【調教チェック】 ブラストワンピース 19.8.18 札幌11R 札幌記念(G供暴仭

  • 2019.08.17 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

前走、目黒記念8着からの巻き返しを狙いつつ、凱旋門賞を見据えて札幌記念へ出走してきたブラストワンピース。最内1枠1番からの発走で勝利を目指します。G1ホースになったブラストワンピースを地元・札幌競馬場で見ることが出来るのは最大級の喜びです。もちろん、明日は家族揃って現地応援です! それでは今週の調教を見てまいりましょう。

 

8/11は函館W稍重馬場でで4F56.3-3F40.8-1F12.5を馬場の7分どころを馬ナリで回って記録、そして8/14は函館芝良馬場で川田騎手を背に5F64.9-4F49.4-3F36.1-1F11.8を馬場の8分どころを回りG前仕掛けで記録、古馬2勝クラス(馬ナリ)相手の併せ馬で0.9秒追走し0.2秒先着しています。競馬ブックの短評では「大トビ豪快に」とあり、矢印は↗となっています。時計に関しては全体時計はさほど変わりませんが、終いは1週前は一杯で12秒台前半だったのがそこまで追わなくても11秒台へ、併せ馬でも2週続けて先着しており状態はアップしていると思いまいます。

 

大竹先生は「14日に函館芝コースで併せて追い切りを行いました。道中はブラストワンピースが追走して行き、直線で内に入れて脚を伸ばすと、最後は1馬身ほど先着しています。先週は動きに幾らか重苦しさが残り、追い出してからもモタモタしたところを見せていましたが、今週はスッと反応して動きは良化していますね。抜け出してからもちゃんと伸びていましたし、息遣いも良い感じで、これで態勢は整ったと思います。跨ってもらった川田騎手は『2週前に乗った時よりもはるかに動きは良くなっていましたね。これまでのレースを観て、コーナーであまり加速していけないイメージはありましたが、今日の感じだと勝負どころで動いていけそうです』と良い感触を得てくれて、2回追い切りに乗ってもらったからこそ分かる違いを感じ取ってくれて良かったです。初めての舞台ですし、やってみないことには何とも言えませんが、次に予定している凱旋門賞に向けて弾みのつく走りを見せて欲しいですね。」とおっしゃっています。

 

他の出走馬で好調教だなと思ったのは、札幌芝でのタイムが素晴らしいナイトオブナイツクルーガーといったところです。

 

後塵を拝してばかりの同世代のフィエールマンやワグネリアンに加えて、札幌巧者で前年覇者のサングレーザーもいて厳しいレースになりそうですが、凱旋門賞へ向けての仕切り直しの大一番で勝利を掴み取って、胸を張ってフランスへ向かって欲しいと思います! 頑張れ! ブラストワンピース

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM