出資馬の近況 2019.12.1

  • 2019.12.01 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

ブラストワンピースは有馬記念を回避してAJCCへと向かう事になったので、12月の出走は今のところコバルトウイングのみの予定です。平場戦ながら強敵がいるようですが、勝って一年を締めくくることが出来るように頑張って欲しいです。

 

 

【5歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.10】:ノーザンファーム天栄で調整中

 

【4歳馬】

ハウナニ【2.0.1.4】:ノーザンファーム空港で調整中

ブラストワンピース【6.0.0.5】:ノーザンファーム天栄で調整中、1/26の中山11R AJCC(G供房2,200mに出走予定

 

【2歳馬】

コバルトウィング【1.0.1.0】:11/23と11/27に美浦南Wで時計、12/8の中山7R 2歳1勝クラス ダート1,800mに三浦騎手で出走予定

ベッロコルサ【0.0.1.3】:ノーザンファームしがらきで調整中

ブリリアントコール:ノーザンファームしがらきで調整中

 

 

グラドゥアーレは周回コースで軽めのキャンターを行なっています。担当者さんは「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、相変わらず歩様に硬さはあるものの、大きなダメージは見られませんでした。現在は周回コースでハロン20秒くらいのキャンターを行っていますが、状態を見ながら徐々に負荷を強めていければと考えています。馬体重は496圓任后」とコメントされています。大きなダメージが無いということであれば次戦はそう遠くはなさそうな感じはしますが来年の1回中山開催で見れますかどうか… まずは次戦に向けてしっかりリフレッシュして欲しいです。

 

ハウナニは週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「テンションの高さは先週から悪化すること無く、中身の濃い調教を行えるようになってきました。このペースに慣れてきたようで、良い手応えで上がってきていますし、もう少し乗り込めば移動も視野に入ってくるのではないでしょうか。馬体重は505kgです。」とコメントされています。移動のコメントも出てきましたが、まずは順調に調整ができてこそ。来年元気にターフを走る姿を見せてくれることを期待しています。

 

ブラストワンピースは週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間もハロン14秒ペースで乗っています。背腰の状態については徐々に良くはなっていますが、焦って進めて疲れが出てしまってもいけませんから、まだケアに重点を置きながら進めています。坂路ではハロン14秒ペースということもあり、最後まで悪くない動きで駆け上がれています。馬体重は560圓任后」とコメントされています。馬体重はいつもの560kg台まで戻って来ましたが、まだまだ本調子には遠い感じなんでしょうね… 有馬記念の回避は残念ですが、この決断が正しかったということをAJCCの結果で応えてくれることを期待しています!

 

コバルトウイングは11/23に美浦南W重馬場で4F54.6-3F40.2-1F12.7を馬場の8分どころを回り馬ナリで記録。古馬2勝クラス(馬ナリ)相手の併せ馬で0.4秒先行して同入しています。そして11/27は同じく美浦南W良馬場で三浦騎手を背に5F66.0-4F51.6-3F38.6-1F12.2を馬場の7分どころを回りG前仕掛けで記録。古馬2勝クラス(直一杯)相手の併せ馬で0.6秒追走し0.4秒先着しています。萩原先生は「27日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はコバルトウィングが3馬身ほど追走して、直線では内から脚を伸ばすと2馬身先着しています。少し体に余裕がありましたので、三浦騎手には終いは意識的にしっかり追ってもらいました。元々スパッと切れるタイプでは無いですから、ジリジリと伸びてこの馬なりの走りはしてくれたかなと思います。それに、このひと追いで体が絞れてくると良いですね。来週の鞍上は調教でも跨っていただきました、三浦皇成騎手に依頼しています。」とおっしゃっています。

 

そして今回調教に乗って下さった三浦騎手は「27日の追い切りに乗せていただきました。跨った時から状態は良いなと感じていましたが、いざ調教で動かしてもその通り良い走りをしてくれました。前走時から水っぽさが解消されて、心身共に成長を感じているものの、これからの伸びしろはまだまだありそうですよ。体に余裕がありますので、今週併せ馬をした効果でしっかり絞れてくれば良いですね。」とおっしゃっています。27日の調教はタイムも上々ながら手応えが一杯の古馬2勝クラス相手に楽に追走先着と非常に良いものです。競馬ブックWebの短評でも↗評価で「豪快な伸び脚」となっています。新馬戦でコバルトウイングの時計を上回り、2着を9馬身も離して勝ったロンゴノットも出てくるようなので勝つのは簡単ではないと思いますが、頑張って勝利を掴み取って欲しいです。

 

ベッロコルサはトレッドミル、坂路コースでハロン16秒で調整を行なっています。厩舎長さんは「この中間も先週と同じメニューで坂路調教を続けていますが、疲れを見せることもなく、しっかり登坂していますよ。ここまで進めている限り、歩様に硬さが出ることはないですし、体調面は良好です。今の感じならペースを上げて行っても問題ないでしょうから、週末からより負荷を掛けていきたいと思います。馬体重は433kgです。」とコメントされています。時計が速くなってもしっかり登坂が出来て、それがしっかり実になっていくことを願うばかりです。来年の飛躍に期待しています。

 

ブリリアントコールはトレッドミル、坂路コースでハロン17秒を行なっています。厩舎長さんは「こちらに移動後はトレセンの疲れを取る為に軽めの運動に控えていましたが、目立った疲れはなく、飼い葉も食べていましたので、今週から調教を開始しています。こちらでは特に気が張ることもなくリラックスしていますし、調教でも落ち着いていますよ。週末にラスト1ハロン15秒まで脚を伸ばして、それでも問題なければ、来週から15-15を開始していきたいと考えています。馬体重は460kgです。」とコメントされています。しっかり調教を積んでパワーアップした姿でトレセンへ戻って来ることを期待しています。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM