出資馬の近況 2019.6.23

  • 2019.06.23 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

3歳馬3頭は未だ勝利を挙げることが出来ておらず、早く勝ち上がらないと… とやきもきしている今日この頃なのですが、早くも1頭、競走馬登録の抹消が発表され、サラブレットオークションへ上場されました。残念無念…

 

 

【5歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.8】:ノーザンファーム天栄で調整中

 

【4歳馬】

ハウナニ【2.0.1.3】:6/19に函館Wで時計、6/30の函館12R 道新スポーツ杯 芝1,200mに石川騎手で出走予定

ブラストワンピース【5.0.0.4】:ノーザンファーム天栄で調整中、8/18の札幌11R 札幌記念(G供房2,000mに出走予定

キューグレーダー【2.2.0.1】:ノーザンファーム早来で療養中

 

【3歳馬】

スイートウィスパー【0.0.0.1】:6/19に美浦南Wで時計

アーティファクト【0.0.1.1】:ノーザンファーム天栄で調整中

フライトストリーム【0.0.0.7】:6/19に競走馬登録抹消

 

【2歳馬】

コバルトウィング(レースウィングの17):ノーザンファーム天栄で調整中

ベッロコルサ(ベッライリスの17):ノーザンファームしがらきで調整中

ブリリアントコール(レイズアンドコールの17):ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレはトレッドミルで軽めのキャンターを行なっています。担当者さんは「先週こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、少し疲れは見られるものの脚元には大きな問題はありませんでした。ただ、歩様には硬さがありますし、現在は無理せずトレッドミルで進めています。また、トレセンでは脱水症状のようなところが見られたということですので、こちらでもよく注意しながら進めていきます。馬体重は499圓任后」とコメントされています。脚元に大きな問題がないというのは何よりでした。あとはしっかりリフレッシュしてトレセンへ戻ってきて欲しいです。

 

ハウナニは6/19に函館W良馬場で5F67.5-4F52.4-3F38.7-1F12.9を馬場の8分どころを回り強めに追って記録しています。手塚先生は「19日に函館Wコースで追い切りを行いました。帰厩後初の時計ということで、今週は単走で直線だけしっかり追ってもらっています。動きにはそこまで気になるところは無いものの、函館に入ってから少し体が萎んでしまっていますね。輸送による疲れからなのか、こちらの環境の変化に対応出来ていないのかまだ分からないところはありますが、その点は気を付けていかないといけません。前走勝った時と同じくらいの状態には持っていきたいと思いますので、あと1週状態面を意識して進めていきます。来週の道新スポーツ杯の鞍上ですが、石川裕紀人騎手に依頼しています。」とおっしゃっています。先生のコメントを見ますと状態面はイマイチな感じがします。残り1週間でどこまで状態を上向きに持っていけるか楽しみにしています。今週の調教タイムはマズマズ良い時計なので少し期待しています。

 

ブラストワンピースは週3回坂路コースで14-14、週2回15-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間は登坂回数を週5回に増やし乗り込みを強化しています。負荷を強めてからも状態的には問題ありませんし、当初の予定通りこのまま札幌記念を目標に乗り込んでいきたいと思います。馬体重は566圓任后」とコメントされています。週5回の登坂をしているのに馬体重は前週から+6kgとは…(笑))体調面は問題なさそうですが、やはり脚元は少々心配ですね… そして次走は札幌記念へ向かうと発表がありました。これは現地応援はマストですね。地元のビッグレースに愛馬が出走する… どんなに仕事が忙しくても応援に駆け付けます!

 

キューグレーダーはノーザンファーム早来で舎飼されています。担当者さんは「こちらに入場後も体調が安定していたことから、18日に社台ホースクリニックにて右前膝の骨片摘出手術を行いました。入念に患部を調べたこともあり、時間を要した手術になってしまいましたが、無事に終了しております。術後も熱発等は無く、今のところ体調面に心配は要りません。今後は2週間後をメドに抜糸を行い、それから曳き運動に入っていく予定です。」とコメントされています。手術が無事に終わりホッとしています。再び長い休養、仕切り直しとなりますが、復帰を心待ちにしています。

 

スイートウィスパーは6/19に美浦南W良馬場で4F59.0-3F43.3-1F14.5を馬場の7分どころを馬ナリで回って記録しています。萩原先生は「19日に南Wコースで単走で追い切りを行いました。両トモの状態があまり良くないことから、今週もあまり無理をさせずに半マイルを59秒くらいに抑えています。やはり、トモを使えないことで全身を上手く使えないフォームになってしまっていますね。動きは素軽いように見えるものの、その中に力強さが伴ってきてないので、もう少し非力さが解消してきて欲しいです。良化途上で、もう少し時間は有った方が良いと思いますので、具体的な予定は決めずに馬の状態に合わせて進めていきます。」とおっしゃっています。まだまだレースを使うには時間が掛かりそうです。このペースだと次走で勝てないと引退になってしまう可能性も… まずは次の調教がどんな時計を出してくるのか注目して見てみたいと思います。

 

アーティファクトは週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「先週こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、少し背腰に疲れが見られましたね。軽めに動かしつつ治療を行ったことで、背腰の状態は徐々に回復してきていたことから、今週半ばから坂路コースでの調教を開始しています。今後もよくケアしながら、徐々にペースアップを図っていければと思います。馬体重は472圓任后」とおっしゃっています。早くも坂路入りしているのでソコソコ順調なのかなと… 弟は昨日の新馬戦を快勝しました。兄弟で勝ち上がれなかったのは本馬だけにならないように頑張って欲しいです。

 

フライトストリームは6/19に競走馬登録を抹消され、翌日のサラブレッドオークションでは109万円で落札されています。最後に短距離を試して欲しかったなぁとは思いますが、高柳先生もいろいろと手を尽くして下さっていながらあのレースっぷりですので、抹消は致し方ないと納得しています。金沢でのレースを見れば地方に行っても苦戦しそうなイメージしか湧いてきませんが、頑張って第2の馬生を良いものにしていって欲しいと思います。

 

コバルトウイングは週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も同様のメニューで乗り込んでいますが、14-13でもまずまずの動きを見せてくれています。順調に調教を積めてはいますが、まだレースに進めていくには基礎強化が必要ですので、この感じで乗り込んでいければと思います。体重は520圓任后」とコメントされています。時計だけ見れば良さそうなんですけどね… まだまだ基礎体力がということなんでしょうか。このまま順調に行って欲しいです。

 

ベッロコルサは周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒を行なっています。厩舎長さんは「この中間も先週と同じ調教メニューで乗り込んでいますが、いいフットワークで軽快に坂路を登坂していますよ。負荷を掛けても飼い葉をよく食べていますし、この馬なりに成長が感じられます。角田調教師から近いうちにトレセンに戻したいと連絡をいただいていますので、いつ声が掛かっても良いように乗り込んでいきたいと思います。馬体重は426kgです。」とおっしゃっています。2歳馬でデビューが一番早いのは本馬になりそうですね。どこでデビューさせるのか楽しみです。函館・札幌でデビューしてくれれば最高です!

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM