出資馬の近況 2019.10.19

  • 2019.10.19 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

今週は愛馬の出走はありませんが、来週はベッロコルサが未勝利脱出をかけて出走の予定です。何とか勝ち上がって欲しいなぁ…

 

 

【5歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.9】:10/18に美浦トレセンへ帰厩

 

【4歳馬】

ハウナニ【2.0.1.4】:ノーザンファーム空港で療養中

ブラストワンピース【6.0.0.5】:10/16にノーザンファーム天栄へ放牧

 

【2歳馬】

コバルトウィング【1.0.1.0】:ノーザンファーム天栄で調整中

ベッロコルサ【0.0.1.2】:10/18に栗東坂路で時計、10/27の京都1R 2歳未勝利戦 ダート1,200mに斎藤新騎手で出走予定

ブリリアントコール:ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレは10/18に美浦トレセンへ帰厩しました。小西先生は「先週こちらへ戻させてもらう予定でしたが、ノーザンファーム天栄へ到着後に熱発してしまったため、延期させていただきました。その後は熱もすぐに治まり、体調面に問題なかったということなので、18日に帰厩させていただきました。こちらでもよく状態面には気を付けながら進めていきたいと思います。」とおっしゃっています。無事に帰厩できたので何よりです。あとは頓挫なく調整が進むことを願っています。

 

ハウナニはトレッドミルでキャンターを行なっています。担当者さんは「引き続きトレッドミルでキャンターを行っています。ペースを上げていますが、捌きの硬さも気にならなくなりましたね。ここまでは順調に進められていますし、この状態をキープしていきたいと思います。馬体重は502kgです。」とコメントされています。馬体重は少し絞れましたね。来週はステップアップできていればいいなぁと… 翌週のアップデートを楽しみにしています。

 

ブラストワンピースは10/16にノーザンファーム天栄へ放牧に出ました。担当者さんは「競馬学校での輸入検疫を無事に終え、16日にこちらへ戻ってきています。フランスから日本への輸送自体は特に問題なかったのですが、競馬学校に到着後は慣れない環境だったこともあるのか、精神的にピリピリして落ち着かない様子で、いつもと比べると飼い葉食いも少し落ちてしまっていました。こちらに到着後の馬体重は524圓函⊃字が示すようにトップラインを中心に少し馬体を寂しく見せていますが、馬房に入るなりすぐに飼い葉に口を付けていましたから、案外馬体の戻りは早いかもしれません。脚元に関しても、多少の疲れはありますが、今のところ特に問題はなさそうです。ただ、少し気が緩まったタイミングで何か馬体に変化が出てくる可能性もありますから、十分に注意して接していきたいと思います。」とコメントされています。524kgまで馬体重が落ちましたか… よっぽど死力を尽くしたレースだったことが伺えますね… とはいえ飼い葉食いは悪くなさそうなので次週には元通りになっていたりして… まずはしっかりリラックスして疲れを取って欲しいです。

 

コバルトウイングは週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「今週から週3回の坂路入りの内、2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後も骨瘤の状態に良い意味で変わりはありませんし、動きも上々です。もう少し14-13ペースで乗り込みながら、今後の予定を検討していければと思います。馬体重は524圓任后」とコメントされています。ペースを上げても馬体重が増えているように調子は良さそうです。骨瘤がありながらもペースアップが出来ているのは非常に頼もしいです。年内の一戦はどこになるのか楽しみです。

 

ベッロコルサは10/18に栗東坂路良馬場で4F54.8-3F40.5-2F26.6-1F13.4を一杯に追って記録。古馬1勝クラス(馬ナリ)相手の併せ馬で0.5秒先行して0.7秒遅れています。角田先生は「先週一杯は軽めの運動に控えていましたが、その後も問題ありませんでしたので、今週から調教を開始しています。馬体は仕上がっていますし、今週は変則日程でもありますので、時計は週末にいくらか出すぐらいで十分だと思います。良いコンディションを保っていますし、上積みも感じられますから、来週はもっと良い競馬をしてくれそうです。」とおっしゃっています。調教時計はあまり良くはないですし、格上相手の併せ馬とはいえ馬ナリの相手に突き放されていますし、調教からは良いところが見受けられないのが心配です。最終追いの時計に注目です。

 

ブリリアントコールは週1回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間からは、再度坂路と周回コースでの調教を開始しています。リフレッシュした効果からか、以前よりも馬に活気がありますね。それに、馬体もふっくらと見せており、状態の良さが窺えます。馬体重は461kgです。」とコメントされています。馬体重も少しずつ増えてきており良い感じです。ボチボチ脱北の声も掛かってくると思います。デビュー戦が楽しみです。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM