函館本線山線 キレイな青空と鉄橋を渡る気動車と

  • 2019.11.12 Tuesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道写真

 

こんにちは!

 

一昨日、日曜日は朝から快晴でした。ところが、せっかくの休日だというのに会社の吸収合併の関係で片付けなければいけない仕事が山積みだったので、止む無く休日出勤で片付けていくことに… そんなこともあって気分を盛り上げるため、青空の下を走る函館本線山線の気動車を撮ってから出勤することにしました。

 

今回撮影場所に選んだのは然別−仁木間にある余市川橋梁です。青空の下、鉄橋を渡る気動車を撮影します。まずは3925D 快速ニセコライナーです。

 

キハ201 3925D 快速ニセコライナー 然別−仁木 191110.jpg

 

F5.6、1/800秒、ISO400、27mm、露出補正±0、WB 太陽光、カスタムイメージは「風景」で撮影。函館本線のフラッグシップは3両編成のキハ201。こちらはバックショットになります。

 

 

続いてやって来た1928Dは、先ほどの快速ニセコライナーとは余市駅で交換します。終着の然別駅に向かって走ってくる列車を撮影します。

 

キハ150 1928D 然別−仁木 191110.jpg

 

F5.6、1/800秒、ISO400、27mm、露出補正±0、WB 太陽光、カスタムイメージは「風景」で撮影。キハ150の2両編成で先頭車両に朝日が当たってギラリになっています。先ほどの写真とは撮る場所を変えて、枯れススキも画面に入れて撮ってみました。

 

それにしても最近はキハ40が運用に入っていることが少なくなっているような気がしますね。いつも見かけるのはキハ150ばかりです… 山線を走るキハ40は今となってはかなり珍しくなってしまった感がありますね…

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM