出資馬の近況 2019.11.23

  • 2019.11.23 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

有馬記念のファン投票の中間発表を見るとブラストワンピースは現在第5位! 昨年は出れるか出れないかのギリギリの順位だったことを考えるとずいぶん出世したなぁと… とても嬉しい気持ちでいっぱいです。

 

 

【5歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.10】:11/20にノーザンファーム天栄へ放牧

 

【4歳馬】

ハウナニ【2.0.1.4】:ノーザンファーム空港で調整中

ブラストワンピース【6.0.0.5】:ノーザンファーム天栄で調整中

 

【2歳馬】

コバルトウィング【1.0.1.0】:11/20に美浦坂路で時計、12/8の中山7R 2歳1勝クラス ダート1,800mに出走予定

ベッロコルサ【0.0.1.3】:ノーザンファームしがらきで調整中

ブリリアントコール:11/20にゲート試験合格、11/23にノーザンファームしがらきへ放牧予定

 

 

グラドゥアーレは11/20にノーザンファーム天栄へ放牧に出ました。小西先生は「先週のレースを見ている感じですと、後ろから競馬をさせて一瞬の脚を活かすような形が良さそうですね。それに、差し馬が有利の馬場でしたし、2番手で運んだこの馬にとっては厳しい展開になってしまいました。こちらに戻って状態を確認しましたが、輸送とレースでの疲れがあるようで、加えて硬さも若干見られます。更に今回は、帰厩前に北海道からの輸送で状態を落とした経緯がありますので、無理をさせずにいったん放牧させた方が良いでしょう。」とおっしゃっています。予想通りの放牧ですね… 馬体重が増えていたのでここを叩いて続戦…とはならずでした。確かに熱発もあったので完調とはいかなかったとは思いますが、行きっぷりは悪くなかったし差し馬優勢の結果だったことを考えればそこまで悪いレースだったとは思っていなかっただけに残念です。次走は完調で出走できるように願うばかりです。

 

ハウナニは週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1本、週2回ロンギ場でフラットワーク、残りの日はトレッドミルでキャンターを行なっています。担当者さんは「この中間は坂路の登坂回数を増やし、週1回はハロン14秒ペースまで進めています。まだ体に余裕があるので少し重苦しさを感じますが、走りは悪くないですね。ただ、時折テンションの高いところがありますから、その点は気を付けて進めていきます。馬体重は500kgです。」とコメントされています。登坂の回数が増えても馬体重が少し増えている位ですから体調は良さそう。このまま順調に調整が進んでいって欲しいです。

 

ブラストワンピースは週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「今週も先週と同様の調教メニューで運動を行っています。治療を続けていますが、背中の痛みはまだ残っておりますので、引き続きケアを行っていきます。脚元等、他に気になるところはありませんので、今ぐらいのペースで調教を続けながら疲労回復に努めていきます。馬体重は556圓任后」とコメントされています。まだ凱旋門賞の疲れを引きずっているのですね… 天栄での調教動画がアップされていたので見てみましたが、真っ直ぐ力強く登坂していたので少し安心しました。昨年は11月の終わりには帰厩して有馬記念に向けて調整を行なっていたことを考えると、次週の更新で有馬記念出走の出否がハッキリするのかなと勝手に予想しています。

 

コバルトウイングは11/20に美浦坂路良馬場で4F55.4-3F40.6-2F26.9-1F13.0を馬ナリで記録、古馬1勝クラス相手(馬ナリ)の併せ馬で0.4秒追走して同入しています。萩原先生は「20日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。コバルトウィングが1勝クラスの馬を2馬身追走して、最後は同入で終えています。馬なりとは言え坂路ではあまり動かないので、55-40くらいの時計になってしまいましたが、この馬なりにはある程度動けていたと思います。それに、乗り手の感触もまずまずのようで、走っているフォームも良かったと言ってくれましたから、2週前の状態としては合格点ですね。後はまだ体が出来ていないように感じますし、絞れてくれば更に動きも良化してくるでしょう。」とおっしゃっています。先生からも合格点とのコメントが出ているように状態は悪くなさそうですし、平場戦で確勝をと期待しています

 

ベッロコルサはトレッドミル、坂路コースでハロン16秒で調整を行なっています。厩舎長さんは「馬体の方も徐々に良化してきていますし、今週は坂路コースのペースをハロン16秒まで上げています。乗り込んでいても歩様に硬さが出てきていませんし、さらに乗り進めて状態アップに努めていきます。馬体重は432圓任后」とコメントされています。登坂のペースを上げつつ、馬体重も少しですが増えてきています。体調は良さそうですしこのまま順調に成長していって欲しいです。

 

ブリリアントコールは11/20にゲート試験に合格、そして本日にはノーザンファームしがらきへ放牧へ出る予定です。奥村先生は「徐々に発馬の方も上達してきていましたし、20日にゲート試験を受けたところ、無事に合格することが出来ました。先週もお伝えさせていただきましたが、コースで乗ると脚が浮腫んでしまったりと、全体的にまだ体力不足な印象ですから、この後は一旦放牧に出して体力強化を図ってもらいたいと思います。調教ではシャープな動きを見せていますし、楽しみはあると思いますから、しっかりしてくれるまでは無理せず進めていった方が良いでしょう。」とおっしゃっています。祝・ゲート試験一発合格!あとはしがらきでしっかり鍛錬を積んで、デビュー勝ちを期待しています!

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM