出資馬の近況 2018.7.15

  • 2018.07.15 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

函館競馬も残すところ今週と来週だけとなってしまいました。残念ながら今年も函館競馬場での愛馬の出走は無かったので、札幌競馬場で見ることができたらいいなぁと思っていますが…(´・_・`)

 

 

【4歳馬】

グラドゥアーレ【1.4.0.5】:7/12に美浦トレセンへ帰厩、8/5 新潟12R 500万下条件戦 芝1,400mに出走予定

サーブルノワール【1.0.1.6】:ノーザンファーム天栄で調整中

 

【3歳馬】

ハウナニ【1.0.1.0】:ノーザンファーム空港で調整中

ブラストワンピース【3.0.0.1】:ノーザンファーム天栄で調整中、9/2 新潟11R 新潟記念(G掘 芝2,000mに出走予定

キューグレーダー【2.2.0.1】 :ノーザンファーム天栄で調整中

 

【2歳馬】

スイートウィスパー:7/13にノーザンファーム天栄へ放牧

アーティファクト:ノーザンファーム空港で育成中

フライトストリーム:7/13に美浦トレセンへ帰厩、8/12 新潟5R メイクデビュー 芝1,600mに出走予定

 

 

グラドゥアーレは7/12に美浦トレセンへ帰厩しました。小西先生は「12日に帰厩しました。少し間隔が空いてしまったので、こちらでも良く状態を確認しながら進めていきたいと思います。新潟2週目の芝1,400mを目標にしています。」とおっしゃっています。まずは無事に帰厩できてよかったです。あとはレースまで順調に調整が進むように願うばかりです。

 

サーブルノワールは週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も坂路調教を継続し、ペースを終いハロン13秒まで上げています。あまりダメージはなかったので順調に進められていますし、左前脚の状態も落ち着いています。和田勇介調教師と打ち合わせ、ダートの長距離戦が組まれている札幌開催も視野に入れて調整していきます。」とコメントされています。既に14-13まで走れているので調子は悪くない感じです。そして次走はもしかしたら札幌競馬場かも… 番組は8/18の8R ダート2,400m戦が濃厚でしょうか。そうなったら家族総出で応援です。馬体重は521kgと前週から2kg絞れました。

 

ハウナニは週2回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター1〜2本、週1回トレッドミルでハロン30秒のキャンター5分、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「その後も特に問題は見られなかったことから、この中間から坂路のペースをハロン16秒まで上げています。ペースアップ後も手応えに良く登坂できていますし、この調子でコンスタントに乗り込みつつ基礎体力強化に励んでいきたいと思います。」とコメントされています。今週もステップアップができています。このまま順調に進んでいって欲しいです。

 

ブラストワンピースは週2回坂路コースで14-13、週1回15-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「先週に続き週3回の坂路調教でしっかり負荷をかけています。馬体は順調に良くなっていますし、好調を維持しています。暑さが厳しくなっていますので、体調を崩さないように気を付けて調整を進めていきます。」とコメントされています。気になる馬体重は552kgと前週から4kg絞れました。目標の新潟記念に向けて、頓挫なく調整が進むことを願っています。

 

キューグレーダーはトレッドミルでキャンターを行なっています。担当者さんは「入場後はトレッドミルの運動に止め、疲労回復を図っています。ソエが多少気になるぐらいで、目立ったダメージはありません。馬体は寂しくなっていないですし蹄の状態も落ち着いています。今回は間隔を空けて秋競馬に備える方針ですので、ゆっくりと立ち上げていきます。」とコメントされています。この夏はしっかり休むようですね。秋競馬に向けてしっかりリフレッシュして欲しいと思います。馬体重は523kgです。

 

スイートウィスパーは7/13にノーザンファーム天栄へ放牧に出ました。萩原先生は「ゲート試験後は軽めの調整で様子を見てきましたが、だいぶ疲れが取れてきましたので、13日に一旦ノーザンファーム天栄へ放牧し、向こうで乗り込んでもらうつもりです。ある程度動けるようになったら、予定を決めさせていただきます。」とおっしゃっています。次週以降、天栄でどれ位のタイムで調整を行なっていくのか注目して見ていたいと思います。

 

フライトストリームは天栄では週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整を行なっており、7/13に美浦トレセンへ帰厩しました。高柳先生は「13日に美浦トレセンへ帰厩しました。天栄からは『まだ良化途上ではありますが、だいぶ体力が付いてきましたし、このままレースに向けて進めていけると思います』と聞いていますので、輸送後の状態に問題がなければ、こちらでも継続して進めていきたいと思います。」とおっしゃっています。天栄ではタイムは出せていたので、トレセンでどれ位の時計で攻めることができるのか注目です。目標のレースまであと1ヶ月弱、順調に調整ができるよう願っています。

 

 

出資馬の近況 2017.7.8

  • 2018.07.08 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

昨日は福島競馬場で名ハードラー・オジュウチョウサン+武豊ジョッキーが開成山特別に出走するということで注目して見ていたのですが、見事な圧勝劇に感動しました。もしかしたら有馬記念で見ることができるかもしれないと思うとワクワクします。もしかしたらブラストワンピースとぶつかることがあるかもしれない… そんなことがあったらもっとワクワクしてしまいます (*´ω`*)

 

 

【4歳馬】

グラドゥアーレ【1.4.0.5】:ノーザンファーム天栄で調整中、8/5 新潟12R 500万下条件戦 芝1,400mに出走予定

サーブルノワール【1.0.1.6】:6/30にノーザンファーム天栄へ移動

 

【3歳馬】

ハウナニ【1.0.1.0】:ノーザンファーム空港で調整中

ブラストワンピース【3.0.0.1】:ノーザンファーム天栄で調整中、9/2 新潟11R 新潟記念(G掘 芝2,000mに出走予定

キューグレーダー【2.2.0.1】 :7/4にノーザンファーム天栄へ移動

 

【2歳馬】

スイートウィスパー:美浦トレセン在厩、7/4にゲート試験合格

アーティファクト:ノーザンファーム空港で育成中

フライトストリーム:ノーザンファーム天栄で調整中、8/12 新潟5R メイクデビュー 芝1,600mに出走予定

 

 

グラドゥアーレは週2回周回コースで5ハロンから70-40、週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も坂路コースと周回コースを併用して乗り込みを続けています。その後もトモの状態に変化はなく、馬体も徐々に絞れてきて、帰厩の準備が整ってきました。来週中に帰厩する予定と聞いています。」とコメントされています。坂路のペースも上がり、今回は順調に調整が進んでいけているようで、何とかこのまま上手いこといって欲しいです。馬体重は484kgと前週より10kg絞れました。

 

サーブルノワールは6/30にノーザンファーム天栄へ移動、週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整軽めの調整を行なっています。担当者さんは「こちらに移動後はすぐに乗り出し、5日には坂路コースでハロン14秒の調教を行いました。左前の繋ぎ部分に張りが確認されますが、触診反応はなく歩様にも出していませんので、注意をしながら進めていきたいと思います。とコメントされています。次走に向けては天栄でしっかり調整をしていって欲しいところです。繋ぎの張りが心配ですが、次週でどこまでペースアップできているか注目して見ていたいと思います。馬体重は523kgです。

 

ハウナニは週3回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1〜2本、残りの日はトレッドミルでハロン30秒のキャンター5分を行なっています。担当者さんは「ハロン17秒を始めた後も状態面に問題は見られなかったので、この中間から登坂回数を週3日に増やしています。回数を増やして疲れが溜まらないよう、よく気を付けて進めていきたいと思います。馬体重は518圓箸修譴曚描えることなく調整することが出来ています。」とコメントされています。登坂回数も増え、ステップアップが見て取れます。このまま頓挫なく行って欲しいです。

 

ブラストワンピースは週2回坂路コースで14-13、週1回15-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も順調に乗り込み、坂路調教では徐々にペースアップしています。トップラインも徐々に回復してきており、状態が上がってきています。このまま予定のレースに向けて調整を続けていきます。」とコメントされています。馬体重は556kgと前週から7kg絞れました。登坂のペースが上がり、ここにきてようやく馬体重が少し絞れました。レースまでにこのまま順調に調整ができることを願っています。

 

キューグレーダーは7/4にノーザンファーム天栄へ移動しています。栗田先生は「先週は申し訳ありませんでした。キューグレーダーなりにまずまず折り合って進められたと思いますが、勝負どころで動いていけなかったところ見ると、距離が長かったのかもしれません。レース後は右前にソエの症状が見られますが、蹄に関しては特に問題はありません。ただ頑張って走ってくれたのでしょう、背腰には疲れが見られますし、ここはいったん放牧に出してリフレッシュさせたいと思います。ノーザンファーム天栄での状態を見ながら、今後の予定を組んでいければと考えています。」とおっしゃっています。ソエをしっかり治しつつ、リフレッシュもしっかり行ない、次走でまた強いキューグレーダーを見せて欲しいと願っています。

 

スイートウィスパーは7/4にゲート試験に合格しました。萩原先生は「その後もゲート練習を中心に調教を進めていましたが、4日にゲート試験を受けたところ無事に合格することが出来ました。ゲート内で後ろにもたれかかってしまうので、ダッシュがつき辛い状況でしたが、何とか合格することが出来たのは良かったです。考えていたよりもゲート試験合格に時間を要してしまったことから、全体的に疲れが見られますので、この後はいったん放牧に出させていただく予定です。今週末、もしくは来週中のどこかでノーザンファーム天栄へお戻しさせていただきたいと考えています。」とおっしゃっています。まずは天栄でしっかりリフレッシュして、パワーアップした姿でのデビューを楽しみに待ちたいと思います。

 

アーティファクトは週3回トレッドミルでキャンター3分、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間は一日置きにトレッドミルでキャンターの運動を行っています。まだトモの踏み込みの弱さは残っていたものの、『少し動かしてみましょう』との獣医師の判断で、キャンターまでペースを上げました。キャンターを始めるようになってからは少しずつ良化してきたように思いますよ。ただ、今後も油断せずに状態をよく確認しながら運動を続けていきますが、今月中旬には騎乗再開を目標にしています。」とコメントされています。騎乗再開も出来そうな感じで回復が進んでいて何よりです。次回の更新でもステップアップで来ていることを楽しみにしています。

 

フライトストリームは週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も順調に調教を消化しています。ここまで疲れが出ることもなく順調にペースアップしてきました。動きはまだピリッとしてこないですが、高柳調教師と相談し、レースに出走させつつ成長を促していく方針となり、新潟3週目の芝1,600mを目指すことになりました。再来週ぐらいに帰厩する予定です。」とコメントされています。改めてデビュー戦の予定が発表されました。遅生まれですし、動きがピリッとしないならまだ天栄でしっかり鍛えてから使って欲しいなとは思いますが… まずはデビューに向けてしっかり仕上がるよう願うばかりです。馬体重は460kgで前週から3kg絞れました。

 

 

【福島11R ラジオNIKKEI賞(G掘坊覯漫10着】 キューグレーダー

  • 2018.07.02 Monday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

初めての中2週、そして前走1,400mから2ハロンの距離延長でラジオNIKKEI賞に挑んだキューグレーダー。結果は残念ながら勝馬から0.9秒差の10着と初めて着外に敗れてしまいました。

 

まずはパドックから見てまいりましょう。

 

190701 キューグレーダー ラジオNIKKEI賞 パドック.png

 

馬体重は前走から2kg増加の512kg。映像を見る限りでは落ち着いて歩いていて良い感じに見えましたが、やはり調教本数が直前の1本のみだったという影響もあるのかプラス体重での出走でしたね…

 

 

スタートです。テレビではゲートで待っている間、少し落ち着かないところも映っていたので出遅れが心配…

 

190701 キューグレーダー ラジオNIKKEI賞 スタート.png

 

でも、そんな心配は杞憂に終わり、スタートは五分に出ました。

 

 

190701 キューグレーダー ラジオNIKKEI賞 スタート後.png

 

190701 キューグレーダー ラジオNIKKEI賞 1コーナー手前.png

 

スタート後は中団を追走していきます。

 

 

190701 キューグレーダー ラジオNIKKEI賞 2コーナー.png

 

190701 キューグレーダー ラジオNIKKEI賞 向こう正面.png

 

2コーナーを回って向こう正面では道中は5〜6番手で追走します。ちょっと手綱を絞り気味、少し力んで走ってるように見えました。

 

 

190701 キューグレーダー ラジオNIKKEI賞 残り600m.png

 

残り600mを過ぎて外から進出を開始しようとします。

 

 

190701 キューグレーダー ラジオNIKKEI賞 残り400m.png

 

最終コーナー手前、残り400mのところでは手応えがイマイチで少し置かれ加減に…

 

 

190701 キューグレーダー ラジオNIKKEI賞 直線入口.png

 

直線入口に入った時には外を回した距離ロスもあって後ろの方になってしまいました。

 

 

190701 キューグレーダー ラジオNIKKEI賞 残り200m.png

 

残り200m、もう前を捕らえる脚は残っていません。

 

 

190701 キューグレーダー ラジオNIKKEI賞 残り100m.png

 

大外からスゴイ脚で追い込んできた2着のフィエールマンに並ぶ間もなく交わされてしまい、最後は流れ込むように10着での入線となりました。

 

勝ちタイムは1:46.1、レース上り3Fは35.1、キューグレーダー自身の走破タイムは1:47.0で、上がり3Fは35.5と少しバテてしまいました。2Fの距離延長で重賞に挑戦ということでしたから、条件的には厳しいなとは思っていたものの、4番人気でしたからせめて人気位の着順には来てほしかったなと思いますが、そうは言っても負ける時は大負けだろうなと予想はしていました。それでも着差は0.9秒差ですから、全然悲観はしていません。逆に少ない調教の中で良く頑張ったと思っています。

 

この後は2戦詰めて使ったので夏はリフレッシュでしょうか。恐らく今日の結果を経て、次走は距離短縮で来ると思っているので、先日、準オープン入りを決めた愛馬グラドゥアーレの弟、アンブロジオのように「距離延長で重賞挑戦」→「次走距離短縮で優勝」というパターンを期待したいと思います。

 

また、レースに出るまでのケアをして下さった栗田先生をはじめ、厩舎スタッフ、関係者の皆さまには感謝申し上げます。併せてコメントでもあった右前脚の蹄の熱感が悪化していないこと、そしてケガなく走れていることを切に願っています。

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM