【Prius C】 異常なしでも少し不安…

  • 2018.02.09 Friday
  • 12:00

JUGEMテーマ:ハイブリッド車

 

こんにちは!

 

一昨日の夕方、月曜の夜からディーラーさんに放牧(療養)に出ていた愛車・Prius Cの状態について、担当セールスさんから「特に異常は見当たりませんでした」と連絡がありました。

 

ABSや横滑り防止、サイドブレーキの警告灯まで点いていて何も異常はないですと??

 

乗っていて異常を感じたのは左後輪で、ロックがかかったり、動き出したりと不安定な動きで、真っ直ぐ走ることも辛い状態だったのですが、ディーラーさんでの故障診断では異常信号は右後輪に出ていたとのこと。人間の感覚って全くアテにならないものです…

 

実際に異常信号が出ていた右後輪で、ドラムブレーキの分解まで行なってチェックをしてくれたのですが、11万キロ以上走っているのに非常にキレイな状態でしたよと驚かれたくらい、状態に異常はなかったようです。分解した時の写真も頂きました。

 

Prius C 右リヤブレーキ分解_180207.JPG

 

ひとまず昨日の朝に引き取って、そのまま会社に出勤しましたが、道中では異常を感じることは全くありませんでした。

 

 

そして8時間後、仕事を終えて自宅に帰ろうと駐車場に行ってみると…

 

Prius C 大雪_180208.JPG

 

やっぱりな… (*´Д`)

 

昨日は朝から断続的に雪が降り続いていて、尚且つ風も少しあったので軽く吹き溜まりみたいな感じで積もっていました。この時の外気温はマイナス10度。軽くスコップで周りの雪を除けてから車に積もった雪を落とします。

 

 

Prius C 大雪 右タイヤアップ_180208.JPG

 

異常信号が出ていた右後輪は半分以上が雪で埋まっている状態です。競馬に例えて言うならば、骨折休養明け最初のレースなのに、泥田のような不良馬場を走らされる… といった感じでしょうか。異常なしとはいえ、いきなり大雪の中での運転ということになりました。

 

スコップでの除雪の他、車の雪下ろしや凍りついたフロントガラスの氷を削ったりしていたら30分なんてあっという間です。帰りの道中は少しビクビクしながら運転していましたが、結果的には何の異常もなく、無事に帰宅することが出来ました。

 

明日以降も状態を常に気にしながらの運転となりそうです… このまま何もなく普通に運転できることを切に願っております…

 

 

【Prius C】 各種警告灯が点灯⇒レッカー移動

  • 2018.02.07 Wednesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:ハイブリッド車

 

こんにちは!

 

一昨日の夜、仕事を終えてPrius Cに乗って帰宅しようと走り出したら…

 

Prius C 警告灯点灯_180205.JPG

 

突然、ABSや横滑り防止、サイドブレーキ等の警告灯が点灯しました。車の方はといいますと左後輪がロックがかかったようになり、タイヤを引きずるような感じで「キキキーッ」とタイヤが鳴ったりもしています。時折、スムーズに動いたと思ったら、また左後輪がロックして真っ直ぐ走ることも難儀な状態です。

 

 

ひとまず車を停めて、担当セールスさんに電話をします。

 

私:「夜遅くに申し訳ないっす… ABSや横滑り防止やサイドブレーキ等の警告灯が点灯して、左後輪がロックした感じになっているんだけど、このままゆっくり走って家まで帰っても大丈夫ですかねぇ?」

 

セールスさん:「いやいや、危ないですからレッカーしてもらって下さい。」

 

私:「やっぱりね… そうですよね… これからレッカー手配するからPrius Cをお店の駐車場に置かせてもらってもいいっすか?」

 

セールスさん:「OKですよ。でも翌日は定休日だから見れるのは明後日になるけど大丈夫?」

 

私:「通勤はノート e-POWERでするから大丈夫です。明後日の朝にPrius Cのキーを持っていきますね。」

 

セールスさん:「了解です!」

 

私:「では明後日までよろしくお願いします。」

 

といった感じでディーラーさんとは打合せ完了。次はレッカーの手配です。任意保険にロードサービスが付帯されているのでそちらに電話をします。なかなか繋がりませんでしたが、こちらも手配完了です。搬送車が来るまで車内で暖をとって待ちます。

 

 

1時間位待って搬送車がやって来ました。スタッフさんはテキパキと作業を行ないPrius Cを乗せていきます。

 

Prius C 警告灯点灯 レッカー_180205.JPG

 

 

積み込みが完了したら搬送車の助手席に乗って、ディーラーさんまで移動です。

 

Prius C 警告灯点灯 レッカー完了_180205.JPG

 

ディーラーさんに到着後は、これまた慣れた動きでPrius Cを搬送車から下ろして頂きました。この時点でもやっぱり警告灯は点灯したままです。果たしてこの故障の原因は何なのか… 車検時にオーダーした「保証がつくしプラン」の適用範囲でお金がかからず直せるものなのか… とても気になります… (*´Д`)

 

 

【ノート e-POWER】 日産19年ぶりの快挙!

  • 2018.01.19 Friday
  • 12:00

JUGEMテーマ:ハイブリッド車

 

こんにちは!

 

晩ごはんを終えて、まったりとスマホでニュースを見ていましたら気になるタイトルがあったので詳しく見てみることに…

 

ノート19年ぶりの快挙.png

 

「日産19年ぶり快挙! ノートがアクアを抑えコンパクトセグメント国内販売台数No.1に!」

 

2017年1月〜12月累計の国内販売台数でノートは13万8905台を記録し、コンパクトセグメント(総排気量1600CC以下の小型・普通乗用車)のランキングで1位になりました。おまけに、11のエリア(北海道・岩手県・秋田県・山形県・神奈川県・静岡県・島根県・高知県・長崎県・大分県・宮崎県)で登録車(軽自動車及び海外ブランドを除く普通乗用車)販売No.1も達成しています。

 

ノート北海道登録No.1.JPG

 

本日から始まる「札幌モーターショー2018」の新聞広告にも、そのことはしっかり宣伝されていますね。(*´ω`*)

 

実は日産車が1年間というスパンで、コンパクトセグメントでの販売台数がNo.1となるのは、1998年のキューブ以来19年ぶりの快挙なんです! 2016年11月に販売されたノートは、新たに設定された新電動パワートレーンである「e-POWER」が高評価を得て、2017年10月にはノート e-POWERが発売から1年弱で販売累計10万台を達成するなど、コンスタントに販売台数を伸ばしました。途中、無資格検査問題で販売台数を落とさなければ、もっと販売台数は伸びていたはず… とはいえ実に見事な成績です!

 

確かに、エンジンを走行に使用しない電気自動車然とした独特なフィーリング、特に抜群の加速とワンペダルで速度の調整が出来るところなどは、乗ってみて運転していて素晴らしいなぁと思いますし、エンジン走行がメインのPrius Cとは全く違うフィーリングを体感できます。室内空間も広いし、静粛性も高いし快適なドライビングが楽しめます。

 

また、販売台数が多いということは時が経てばリビルドパーツなどの流通も多くなってくるでしょうし、故障時の修繕コストを抑えることも出来るだろうと期待をしています。

 

次週、釧網本線でSL冬の湿原号クリスタルエクスプレスを撮影するのに道東遠征を行ないますが、燃費性能はPrius Cには若干劣るものの、快適に移動が出来るという点で優位なノート e-POWERで行くことにしています。今回が購入して一番のロングドライブ、その素晴らしさを味わいながら運転したいと思います!

 

セカンドステージ シフトパネル 日産 ノート E12 e-POWER(eパワー) 全4色

価格:6,480円
(2018/1/18 23:15時点)
感想(1件)

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM