出資馬の近況 2019.5.19

  • 2019.05.19 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

暖かくなってきて愛馬たちの動きも活発になってきました。6月は楽しみな月ならなりそうです (*´ω`*)

 

【5歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.7】:5/16に美浦トレセンへ帰厩、6/8の東京12R 1勝クラス ダート1,300mに出走予定

 

【4歳馬】

ハウナニ【2.0.1.3】:ノーザンファーム天栄で調整中、第1回函館開催に出走予定

ブラストワンピース【5.0.0.3】:5/12に美浦坂路で時計、5/16に美浦南Wで時計、5/26の東京12R 目黒記念(G供房2,500mに池添騎手で出走予定

キューグレーダー【2.2.0.1】 :5/15に美浦トレセンへ帰厩、6/15の東京10レース 相模湖特別に出走予定

 

【3歳馬】

スイートウィスパー【0.0.0.1】:ノーザンファーム空港で調整中

アーティファクト【0.0.0.1】:ノーザンファーム天栄で調整中、6/8の東京7R ダート1,400m、もしくは6/9の東京6R ダート1,400mに出走予定

フライトストリーム【0.0.0.6】:ノーザンファーム天栄で調整中、第3回東京開催に出走予定

 

【2歳馬】

コバルトウィング(レースウィングの17):ノーザンファーム天栄で調整中

ベッロコルサ(ベッライリスの17):5/16に栗東・角田晃一厩舎へ入厩

ブリリアントコール(レイズアンドコールの17):ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレは5/16に美浦トレセンへ帰厩しました。小西先生は「16日にこちらへ帰厩させていただきました。まずは馬体の確認を行い、問題なければ、明日から目標の6月8日の東京・D1,300mに向けて進めていきます。牧場で皮膚病が出てしまったと聞いていますから、体調面にはくれぐれも気をつけていきたいと思います。」とおっしゃっています。まずはレースまで順調に調整が進んで、無事に出走できるように願っています。

 

ハウナニは週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も週3回の坂路調教をこなしています。ここまで順調そのものですし、手塚調教師と今後について相談したところ、時計が掛かりやすい洋芝の方がハウナニにとって条件的に良いでしょうから、次の函館開催での出走を目標に調整していく予定となっています。馬体重は494圓任后」とコメントされています。次走は函館開催と発表されました。勝手に6/30の牝馬限定の芝1,200m戦・道新スポーツ杯が適鞍かなぁと思っているのですが、もしそうだったら会社の中間決算日だから行けるかどうか… どのレースを選択してくるのか発表を楽しみにしています。

 

ブラストワンピースは5/12に美浦坂路良馬場で4F62.1-3F45.9-2F29.9-1F15.0を馬ナリで記録、5/16に美浦南W良馬場で6F79.6-5F65.0-4F50.4-3F36.6-1F12.7を馬場の5分どころを回り一杯に追って記録。古馬オープン馬(馬ナリ)との併せ馬で0.4秒追走し0.2秒先着しています。大竹先生は「16日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はブラストワンピースが追走する形で、直線では内に入って追い出されると、最後は1馬身ほど先着して終えています。少し体が重たいので、今週は長めから終いはしっかり追っておきました。息がまだ出来ていない感じはあるものの、全体のタイムが79.6ですから、時計だけ見るとかなり動けていますね。馬体重ですが、調教前で567kgと前走の大阪杯時と比べると30kgほど増えてしまっています。ただ、飼い葉をモリモリ食べて元気が良いですし、毛艶も良好ですから、体重ばかりに気を取られても良くないですし、このひと追いでも変わってきてくれるでしょう。」とおっしゃっています。南Wでの調教は全体タイムは優秀ですが、一杯に追っているのであれば終いの1Fは12秒台前半であってほしかったなぁと… やはりまだ少し重たいのかもしれませんね。残り2回の調教でどれ位の時計を出してくるのか注目です。

 

キューグレーダーは5/15に帰厩しました。栗田先生は「15日にこちらへ帰厩させていただきました。北海道からの輸送ですから、目に見えない疲れもあると思いますので、よくこちらで馬体をチェックさせていただきます。問題無ければ明日から乗り運動を行っていきますが、トレセンに戻ってくるのも久々ですから、こちらの環境にも慣らしていかなくてはいけませんね。これから調教を積んでから最終的に決めたいと思いますが、6月15日の東京・相模湖特別が適鞍でしょうから、ひとまずはそこを目標に進めていきたいと思います。」とおっしゃっています。待ちに待った復帰戦が発表されました。まずは次週からの調教をしっかり見ていこうと思っています。

 

スイートウィスパーは週2回屋内坂路コースでハロン14〜17秒のキャンター1本、週4回周回コースで軽めのキャンター2,500mを行なっています。担当者さんは「この中間からはハロン14秒ペースでの坂路調教を開始しています。ペースを上げたことでハミを頼るような面は無くなりましたし、体を上手く使えた走りをしています。負荷を掛けた調教を行った方が、気持ちの面でもピリッとしてくるタイプですね。乗り手にも従順ですし、良い状態をキープ出来ていますから、早ければ今月下旬にも移動の声が掛かりそうです。馬体重は471kgです。」とコメントされています。ようやく移動のコメントが出ましたね… 未勝利戦の終了まで時間があまりないですので、しっかり鍛錬して、レースでは一発回答できることを願うばかりです。

 

アーティファクトは週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「今週から週3回の坂路入りの内、2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後も動きに問題は見られず、背腰の状態も維持できています。古賀調教師と今後について相談したところ、次の東京開催2週目のD1,400m戦を目標に来週帰厩する予定となりました。前走は結構テンションの高いところを見せていたようですから距離短縮は良い方に作用すると思いますし、相手関係的にもダートの方が良いでしょうからね。馬体重は489圓任后廚肇灰瓮鵐箸気譴討い泙后次戦は予想通りの距離短縮でしたが、ダート戦を選んでくるとは思ってなかったです。6/8だと兄も出走するのでそちらの方でどうでしょうかと勝手に思っています。ダートが合うかどうか期待半分不安半分ですが、勝ち上がりを期待しています。

 

フライトストリームは週2回坂路コースで14-13、週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間から週3回の坂路入りの内、2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。ここに来て前半少し行きたがって、終いダラッとなってしまうような面が出てきているので、よく気を付けて進めています。高柳調教師からは来週帰厩させたいと連絡を受けています。馬体重は493圓任后」とコメントされています。正直、勝ち上がりのイメージが湧いてこない本馬ですが、先生はどの条件のレースを選択してくるか発表が楽しみです。

 

コバルトウイングは週2回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「先週こちらに入場してきましたが、馬体に大きな問題は見られなかったので、早速坂路コースでの乗り込みをスタートしています。今のところ特に動きが目立つ感じではないですが、標準並みには動けていましたし、まだ始めたばかりですから、これからどのように変わってくるかですね。馬体重は516圓任后」とコメントされています。先生のグッドコメントとは裏腹に、担当者さんは普通のコメントでしたね… しっかり天栄の坂路で鍛錬して、レースへ向かってほしいと思います。

 

ベッロコルサは5/16に16日に栗東・角田晃一厩舎へ入厩しました。角田先生は「16日の検疫で無事に入厩しています。今週いっぱいはこちらの環境に慣れさせながら調教を行い、特に問題なければ来週からゲート練習を開始していきたいと思います」とおっしゃっています。意外にも早めの移動となりました。まずはゲート試験合格に向けて頑張ってほしいです。

 

ブリリアントコールは週6回周回コースで軽めのキャンター2,500mを行なっています。担当者さんは「その後も周回コース中心に運動を続けてきましたが、歩様は変わらず安定していましたので、徐々に運動量を増やし、現在は毎日周回コースで乗り運動を行っています。これだけ乗り込んでも歩様に乱れはないので、徐々にではありますが体質が強化されてきているのだと思います。馬体の張り・毛艶等も調教を進める毎に良化していますし、全体的に良い方に向かっていますよ。今後も馬の様子をよく観察しながら、あまり焦らずにじっくりと進めていきたいと思います。」とコメントされています。少しずつですが前進が感じられます。しっかり鍛錬してレースに耐え得る身体を作っていって欲しいです。

 

 

出資馬の近況 2019.5.12

  • 2019.05.12 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

令和元年のスタートとなる5月はどうやら目黒記念のブラストワンピースしか出走がなさそうです。春競馬をしっかり締めくくって夏競馬へと移っていければ嬉しいです!

 

 

【5歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.7】:ノーザンファーム天栄で調整中、6/8の東京12R 1勝クラス ダート1,300mに出走予定

 

【4歳馬】

ハウナニ【2.0.1.3】:ノーザンファーム天栄で調整中

ブラストワンピース【5.0.0.3】:5/9に美浦トレセンへ帰厩、5/26の東京12R 目黒記念(G供房2,500mに池添騎手で出走予定

キューグレーダー【2.2.0.1】 :ノーザンファーム早来で調整中

 

【3歳馬】

スイートウィスパー【0.0.0.1】:ノーザンファーム空港で調整中

アーティファクト【0.0.0.1】:ノーザンファーム天栄で調整中

フライトストリーム【0.0.0.6】:ノーザンファーム天栄で調整中、第3回東京開催に出走予定

 

【2歳馬】

コバルトウィング(レースウィングの17):5/8にノーザンファーム天栄へ放牧

ベッロコルサ(ベッライリスの17):ノーザンファーム早来で育成中

ブリリアントコール(レイズアンドコールの17):ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレは週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「背中の皮膚病も治まったので、今週から坂路コースでの乗り込みを再開しています。持っている時は良いものの、促すとまだボケっとしたところがあるので、もう少し気持ちを乗せていければと思います。今のところ東京2週目のD1,300m戦を目標に、来週帰厩する予定となっています。馬体重は503圓任后」とコメントされています。皮膚病から回復後、すぐに14-13で登坂できているので安心しました。そして次戦は前走より100m距離を詰めた1,300m戦を選択してきました。距離短縮が良い方に向いて欲しいと願うばかりです。

 

ハウナニは週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間から週3回の坂路入りの内、2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。順調にペースアップ出来ていますし、次走の目処を立てられるようこのまま乗り込みを強化していければと思います。馬体重は494圓任后」とコメントされています。ペースアップしても馬体重は変わらずで好調キープといったところでしょうか。次戦は2勝目を挙げた福島開催も良いのですが、できれば6/30に函館で牝馬限定の芝1,200m戦・道新スポーツ杯があるので、そこに出走してくれないかなぁと勝手に思っています。

 

ブラストワンピースは5/9に美浦トレセンへ帰厩しました。大竹先生は「9日の検疫で帰厩させていただきました。馬体をチェックし問題なければ、明日から目黒記念に向けて調教をスタートしていきたいと思います。なお、騎乗予定だったルメール騎手が騎乗停止となり、池添騎手サイドからぜひ乗せて欲しいという声があったので、今回の鞍上は池添謙一騎手に依頼しています。」とおっしゃっています。手綱も池添騎手に戻ったことでコンビ復活!今回は勝ちを掴み取って、次戦の札幌記念でもコンビ継続となれば個人的には嬉しいなぁと… いずれにしてもここで結果を出せないと凱旋門賞云々言っていられないのでハンデを克服しての勝利を期待しています。

 

キューグレーダーは週3回屋内坂路コースでハロン14〜15秒のキャンター2本、残りの日は軽めの運動を行なっています。担当者さんは「この中間もハロン14秒ペースを中心に進めています。大型馬ですが、スッと反応してくれて動きは週ごとに上向いてきています。また、普段から前向きな気性で、濃い内容の調教を積めていると思います。あとは、もう少し体重が減ってくれると良いですね。早ければ来週にも移動の声が掛かるでしょう。」とコメントされています。復帰に向けて調子が上がってきている様子が伺えて何よりです。復帰戦は勝手に6/29の中京で2勝クラスの芝1,400m戦・知多特別があるのでそのあたりかなと勝手に想像しています。

 

スイートウィスパーは週2回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター1本、週4回周回コースで軽めのキャンター2,500mを行なっています。担当者さんは「この中間も調教メニューは変わりません。以前よりも体をふっくらと見せて、良い状態を維持出来ていますね。乗り込みを重ねていますが、ショックウェーブを施すなどケアをしておりますので、全体的に疲れは見せていません。苦しがっているわけではないものの、時折ハミに頼って登坂していることもありますから、そこは修正していかないといけませんね。馬体重は474kgです。」とコメントされています。馬体重は変わらず、良い状態がキープ出来ていて良かったです。早く競馬場でその姿を見ることが出来るよう願うばかりです。

 

アーティファクトは週2回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、そこまでダメージは見られません。今週から坂路での調教を開始しており、現在は週3日ハロン14秒まで脚を伸ばしています。まだトモに頼りないところはありますが、この感じであればそれほど間を空けずに次走に向けて進めていけそうですよ。馬体重は481圓任后」とコメントされています。ダメージがあまりなく、すぐに14-14まで出せているので安心しました。前走は着順程は悪くない内容と思っていますので、次戦が楽しみで仕方ありません。

 

フライトストリームは週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。特に変わってきた部分があるわけではありませんが、順調には乗り込めていますから、次の東京開催での出走を目標に、このまま態勢を整えていければと思います。馬体重は485圓任后」とコメントされています。前週と同メニューながら馬体重は若干減らしていますね… 14-13まで詰めていないので復帰に向けては少々心配ですが、しっかり乗り込んで次戦で未勝利脱出のメドが立てれればいいなと思っています。

 

コバルトウイングは5/8にノーザンファーム天栄へ放牧に出ました。萩原先生は「練習を積んで段々と上達してきていたことから、3日にゲート試験を受けたところ無事に合格することが出来ました。ゲート試験後の状態に問題はないですが、無理する必要はありませんし、一旦放牧に出してリフレッシュさせたいと思います。デビューの予定は牧場での動きを見ながら検討していきたいと思いますが、普段の調教での動きには俊敏性がありますし、結構良い能力を持っていそうで楽しみですね。」とおっしゃっています。天栄の坂路でどれ位のタイムを出し、担当者さんのコメントがどんな感じで出てくるのか非常に楽しみです。先生もグッドコメントを出されていますしデビュー戦がとても楽しみになってきました。

 

 

【出資馬紹介】ブリリアントコール(レイズアンドコールの17)

  • 2019.05.11 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

今日は2017年産の出資馬3頭の中で唯一の牝馬となるブリリアントコール(レイズアンドコールの17)を紹介します。

 

レイズアンドコールの17_20180717.jpg

 

父:ディープブリランテ
母:レイズアンドコール
母の父:サクラバクシンオー
厩舎:関西 奥村豊厩舎

募集総額:1,800万円(1口:36,000円)

 

出資したかった牝馬は落選してしまい、その代わりに選んだのが美しい尾花栗毛の本馬です。父親にディープインパクトの血が入っていて、更に母の父がサクラバクシンオーということで、スピード色豊かな仔になるのかなと想像しての出資です。そして本馬も関西所属ということで、今年は関東馬1頭、関西馬2頭というラインナップになりました。

 

また、兄・モンドキャンノは重賞勝ち馬ですし、本馬にも同様の活躍を期待しています。

 

 

そして下の写真は4月のものです。

 

ブリリアントコール_190409.jpg

 

トモの発達はまだまだといったところですが、上の募集時の写真と比較すると、だいぶ無駄肉が落ち、筋肉のメリハリもあって、良い馬体になってきたなと思います。

 

馬体重がまだ430kg台と少なめの為、牧場と外厩での鍛錬と厩舎での調教で、もう少し筋肉をつけて、もう少し大きくなってレースへ向かって欲しいと思っています。出資している2歳馬3頭の中では一番進みが遅いですが、これから先、順調に調整ができてレースに出てくることを楽しみに待っています!

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM