出資馬の近況 2018.4.22

  • 2018.04.22 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

フライトストリームの出資申込をして、翌日の午前中に「現在出資中の所属馬」で無事に出資ができていたことを確認したものの、HPでは第2回追加募集の案内がアップされていました。あちゃ〜と思いましたが、出資したいなと思った馬は予算オーバーでしたので結果的にはOKって感じで納まりました。

 

 

【4歳馬】

グラドゥアーレ【1.4.0.5】:ノーザンファーム天栄で調整中

サーブルノワール【1.0.1.5】:ノーザンファーム早来で調整中

 

【3歳馬】

ハウナニ【1.0.1.0】:ノーザンファーム空港で調整中

ブラストワンピース【3.0.0.0】:ノーザンファーム天栄で調整中、5/27 東京10R 東京優駿(G機砲肪單叉骸蠅能仭予定

キューグレーダー【1.1.0.0】 :4/15に美浦坂路重馬場で時計、4/18に美浦南W重馬場で時計、4/29 東京7R 芝1,600mに戸崎騎手で出走予定

 

【2歳馬】

スイートウィスパー(ケアレスウィスパーの16):ノーザンファーム空港で育成中

アーティファクト(アンティフォナの16):ノーザンファーム空港で育成中

フライトストリーム(レースパイロットの16):ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレはウォーキングマシーンでの調整を行なっています。担当者さんは「14日に坂路コースで強めの調教を行った後、左トモが跛行してしまいました。詳しく検査を行っても骨や腱に異常は見つかりませんでしたが、深管にいくらか触診反応があるので、それが跛行の原因かもしれません。その後はウォーキングマシンの運動に止めて様子を見ており、歩様は徐々に良化していますが、目標にしていた新潟開催は見送らざるをえないでしょう。今後もケアを続けながら、歩様の改善を図っていきます。」とコメントされています。う〜ん、残念無念。跛行してしまいましたか… 前走も中間に頓挫があって1週先のレースを使った経緯もあり、今年はちょっと頓挫続きでツイていない流れになっていますね… 跛行の程度によっては次走は6月の3回東京開催か7月の3回中京開催になるのでしょうか。まずは次週のコメントで軽めの頓挫であることを祈るばかりです。馬体重は495kgで前週からは3kg増えました。

 

サーブルノワールは週3回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本、残りの日はトレッドミルでキャンターを行なっています。担当者さんは「この中間も坂路での乗り込みを中心に調教を行っていますが、特に疲れが出ることなくしっかりとした脚取りで最後まで登坂することが出来ていますよ。状態を見ながらさらなるペースアップを図っていき、移動に向けてのしっかりとした下地作りに取り組んでいければと思います。」とコメントされています。良い意味で変わりなく調整が進んでいます。このまま順調にいって欲しいです。

 

ハウナニは週3回屋内坂路コースでハロン17〜18秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整を行っています。担当者さんは「この中間も先週と同様のメニューで進めています。手応え的にはまだもう一息といったところではありますが、脚元には何事もなく乗り進めることが出来ています。馬体重は501圓帆芦鷏彗時に比べて大きな増減なく調整することが出来ていますよ。」 とコメントされています。坂路乗り入れ後も脚元に異常はないとのことでひと安心。このまま少しずつ慣れていって徐々にタイムを詰めていくことが出来ればいいなと思っています。

 

ブラストワンピースは週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も先週と同様のメニューを続けています。背腰の状態もまずまずのところまで戻っていますので、そろそろピッチを上げていきたいと思っています。」とコメントされています。ダービーまでの間は近況のアップデートの度に頓挫なく進んでいることをドキドキしながら確認することになりそうです。馬体重が553kgということでちょっと重たくなったなぁと思うので脚元が少し心配です。次週も無事に調整が進んでいることを願っています。

 

キューグレーダーは4/15に美浦坂路重馬場で4F59.8-3F44.5-2F29.2-1F13.9を馬ナリで記録。これは帰厩後初時計なので十分と思います。そして4/18には美浦南W重馬場で5F67.9-4F52.5-3F38.9-1F12.9を馬場の7分どころを回ってG前仕掛けで記録。古馬500万下相手(一杯)相手の併せ馬で1.3秒追走して0.6秒先着しています。これは重馬場であることを考えるとなかなか良い調教だと評価をしています。時計面でも及第点ですし、併せ馬でも手応え一杯の相手に自身は余裕のある手応えで追走して先着していますからね。競馬ブックの評価でも↗になっています。栗田先生は「帰厩後も順調に来ています。15日には坂路コースで流す程度に時計を出し、18日には南Wコースで併せて時計を出しました。3頭縦列の一番後ろから、直線は最内から抜け出して最先着しました。前走時と比べても更に動きが良くなっていますね。終いの切れが増してきたように思います。以前よりも上体が起きてきたので、ギアの変わり方が顕著になってきたのでしょう。これならばこのクラスでもいい競馬をしてくれると思います。」とおっしゃっています。調教は恐らく日曜日と水曜日のあと2回、内容を楽しみにしつつ、無事に調整が進むことを願うばかりです。

 

スイートウィスパーはウォーキングマシーンでの調整を行なっています。担当者さんは「この中間、馬体重がマイナス10kg以上減りましたので、4月5日よりリフレッシュ目的でマシンのみの調教にペースを落としています。リフレッシュする前はハロン16秒のペースでも動きに余裕があり、楽に登坂することができていました。体調面としては、いままさに成長期にあるようで、馬体に伸びが出て体のバランスが変わりつつあるようです。このタイミングでは順調だからといって、ペースを上げるよりも成長が落ち着くのを待つ方がスムーズに調教進度を上げていけることが多いので、いまはペースを落としてリフレッシュしています。体重も減少傾向にありましたから、いいお休みになるでしょう。飼葉食いが落ちている訳ではなく、引き続き毛艶も良いので、現時点で問題になるところはありません。今後も馬体の成長を良く見ながら、乗り運動を再開するタイミングを考えていきます。」とコメントされています。見学に行った際に伺った馬体重が、少し軽くなっているなぁと思っていたところ、少しリフレッシュも兼ねて軽めの調整となったようです。このあたりのサジ加減は育成のプロの手腕を信じて、馬自身は順調に成長をしていって欲しいと思います。

 

アーティファクトは週3回屋内坂路コースでハロン14〜17秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も順調に進められていたことから、坂路コースでハロン14秒まで脚を伸ばし始めています。ペースを上げても余裕を持った走りをしており、ここまで順調そのものと言えるでしょう。筋肉量がもう少し増えてほしいところですが、徐々に筋肉の張りが出てきましたし、この馬なりに成長してきています。この調子で早期入厩を目指して、より乗り込みを強化しながら馬体を良くしていきたいと思います。」とコメントされています。時計も詰め、早期入厩のコメントも出てくるようになりました。今のところはとても順調に育成が進んでいます。この調子で頓挫なく進んでいって欲しいです。

 

フライトストリームは週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も順調に調教メニューを消化しており、坂路コースではスタートから最後までしっかりハミを取ってくれるようになりました。トモにだいぶ力が付いてきたことで、今の調教ペースでも最後まで余裕を持って登坂してくれるようになっています。暖かくなるにつれて毛艶が良くなり、調教を進めても飼い葉を食べてくれていることで、とても見映えがする馬体になりました。高柳瑞樹調教師と相談してゴールデンウィーク明けに入厩することが決まりましたので、入厩日が決まるまで乗り込みを継続しながら馬体を良くしていきたいと思います。」とコメントされています。どうやら2歳愛馬で最初に北海道を離れるのはこの馬のようです。毛艶も良くなり、カイ食いも良いとのことで体調面にも問題はないことが窺い知れます。入厩までケガなく進んでいって欲しいです。

 

 

今週は残念ながらグラドゥアーレがケガをしてしまい、決まっていた次走予定が白紙になってしまいました。皐月賞のダノンプレミアムも然り、無事にレースに出走するということが簡単ではないということを再び身を以って体感しているところです…

 

 

 

【出資馬紹介】 フライトストリーム(レースパイロットの16)

  • 2018.04.21 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

2歳馬の入厩もちらほら聞こえるようになってきた今日この頃、あと1頭の出資枠を2歳牡馬で検討していましたが、キービジュアルファイアーボーラーが満口になり、残るはフライトストリーム(レースパイロットの16)とレアフィード(レアクラシックの16)の2頭の中から選ぶか、第2回追加募集まで待つかどうか…

 

そんな中、フライトストリームの近況でゴールデンウィーク明けに入厩するというアナウンスが流れ、残り口数も100口以下となった為、思い切って1口出資を致しました。もう少し様子見しようかとも思いましたが、最近のシルク馬たちの活躍を見ると、あっという間に出資が殺到して満口になるかも…と危惧して、すぐに出資を決めました。

 

フライトストリーム募集時.jpg

 

父:タートルボウル
母:レースパイロット
母の父:サンデーサイレンス
厩舎:関東 高柳瑞樹厩舎予定

募集総額:1,500万円(1口:30,000円)

 

上の写真は募集時のものです。当時は馬体重が400kgにも届いておらず、やや足長でトモも薄いなぁと思い、まず出資をすることはないだろうなと思っていました。

 

 

それが4月のアップデートでは…

 

フライトストリーム180401.jpg

 

足長感は残るものの馬体重は445kgまで増え、トモのボリュームも増し、何よりも動画を見て軽快に登坂しているなぁと思ったのも出資を後押ししました。

 

母・レースパイロットは、大種牡馬キングカメハメハの1つ下の妹ですし、1,800m〜2,000mで2勝し、フローラS(G供砲2着の実績があり、着外ではありますがオークス、秋華賞のG汽譟璽垢砲盻仭しています。その母からこれといった活躍馬が出ていないのが不思議なんですが…

 

父・タートルボウルは2月に産駒のトリオンフが小倉大賞典(G掘砲鮠,辰燭海箸能転涵,素呂鯒攴个箸いΔ海箸砲覆蠅泙靴拭G困鵑任いレアフィードはワークフォース産駒で重賞勝ち馬の輩出が未だない種牡馬であること、既に日本にはいなくなってしまった種牡馬の仔ということも、フライトストリームに出資した理由の1つでもあります。

 

父母の良いところを受け継いで、距離は短〜中距離での活躍を期待しています。もう1頭の牡馬・アーティファクトは短距離路線での活躍を期待していますので、もしかするとマイルあたりの距離で凌ぎを削る場面もあるかもしれません。頭数があまり揃わない早いうちにデビューしての勝ち上がりを期待しています!

 

 

 

出資馬の近況 2018.4.15

  • 2018.04.15 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

今日は皐月賞。5着までダービーへの優先出走権が与えられるので、ブラストワンピースのライバルとなる馬たちの戦いをしっかり見たいと思っています!

 

 

【4歳馬】

グラドゥアーレ【1.4.0.5】:ノーザンファーム天栄で調整中、5/12 新潟8R 芝1,400mに出走予定

サーブルノワール【1.0.1.5】:ノーザンファーム早来で調整中

 

【3歳馬】

ハウナニ【1.0.1.0】:ノーザンファーム空港で調整中

ブラストワンピース【3.0.0.0】:ノーザンファーム天栄で調整中、5/27 東京10R 東京優駿(G機砲肪單叉骸蠅能仭予定

キューグレーダー【1.1.0.0】 :ノーザンファーム天栄で調整中、4/29 東京7R 芝1,600mに戸崎騎手で出走予定

 

【2歳馬】

スイートウィスパー(ケアレスウィスパーの16):ノーザンファーム空港で育成中

アーティファクト(アンティフォナの16):ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレは週2回坂路コースで14-13、週1回15-15、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も順調に乗り込まれ、週2回の坂路調教のペースはそのままに、今週はその間にも坂路調教を追加しハロン15秒ペースで登坂しています。ここに来て、入場時から気になっていた歩様の硬さも徐々に解れてきて、いつもと同じ位まで回復しました。また、今回は馬体を緩めないように気を付けているので、締まった体つきを維持しています。新潟3週目の芝1,400mを目標に調整していくことになりました。」とコメントされています。出走レースが決まりましたが1週目の特別戦ではなく、確勝を期しての平場戦参戦と捉えています。ここを勝って次戦は降級して、また500万下条件で3勝目を狙って…というのが理想ですね。馬体重は493kgで前週からは1kg増です。

 

サーブルノワールは週3回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本、残りの日はトレッドミルでキャンターを行なっています。担当者さんは「この中間も先週と同様のメニューで乗り込みを続けています。だいぶ中身が出来てきており、それに伴い坂路では手応えに余裕が出てきました。ここまで順調な良化が窺えますし、このまま順調に進められれば、来月には移動の目途が立ってくると思います。」とコメントされています。移動の時期のコメントが出てくる位、順調に調整が進んでいっているようです。今回は故障なく進んでいって欲しいと思います。上手く行って6月の東京開催に間に合うかどうかといった感じでしょうか。復帰が楽しみです。

 

ハウナニは週3回屋内坂路コースでハロン17〜18秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整を行っています。担当者さんは「この中間は坂路調教の回数を増やし、一日置きに週3回行っています。坂路調教を開始してからも、歩様に変化はありませんので、今後も状態を見ながら慎重に進めていきたいと思います。」 とコメントされています。坂路の登坂回数も増えて、更にステップアップできています。このまま順調に調整が進むことを願っています。

 

ブラストワンピースは週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間は坂路調教を開始し、一日置きにハロン14秒ペースで登坂しています。引き続き背腰のケアを行っていますが、順調に疲れは取れてきています。今後もこの調子で調教を進めていきます。」とコメントされています。早くも週3で14-14の登坂が始まりました。コメントからは順調さが伝わってきますので、天栄でしっかり鍛えてダービーへ向かって欲しいと思うと共に、今週も何もなくて良かったなぁとホッとしています。ダービーまではこのドキドキが続きそうです。

 

キューグレーダーは4/13に美浦トレセンへ帰厩しています。天栄では週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整を行なっていて、担当者さんは「この中間も順調に乗り込まれてきましたが、13日に美浦トレセンへ帰厩しました。こちらではとても順調に調整できましたし、良い状態で送り出すことができたと思います。」とコメントされています。また、栗田先生は「13日に美浦トレセンへ帰厩しました。放牧先では良い状態を維持していたようですから、こちらでもそれを継続しながら、レースに向けて仕上げに入っていきたいと思います。次走の鞍上は前走で勝利に導いてくれた戸崎騎手にお願いしました。」とおっしゃっています。天皇賞の日なので難しいかなと思っていた戸崎騎手に決まったということで、これは嬉しい誤算でした。勝利に導いて下さったジョッキーが再び鞍上に決まったということで非常に心強いです。あとはレースまで順調にいって欲しいです。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM