【調教チェック】 グラドゥアーレ 19.11.16 福島8R 1勝クラス条件戦出走

  • 2019.11.16 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

前走は札幌芝1,200m戦を使って7着だったグラドゥアーレ。舞台を福島に替えて再び芝1,200m戦に出走、8枠15番から2勝目を目指します。それでは今週の調教を見てまいりましょう。

 

11/10に美浦坂路良馬場で4F61.7-3F44.2-2F28.3-1F13.5を馬ナリで記録。そして11/13の最終追いは美浦坂路良馬場で4F53.9-3F38.6-2F24.9-1F12.5を一杯に追って記録、古馬1勝クラス(馬ナリ)相手の併せ馬で0.3秒先行して同入しています。競馬ブックWebの調教評価は「久々で割引」とあり→となっていますが、最終追いの時計はマズマズ良いのではないかと個人的には評価をしています。

 

そして小西先生は「13日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中はグラドゥアーレが先行する形から、最後は同入で終えています。ここまで坂路を主体にしっかり乗り込んできたことで、動きは良好ですね。4ハロン53秒台で上がって、ラスト1ハロンは12.5秒でしたから、時計的にもまずまずだったのではないでしょうか。帰厩前に北海道からの輸送で熱発した経緯はありましたが、現在その心配は要りません。ただ、距離は違うものの、今回は福島競馬場までの輸送がありますので、その点を何とかクリアして欲しいですね。また、最近のレース内容からも、あとひと押し欲しいので、11月16日の福島・芝1,200mに3kg減量の利く大塚海渡騎手で臨ませていただきます。メンバー的にも十分通用して良いですし、前走でこの距離に慣れてくれていると思いますから、何とか結果を残したいですね。」とおっしゃっています。鞍上は今年デビューした新人ジョッキー、未だ3勝しかしていないだけにグラドゥアーレを勝たせることができるのか心配ですが… 3kg減の恩恵をフルに活かして、若手らしい思い切った騎乗をして頂きたいと思っています。

 

他の出走メンバーで好調教だと思ったのは、栗東坂路で2週続けて好時計を出しているグッドワード、栗東CWで馬ナリでマズマズの時計を出しているシエルブラン、美浦Wでの調教が良いリーディングエッジですね。

 

新馬戦での勝馬・カリビアンゴールドは既にオープンまで出世していますし、現2歳世代の弟・ラウダシオンは3戦2勝と好成績を収めています。これに負けじとグラドゥアーレには頑張ってきて欲しいですし、前走で掲示板を確保した馬が1頭しかいないメンバー構成はかなり恵まれたと思いますので、ここで好勝負できないとずっとこのままこのクラスで… となってしまいそうなので、何とか格好はつけて欲しいと思います。頑張れ!グラドゥアーレ

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM