いつもの水田ポイントで特急ニセコ号を撮影

  • 2019.09.04 Wednesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道写真

 

こんにちは!

 

特急ニセコ号の運行初日、8月31日の往路便は函館本線山線・塩谷−蘭島間にある桃内トンネルからの飛び出しを撮影しましたが、復路便は早朝に愛息と一緒にキハ201を撮りに行く仁木−余市間の水田ポイントで撮ることにしました。

 

函館発札幌行の特急ニセコ号は倶知安駅を17:33に出発し、余市駅には18:17に到着します。今の時期は18時を過ぎると暗くなってくるため、画像のザラつきには目を瞑り、ISO感度を6400まで高めて撮影しました。

 

キハ183 特急ニセコ 仁木−余市 190831.jpg

 

F6.3、1/800秒、ISO6400、60mm、露出補正±0、WB AWB、カスタムイメージは「風景」で撮影。いつもは稲穂の成長具合を確認しつつキハ201を撮っている場所にキハ183が走っているのはちょっと違和感が… (*'ω'*)

 

愛息も一緒に連れて行ったのですが、朝のトンネル飛び出しの時やキハ201を見る時の興奮度合いよりはおとなしかったですね… 暗くなってきていたのも関係あるのかもしれません。

 

短い運行期間ですがタイミングが合えば倶知安・ニセコ周辺で羊蹄山をバックに撮ってみたいと思っています。倶知安近辺ならここまで暗くなる前に撮れるはずなので…

 

鉄道写真バイブル 11人のプロに教わる撮影術 (玄光社mook)

価格:1,944円
(2019/9/2 23:35時点)
感想(0件)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM