した写真ですね。私もこの構図でクリスタルエクスプレスを撮りたかったのですが、残念ながら北浜駅に到着した時には場所は埋まっていたので、止む無くホームからの撮影にしたのを思い出します。裏面は網走駅を発車する特急「オホーツク」号、旅愁が漂う素敵な写真です。

 

 

この日は釧網本線の5つの駅でご当地入場券を購入することが出来ました。ちょっと清里町駅と知床斜里駅が歯抜けの状態で残されてしまっているのが心苦しいですが、何かのついでで道東方面に行くとか、上手くタイミングが合えば来訪して買いたいなと思っています。

 

 

[DVD] SL 冬の湿原号

価格:3,986円
(2018/4/16 21:55時点)
感想(0件)

JR北海道 わがまちご当地入場券購入の旅 【十勝地方&釧路地方 

  • 2018.04.16 Monday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道

 

こんにちは!

 

もうかれこれ3ヶ月近く前の事になりますね… SL冬の湿原号と釧網本線を走るクリスタルエクスプレスを撮りに行ったのは… 時が経つのは早いものです。

 

さて、2泊3日の撮影旅行では初日の宿泊地・釧路市へは道中でご当地入場券を購入しながら向かいました。帯広駅は既に入手済の為、そこから釧路方面に向かって購入していきます。まずは幕別駅からスタートです。

 

JR北海道ご当地入場券 幕別駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券 幕別駅裏.JPG

 

夕暮れの帯広−札内間のカーブを駆け抜けるキハ283系特急「スーパーおおぞら」がデザインされています。裏面は幕別町出身のオリンピック選手とパークゴルフ発祥の地だけにパークゴルフの写真、特産品や旧忠類村で発掘されたナウマン象の骨格のことが紹介されています。この時は平昌五輪の前だったこともあり、町には高木姉妹を応援する幕が結構出ていたのを思い出しました。

 

 

次に来訪したのは池田駅です。

 

JR北海道ご当地入場券 池田駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券 池田駅裏.JPG

 

利別−池田間でワイン城をバックに走るキハ40系普通列車がデザインされています。裏面にはそのワイン城と特産品である十勝ワイン、池田駅前にある噴水がデザインされています。

 

 

次に向かった豊頃駅は駅では取扱いしておらず、町内のセイコーマートでの販売でした。

 

JR北海道ご当地入場券 豊頃駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券 豊頃駅裏.JPG

 

池田−十弗間のカーブを走るキハ283系特急「スーパーおおぞら」を俯瞰で撮影しています。裏面には推定樹齢140年のハルニレの木、互産互生マルシェと最近人気のジュエリーアイスがデザインされています。ジュエリーアイスとは太平洋に流れ出た十勝川の氷が、波にもまれて角が取れて、まるでクリスタルのようになった氷のことなんです。まだ見たことがないので本物を見てみたいです。

 

 

次の浦幌駅は16:00までの営業時間に間に合わずに購入することが出来ず… 止む無くスルーして白糠駅へと向かいました。白糠駅のみどりの窓口の営業時間には間に合わなかった為、町内のセイコーマートで購入しました。

 

JR北海道ご当地入場券 白糠駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券 白糠駅裏.JPG

 

白糠−西庶路間を走るキハ283系特急「スーパーおおぞら」を、これまた俯瞰で撮影しています。裏面には鍛高のシソ畑と鍛高譚、毛がにや道の駅などの名所がデザインされています。やはり白糠町と言えば鍛高譚ですよね〜

 

 

そしてこの日の最後は釧路駅です。

 

JR北海道ご当地入場券 釧路駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券 釧路駅裏.JPG

 

釧路−東釧路間、釧路川を渡る「釧路湿原ノロッコ号」がデザインされています。裏面には釧路湿原や霧の幣舞橋などの素敵な写真がデザインされています。

 

 

…ということでこの日は根室本線の5つの駅でご当地入場券をGETしました。今回は釧網本線での撮影なので、釧路から根室までの花咲線沿線の3つの駅(厚岸・浜中・東根室)についてはまた後日ってことになります。釧路から先となるとさすがに遠いなぁって感じますね… でも全駅コンプリートの為にはいつかは来なければいけません。その時はいつなのか…とても楽しみです。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM