出資馬の近況 2019.9.15

  • 2019.09.15 Sunday
  • 08:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

おはようございます!

 

今日は会社のイベントに出動するので出勤前の更新です。本日中山1Rに出走するコバルトウィングのレースを見ることが出来るのはお昼休みかな… 前日のオッズでは2倍を切る圧倒的な1番人気。その期待に応えて見事な初勝利を期待しています!

 

 

【5歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.9】:ノーザンファーム空港で調整中

 

【4歳馬】

ハウナニ【2.0.1.4】:ノーザンファーム空港で療養中

ブラストワンピース【6.0.0.4】:9/12に英国・ニューマーケット アビントンプレイスに到着、10/6のロンシャン競馬場 凱旋門賞(G機砲棒酖諜骸蠅能仭予定

キューグレーダー【2.2.0.1】:ノーザンファーム早来で療養中

 

【2歳馬】

コバルトウィング【0.0.1.0】:本日の中山1R 2歳未勝利戦 ダート1,800mに三浦騎手で出走予定

ベッロコルサ【0.0.1.1】:9/13に栗東トレセンへ帰厩、10/5の京都1R 2歳未勝利戦 ダート1,400mに出走予定

ブリリアントコール:ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレは週1回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「レースの疲れは徐々に取れており、こちらに入場後と比べると活気が出てきたことから、坂路調教を開始いたしました。ペースが遅いからか物見をすることがあるものの、走りは悪くありません。このまま順調に進めることが出来れば、来週から少しずつ負荷を高めていきたいと思います。馬体重は485圓任后」とコメントされています。負荷を増やして体重も増えてと体調は少しずつ良くなってきているのかもしれません。本調子になれば1勝クラスでは勝ち負けできる力はまだ十分にあると思っているので、このまま順調に調整が進んでいくことを願うばかりです。

 

ハウナニはウォーキングマシンでの調整を行なっています。担当者さんは「この中間は右前蹄のレントゲン検査を行いました。獣医によると、こちらに入場してきた時よりも、蹄の状態は良くなっているとのことでした。また、体調は良いのですが、先週と同様にテンションは高いですね。今後も脚元と同様、精神面にも気をつけて進めて行きたいと思います。」とコメントされています。少しずつでも蹄の状態が良くなってきているので安心しました。どうかこれ以上は悪くならないように…

 

ブラストワンピースは9/12に英国・ニューマーケット アビントンプレイスに到着し、軽めの調整を行なっています。担当者さんは「アビントンプレイスに到着後はしっかりと飼い葉は食べてくれており、輸送で減ってしまった馬体重も548圓泙撚麌してきています。到着直後はトップラインの肉付きが落ち気味だったのですが、それも時間の経過とともに段々と戻ってきていますよ。12日の午前中には曳き運動を30分ほど行い、その後に受けた獣医のチェックでも問題は見られなかったことから、午後にはトレッドミルで軽めのキャンターを10分間行って、無事に初日の調整を終えています。今後は状態を見ながら、馬場での騎乗運動を開始していく予定にしています。」とコメントされています。まずは無事に海を渡れたことにホッとしています。あとは慣れない土地でも臆することなく、堂々と調整を行なうことが出来て、凱旋門賞にはピークで向かって行けるよう頑張って欲しいと思っています

 

キューグレーダーは週3回トレッドミルでキャンター、週3回ウォーキングマシンでの調整を行なっています。担当者さんは「先週よりトレッドミルでキャンターを行っていますが、脚元含めて大きな変化はありません。大型馬かつ乗り運動を行っていませんから、馬体の緩さは目立つものの、捌きの硬さは感じないですね。歩様もキビキビとしており、ここまでは順調に進められています。馬体重は558kgです。」とコメントされています。順調そうで何よりです。早く復帰戦を見たいと思うとともに、レース復帰が楽しみになって来ました。

 

コバルトウイングは本日の中山1R 2歳未勝利戦 ダート1,800mに三浦騎手を背に3枠3番から出走します。競馬ブックWebの萩原先生のコメントでは「馬体が絞れて良くなっている。素質を見込んでいる馬。前走以上の走りを期待。」となっており、ここは好勝負が期待できそうな感じです。メイクデビュー時の2着馬は既に勝ち上がっていますし、ここはしっかり勝って2歳馬の勝ち上がり第1号になって欲しいです!

 

ベッロコルサは9/13に栗東トレセンへ帰厩しました。角田先生は「放牧に出した後も順調に調教が進められていましたので、13日の検疫でトレセンへお戻しさせていただきました。順調に仕上がるようであれば、10月5日の京都・D1,400mに出走させたいと考えています。普段の調教では気難しいところは見せなかったですが、実戦に行って集中力を欠くところがあったので、今回からブリンカーを着けてみようと思います。」とおっしゃっています。400mの距離延長がどうだろうとは思いますが、今回はブリンカーを着用してみるようですので、その効果が最大限に発揮され、未勝利を脱出できるよう願っています。

 

ブリリアントコールは週1回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、週5回周回コースで軽めのキャンター1,500〜2,500mを行なっています。担当者さんは「先週と同様に体力不足の面を補うべく、この中間も周回コースでの調教を中心に進められています。坂路調教を減らして周回コースに入れる回数を増やしていますから、徐々に効果が出てくれると良いですね。全体的にまだ緩さがあって、スッと動ききれない感じを受けますが、フォームは少しずつ安定してきました。」とコメントされています。写真を見る限りはかなりボリュームのある体つきだなぁと思うのですが、まだまだ体力不足なんですね… 基礎体力をしっかりつけて美浦トレセンへ向かって欲しいです。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM