【福島8R 500万下条件戦結果:1着】 ハウナニ

  • 2019.04.21 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

骨折での休養から復帰して4戦目、そして2019年の2戦目で待望の2勝目を挙げたハウナニ、私にとってもこの勝利が嬉しい嬉しい2019年の初勝利となりました!

 

まずはパドックから見てみましょう。

 

190420 ハウナニ 500万下条件戦 パドック.PNG

 

前走の+2kgから更に今回は+4kgで+496kg、若干太いかなと思いましたが、今回は落ち着いて周回していたように見えます。それでいて首はツル首になっており、適度に気合も入っていて前走よりは良く見えました。

 

 

そしてスタートです。

 

190420 ハウナニ 500万下条件戦 スタート.PNG

 

ちょっと伸び上がるようなスタート。前回の1,200m戦はスタートがイマイチで後ろからの競馬になってしまいましたが…

 

 

石橋騎手は押して前の方へと進んでいきます。

 

190420 ハウナニ 500万下条件戦 スタート後.PNG

 

 

道中は先頭から4番手あたりを追走します。1,200m戦のスピードにもついていけますし手応えも悪くありません。

 

190420 ハウナニ 500万下条件戦 向こう正面.PNG

 

 

600mの通過タイムは33.9、先行集団の中で道中を進んでいっていますから改めてスピードがある馬なんだなぁと…

 

190420 ハウナニ 500万下条件戦 残り600m.PNG

 

 

小回りコースの福島ですが、コーナーワークもスムーズで外から先頭を射程圏内に捉えていきます。

 

190420 ハウナニ 500万下条件戦 3-4コーナー.PNG

 

 

そのまま最終コーナーも外を回します。

 

190420 ハウナニ 500万下条件戦 最終コーナー.PNG

 

 

直線コースに入り、コースの真ん中から足を伸ばしていきます。

 

190420 ハウナニ 500万下条件戦 直線入口.PNG

 

 

残り200mで早くも先頭に!

 

190420 ハウナニ 500万下条件戦 残り200m.PNG

 

 

あとは内と外からの追撃を凌げることが出来るか!?

 

190420 ハウナニ 500万下条件戦 残り100m.PNG

 

 

最後までしっかり脚を伸ばして、2着馬をアタマ差で抑えて2勝目を挙げることが出来ました!

 

190420 ハウナニ 500万下条件戦 ゴール.PNG

 

走破タイムは1:09.2と同日に行われた伏拝特別(500万下)の走破タイム、1:09.0に少し劣りますね… 結果的に平場戦をチョイスして正解だったのかなと。この後は1,000万下(2勝馬クラス)でということになりましょうが、そこでも頑張って欲しいです!

 

最後に、今回無事にレースへ送り出してくれた手塚先生と厩舎スタッフの皆さま、石橋騎手、関係者の皆さまには厚く厚く感謝申し上げます。あとは異常がないことを祈りつつ、しっかり疲れを癒して次戦を目指して欲しいです。お疲れさまでした!

 

 

出資馬の近況 2019.4.20

  • 2019.04.20 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

今日はこの後13:45にハウナニが出走します。8枠とはいえ12番枠なのでそれほど気にする程でもないかと思っていますが… 自身の2勝目と愛馬の2019年初勝利を目指して頑張って欲しいです!

 

 

【5歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.7】:ノーザンファーム天栄で調整中

 

【4歳馬】

ハウナニ【1.0.1.3】:本日の福島8R 500万下条件戦 芝1,200mに石橋騎手で出走予定

ブラストワンピース【5.0.0.3】:ノーザンファーム天栄で調整中

キューグレーダー【2.2.0.1】 :ノーザンファーム早来で調整中

 

【3歳馬】

スイートウィスパー【0.0.0.1】:ノーザンファーム空港で療養中

アーティファクト:4/14に美浦坂路で時計、4/17に美浦南Wで時計、4/27の新潟5R 3歳未勝利戦 芝1,600mに池添騎手で出走予定

フライトストリーム【0.0.0.6】:ノーザンファーム天栄で調整中

 

【2歳馬】

コバルトウィング(レースウィングの17):ノーザンファーム空港で育成中

ベッロコルサ(ベッライリスの17):ノーザンファーム早来で育成中

ブリリアントコール(レイズアンドコールの17):ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレは週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「今週から坂路コースのペースを週3回とも14-14まで上げています。歩様については変わらず硬さはあるものの、よく気を付けながら進めているので維持できていますし、動きも最後までしっかりとした手応えで駆け上がれていますよ。馬体重は496圓任后」とコメントされています。前週同様、調教負荷が上がりながらも馬体重が変わっていないので調子は良さそうです。芝・ダートの1,200m戦だと東京開催には番組が無いので、次週からの新潟開催で使ってくれないかなぁと思っています。その前提だとGW渋滞に巻き込まれないよう近々に帰厩しないとと思うのですがどうなりますか…

 

ハウナニはこの後の福島8R 500万下条件戦 芝1,200mに出走します。競馬ブックWebの手塚先生のコメントは「稍重で勝っているけど、前走のような馬場は合わなかった。距離短縮して良馬場なら。」となっています。調教の内容は前走よりも良いので、相手関係も含めてここは好勝負を期待しています。

 

ブラストワンピースは週1回坂路コースで15-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「治療の甲斐あって背腰の疲れはだいぶ取れてきましたから、周回コースでの運動を経て、今週から坂路コースでの乗り込みをスタートしています。飼い葉は食べて体調面に問題はなさそうですし、状態に合わせて徐々に負荷を強めていければと思います。馬体重は564圓任后 とコメントされています。馬体重は前週から1kg減りましたが、変わらず560kg台をキープですね。また、凱旋門賞の登録を行なったと発表がありました。宝塚記念の結果次第では遠征もあり得る話になってきましたね… 自分としては楽しみもありますが、果たして遠征費用はどれ位負担しなければいけないのかちょっと心配です。招待レースと違うので当然会員負担ということになるのでしょうから… とはいえ、まずは次走でしっかり結果を残せるよう、しっかり鍛えて戻ってきて欲しいと思います。

 

キューグレーダーは週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間もペースは上げずに、同様の調教メニューで進めています。大型馬で少し出だしの硬さがあるのは仕方ありませんが、キャンターを2本行えているからか、先週より活気がありますね。気持ちが入り過ぎないように注意して進めているので、折り合い面も今のところは問題ありません。馬体重は536kgです。」とコメントされています。活気があるとのことで順調さが伝わってきます。復帰戦はどこを選んでくるのか楽しみです。

 

スイートウィスパーは週2回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間からは、予定通り坂路調教を開始しました。周回コースでの動きは良かったのですが、坂路ではもう一つ動けませんね。少し非力なところがある感じで、来週も同様のペースで乗り込んで、しっかり鍛えたいと思います。ただ、行きたがる面はなく、素直に乗り手の指示に従えていますよ。馬体重は470kgです。」とコメントされています。更新された調教動画を見てもどうもイマイチだなぁという感じだったのは、コメントを見て納得しました。時間はありませんが、しっかり鍛えてレースで結果を出して欲しいと思います。

 

アーティファクトは4/14に美浦坂路良馬場で4F56.1-3F41.2-2F27.5-1F13.8を馬ナリで記録、そして4/17は美浦南W良馬場で5F67.6-4F52.6-3F39.0-1F12.6を馬場の6分どころ馬ナリで回って記録、3歳未勝利馬(直強目)相手の併せ馬で0.6秒先行し同入しています。4/14の日曜追いも時計を詰めていますし、4/17のウッドの調教もマズマズの好時計だと思います。古賀先生は「17日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はアーティファクトが先行して、直線は大外に持ち出されると、3歳未勝利馬と同入で終えています。前向きな走りを見せてくれただけでなく、先週と比べてもかなり良い動きでしたね。コースも馬場状態も違うので一概に比較は出来ませんが、終いは馬なりで12.8とかなり良い時計が出たと思います。トモの緩さは依然としてありますが、今週の走りをしてくれれば既走馬相手でもまずまず通用するのではないでしょうか。鞍上は池添謙一騎手に依頼していす。」とおっしゃっています。この感じの調教が続いてできれば好レースを期待できそうですが、距離が持つかどうかですね… でもこの調教を見て不安よりも楽しみの方が強くなりました。最終追いがどれ位の時計を出してくるか注目しています。

 

フライトストリームはトレッドミルで軽めのキャンターを行なっています。担当者さんは「先週こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元にダメージはなかったものの、全体的に疲れが見られましたね。歩様にも硬さがあったことから、ここまで無理せずトレッドミルの運動のみに止めていましたが、徐々に疲れは取れてきている様子なので、近く乗り運動をスタート出来ればと思っています。」とコメントされています。いろいろと考えて下さっている高柳先生の次の一手は何なのか… 楽しみにしています。

 

コバルトウイングは週3回屋内坂路コースでハロン13〜16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も週3回の坂路調教でしっかり負荷をかけています。その内週1回はハロン14秒で入り、終いは13秒まで脚を伸ばして、より実戦に近い調教を課しています。徐々にストライドが広がってきて、一段とダイナミックな動きをするようになってきました。全体的にとても順調に成長してきていますが、もう少しトモを使えるようになってバランスが良くなれば、そのパワフルな走りを更に活かせるようになると思います。今後はそこを特に意識して調教を続け、5月か6月頃の移動を目標にしたいと考えています。」とコメントされています。既に13秒台まで時計を出せていることもあって早めの移動が視野に入っているようです。これは来月にでも会いにいかないと… いずれにしても順調そうで何よりです。

 

ベッロコルサは週3回周回コースで軽めのキャンター2,700m、週3回ウォーキングマシンで軽めの運動を行なっています。担当者さんは「この中間は週に2回坂路でハロン15秒の乗り込みを行っていましたが、現在はリフレッシュ期間を設け、週に3回周回コースで軽めのキャンターに控えています。メリハリを付けて調教を行っていることで、ふっくらとした馬体を保ち、健康状態も良好です。坂路での反応が足りない部分もありますが、動きそのものは徐々に力強さが身についてきているように感じます。今後もメリハリを付けながら調教を継続していき、早期入厩を目標に乗り込んでいきたいと思います。」とコメントされています。この馬も早期入厩目標という嬉しいコメントが出ました。馬体重も430kgと少しずつですが増えてきており安心しました。このまま順調に進んでいって欲しいです。

 

ブリリアントコールは週4回周回コースで軽めのキャンター2,500mを行なっています。担当者さんは「左前の首から肩にかけて張りが見られた為に乗るのは控え、トレッドミルで運動を行っていましたが、ショックウェーブの治療を施したことで、徐々に良化が窺えてきたことから、この中間から周回コースで調教を行っています。乗り出した後も張りが出ることもなく、順調に進めることが出来ていますが、もう暫くは馬の状態に合わせながら進めていく方が良いでしょう。ひと息入ったことで馬体が一回り大きく成長しているので、これをきっかけに逞しく育ってほしいですね。これから暖かくなるにつれて馬体は更に良くなってくるでしょうから、遅れた分をしっかり取り戻していきたいと思います。」とコメントされています。こちらはまだちょっと時間がかかりそうな感じですね。馬体重も426kgと所有する2歳馬の中では最軽量になってしまいました。今後の成長に期待しています。

 

 

【調教チェック】 ハウナニ 19.4.20 福島8R 500万下条件戦出走

  • 2019.04.19 Friday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

前走芝1,400m戦 9着からの巻き返しをはかる白毛馬ハウナニの6戦目は再び距離短縮となる芝1,200m戦を選択してきました。前回の芝1,200m戦はダート1,400m→芝1,200mの距離短縮で4着と好走しました。当日の芝1,200m戦は2つあり、8Rの平場戦と10Rの伏拝特別との両睨みでしたが、伏拝特別には同厩同馬主のコンピレーションが出走するので平場戦に回ってきたという感じでしょうか。それでは今週の追い切りを見てまいりましょう。

 

4/14に美浦坂路良馬場で4F57.9-3F42.9-2F28.6-1F14.1を馬ナリで記録。そして最終追いは4/17に美浦南W良馬場で5F66.7-4F51.9-3F38.2-1F12.5を馬場の3分どころを回り一杯に追って記録しています。馬場の内目を回ったとはいえ、全体タイムも66秒台とそれなりに速く、終いも12秒台前半を記録していますし前回の最終追いよりは良い内容だと思います。競馬ブックWebでの短評は「意欲的な攻め内容」となっていて↗評価となっています。

 

手塚先生は「17日に南Wコースで追い切りを行いました。単走での追い切りでしたが、直線は一杯に追うように乗り手に指示をしており、その通りしっかり負荷を掛けた調教を行いました。調教前は少し体に余裕があるかなという印象でしたので、このひと追いで変わってきてくれるでしょう。前々走の内容から1200m戦でも対応してくれると思いますし、最終週の福島の馬場はこの馬にとっては好材料ですね。鞍上は石橋脩騎手にお願いしています。」とおっしゃっています。開催最終週とはいえ最近はスピード馬場のままということもあるので、是非ともハウナニ向けの力の要る馬場になっていて欲しいです。

 

他に調教タイムが良いなと評価しているのは、美浦坂路での時計がマズマズのミッキーパパイアですね。でも今回はハウナニの調教が一番良いと評価しています。

 

頭数も13頭と手頃ですし、前走で馬券になっているのは前走3着のシゲルタイガードリームジャンボ2頭のみ。勝利のチャンスは十分にあると思いますので、ここで2勝目を掴み取ることが出来るよう頑張って欲しいです!

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM