【調教チェック】 グラドゥアーレ 19.8.24 札幌7R 1勝クラス条件戦出走

  • 2019.08.24 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

前走ダート戦15着からの巻き返しを狙い、昨年12月以来の芝のレースに出走するグラドゥアーレ。初めての洋芝、初めての1,200m戦に挑みます。それでは今週の調教を見てまいりましょう。

 

8/21に函館W重馬場で5F72.2-4F55.9-3F40.6-1F13.4を馬場の5分どころを回り一杯に追って記録しています。1週前は馬ナリでソコソコ良いタイムを出していたのですが、今週の調教は重馬場だったにしても遅いタイムだなと… しかも一杯に追ってのものだけに心配です。 競馬ブックWebの短評では→評価ではあるものの「本調子には今一息」となっています。

 

小西先生は「21日に函館Wコースで追い切りを行いました。終いは良い形で終わりたかったので、強めに追ってもらいましたが、先週の時点である程度馬体は出来ていましたので、そこまで負荷は掛けていません。また、時計的には物足りないかもしれませんが、馬場があまり良くなかったことを踏まえたらこんなもんでしょう。少し捌きに硬さが有る馬ですので、洋芝への適性はありそうですから、ここで良い結果を残したいですね。鞍上はワールドオールスタージョッキーズに出場する、C.オドノヒュー騎手に依頼しています。彼は日本でも何度か騎乗経験がありますので、とても頼もしいですね。」とおっしゃっています。4走前の東京芝1,400m戦でハナ差2着に負けた時の鞍上がオドノヒュー騎手でした。今回はWASJシリーズで騎乗するために札幌競馬場に来ているのですが、前走の大敗から復活を目指すこのタイミングで乗って頂けるという事は非常に嬉しいです。調教はイマイチながら、鞍上を見るだけで期待が高まります。

 

出走メンバーで調教が良いなと思ったのは、同じ函館Wの重馬場で好タイムを出しているイーサンパンサーですね。連闘馬が多くいるので中間は軽めというのが多く、しっかり好時計を出している馬は少なかったです。

 

前走がダートでしたし、力の要る洋芝のコースに馬場替わりし、それに加えて距離短縮で臨むのは良い方に出てくれるのではないかと思います。前走は夏バテの兆候がある中での最下位だったので、その状態からどこまで回復しているかがキーになると思います。調教からは強気にはなれませんが、鞍上の腕でどこまで上位に持って来れるか、今回も家族3人で札幌競馬場に応援に行って来ます。口取りも当たったので、先週のブラストワンピースに続いて2週連続で口取りが出来たら最高です!頑張れ!グラドゥアーレ

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM