干支の御朱印 【戌】 札幌 西野神社

  • 2018.01.08 Monday
  • 12:00

JUGEMテーマ:御朱印収集

 

こんにちは!

 

昨日は我が家の毎年の恒例行事、西野神社へ参拝にいってまいりました。目的はその年の干支の御朱印を頂戴するのと、左馬のお守りを購入することです。今年は戌年、【戌】の御朱印です。

 

西野神社干支御朱印戌.JPG

 

この御朱印は開運招福縁起十二支朱印といいまして、毎年お正月の時期にその年の干支の御朱印を頂ける他、毎月朔日にも各干支の御朱印を頂くことができます。平成17年に創祀120年を記念し、拝殿に干支の木彫りを設けた際にその記念として作られたものなんです。西野神社の御由緒等は昨年の記事をご覧ください。

 

 

そして、『干支守護札』も毎年購入して玄関に掛けています。

 

戌年干支御守札 (1).JPG

 

戌年干支御守札 (2).JPG

 

我が家の玄関は東北向きなので風水でいうと表鬼門になります。そんなこともあって守護札を玄関に掛けているんです。

 

 

戌年干支御守札 アップ.JPG

 

力強く勇壮な犬が描かれています。悪いものは全て追い返してくれそうです。(*´ω`*)

 

 

戌年干支御守札+龍神札.JPG

 

左に西野神社の『干支守護札』、右側には『龍神札』を掛けています。『龍神札』は小樽市に鎮座する龍宮神社で2012年の辰年に購入した150枚限定の守護札です。次の辰年が来るまでずっと掛けておけます。

 

今年も一年、病気やケガをすることなく、元気に過ごすことが出来ますように…

 

図録 全国の美しい御朱印 [ 八木透 ]

価格:2,354円
(2018/1/7 23:30時点)
感想(1件)

2018年新年ご祈祷 小樽 住吉神社

  • 2018.01.05 Friday
  • 12:00

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

こんにちは!

 

昨日は毎年の会社の恒例行事、住吉神社での新年の御祈祷に参加をしてまいりました。

 

住吉神社_180104.JPG

 

今年で鎮座150周年を迎える小樽総鎮守の住吉神社、御由緒については昨年のブログ記事をご参照くださいませ。ちなみに、手前の屋台で販売されている『ベビーカステラ』を初めて買ってみたのですが、非常に美味しかったです。会社に戻ってからみんなで分けて食べましたが好評でしたよ。(*´ω`*)

 

 

さて、今年も安全祈願と商売繁盛を祈願してまいりました。神殿の中に入るとその神聖な空気に背筋がピンと伸びます。この空気が好きで毎年参加していると言っても過言ではありません。

 

住吉神社大絵馬_180104.JPG

 

そして参道の入り口にある「大絵馬」、これを見るのも毎年の楽しみなんです。が愛らしい柴犬に心がホッコリします。今年も良い一年になりますように!

 

全国御朱印図鑑 [ 「全国御朱印図鑑」編集委員会 ]

価格:2,484円
(2018/1/5 00:10時点)
感想(10件)

流れるような文字が美しい 洞爺湖町 虻田神社

  • 2017.09.25 Monday
  • 12:00

JUGEMテーマ:御朱印収集

 

こんにちは!

 

ご当地入場券購入の旅で洞爺駅に行った時に、間違って曲がってしまった交差点の先にあったのが…

 

虻田神社_170916 社号標.JPG

 

虻田神社でした! 奥さまと奥さまのお母さまも、ここで行き会ったのも何かの縁、せっかくだから参拝して行こうということになりました。(*´ω`*)

 

 

虻田神社_170916 第1鳥居.JPG

 

立派な赤鳥居です!

 

 

狛犬は細身でシュッっとした感じです。

 

虻田神社_170916 狛犬阿.JPG

 

虻田神社_170916 狛犬吽.JPG

 

この前に見たのが江部乙神社の「笑う狛犬」なだけに、余計に凛々しく感じます。背筋もピッと伸びますね。

 

 

虻田神社_170916 第2,3鳥居.JPG

 

二番目と三番目の鳥居をくぐって奥へと進みます。

 

 

虻田神社_170916 手水舎.JPG

 

手水は龍の口から注がれます。

 

 

虻田神社_170916 階段.JPG

 

急な階段を上った先に社殿があります。

 

 

虻田神社_170916 社殿.JPG

 

社殿は神明造で、御際神は稲荷大神(保食主神・うけもちのかみ)と恵比寿大神(事代主神・ことしろぬしのかみ)、稲荷大神は五穀の神、恵比寿大神は商業の神として信仰されています。

 

御由緒では文化元年(1804年)に、当時の松前藩領主だった松前章広が虻田場所の繁栄を祈願するために、当時の虻田場所請負人の和田茂平に命じ、京都の伏見稲荷神社より御分霊を頂き、床丹(入江)に稲荷神社として創建、同年、恵比寿神社も建立されましたが、大正6年(1917年)に稲荷神社と合祀されました。鎮座地は文政5年(1822年)の有珠山噴火により床丹からフレナイに遷し、大正11年(1922年)の長輪線(現・室蘭本線)の開通に伴い現在地に遷し、昭和46年(1971年)に現在の社殿が造営されています。

 

 

虻田神社_170916 御朱印.JPG

 

御朱印の文字は流れるような文字で書かれています。

 

 

虻田神社_170916 御朱印帳用しおり.JPG

 

御朱印の記念にということで、御朱印帳用の「しおり」を頂きました。何種類かデザインがありましたが、大きな赤い鳥居のイメージが頭にあったのと、シンプルに神紋が押してあるのがいいなと思ってこれにしました。

 

 

虻田神社_170916 オリジナル御朱印帳.JPG

 

木のタイプのオリジナルの御朱印帳がありました。ここ、虻田神社は鳥居の裾に雪が白蛇のようにつく不思議な現象が起こることがあるんだそうですが、良く見るとその様子がきちんと描かれているんですね。白蛇を見た人には幸せが訪れるという言い伝えもありますし、風水上では洞爺湖周辺は利尻山ー羊蹄山ー駒ケ岳の蝦夷富士三山を結ぶライン上にあることから、パワースポットとしても良く知られています。冬にここまで来るのは大変ですが、この不思議な白蛇の自然現象を、自分の目でぜひ見てみたいなぁと思っています!

 

虻田神社

住所:北海道虻田郡虻田町青葉町54

電話:0142-76-2088

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM