出資馬の近況 2019.12.29

  • 2019.12.29 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

昨日で2019年の中央競馬日程が終了しました。今年度の成績は後日詳しくレビューしたいと思っていますが、26戦して3勝という成績でした。未勝利戦、1勝クラス条件戦、G鏡錣箸いζ睫ですが、前の年の2018年に比べれば物足りないなぁというのが正直なところです。来年2020年はより多くの愛馬が活躍できるように期待しています!

 

【5歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.10】:12/26に美浦トレセンへ帰厩、2020年第1回小倉開催に出走予定

 

【4歳馬】

ハウナニ【2.0.1.4】:ノーザンファーム空港で調整中

ブラストワンピース【6.0.0.5】:ノーザンファーム天栄で調整中、1/26の中山11R AJCC(G供房2,200mに出走予定

 

【2歳馬】

コバルトウィング【1.0.1.1】:ノーザンファーム天栄で調整中

ベッロコルサ【0.0.1.3】:12/22に栗東坂路で時計、12/25に栗東CWで時計、1/6の京都3R 3歳未勝利戦ダート1,400mに西村騎手で出走予定

ブリリアントコール:ノーザンファームしがらきで調整中

 

 

グラドゥアーレは12/26に美浦トレセンへ帰厩しました。小西先生は「26日にこちらへ帰厩させていただきました。先週牧場サイドと相談した結果、年明けの小倉開催を目標に進めていくことになりましたので、そこに向けてこれから調教を開始していきます。今のところ芝1,200m戦を予定しており、1勝クラスは毎週組まれていますので、焦らずに状態の上がってきたタイミングで出走させたいですね。」とおっしゃっています。中京競馬場までの遠征こそあれ、今回は九州までの輸送ですからね… 何とか長距離輸送を克服して成果を出して欲しいと思っています。

 

ハウナニは週3回屋内坂路コースでハロン13〜16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「来月初めの移動に向けて、この中間からはハロン13秒ペースで進めています。元々短距離戦線で活躍している馬ですから、スピード調教にはすぐに対応してくれています。来週は休みを設けて、心身共にリフレッシュを図ります。馬体重は500kgです。」とコメントされています。この感じだと2月頃には復帰が出来るかな… 楽しみです!

 

ブラストワンピースは週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「今週から週3回の坂路入りの内、2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後も力強いフットワークで駆け上がれており、段階を踏みつつ良い感じで仕上がってきている印象です。良い形で厩舎にバトンタッチ出来るよう、最後まで気を引き締めて調整していきます。馬体重は568圓任后」とコメントされています。ペースが上がったのに馬体重は前週から若干増えていますね、グッドコメントも並んでいるので調子が上向いてきたことを感じます。レースまでこのまま頓挫なく行って欲しいです。

 

コバルトウイングは週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「今週は週3回の坂路入りの内、2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。ハロン13秒にペースアップ後も、戸惑うことなくしっかりと対応できていますね。この感じで進められれば、あまり時間を置かずに次走に向けて進めていけるでしょう。馬体重は527圓任后」とコメントされています。こちらもペースが上がっても馬体重を若干増やしてきていますね。早くも14-13が出来ているように復帰は早そうな感じですね。早く2勝目を上げてオープンクラスへ出世できるように願っています。

 

ベッロコルサは12/22に栗東坂路良馬場で4F59.7-3F43.7-2F29.2-1F14.9を馬ナリで記録、そして12/25は栗東CW良馬場で6F82.0-5F66.6-4F51.6-3F37.8-1F12.6を馬場の6分どころを回り一杯に追って記録。2歳1勝クラス(一杯)相手の併せ馬で0.4秒先行して0.4秒遅れています。角田先生は「25日にCWコースで追い切りました。目立つほど動いているわけではないですが、この馬なりに時計を詰めてきていますし、最後までしっかり伸びているので、良くなってきていると思います。本数を重ねて動きが素軽くなってきていますし、来週の追い切りが余程悪くない限り、翌年の1月6日の京都・D1,400mに向かいたいと考えています。デビューから1,200mを主に出走させてきましたが、追走に苦労していましたから、距離を延ばして1,400mを試してみたいと思います。なお、ジョッキーは西村淳也騎手に依頼しています。」とおっしゃっています。相変わらず併せ馬では遅れますが時計は全体時計はマズマズなんですよね… できれば併せ馬でも先着、終いのキレをもう少しといったところではありますが最終追いがどれ位の時計で追ってくるのか楽しみにしています。

 

ブリリアントコールはトレッドミル、坂路コースでハロン14〜15秒を行なっています。厩舎長さんは「この中間も負荷を掛けてしっかり乗り込んでいますが、緩さがありながらもこの馬なりに動けていますし、馬体重も増えているぐらいですから、それだけ中身がしっかりしてきているのだと思います。ここまで順調に進められていますので、帰厩の予定が決まるまでこの調子で進めていきたいと思います。馬体重は452kgです。」とコメントされています。しっかり馬体重も増やしてきています。デビューに向けてはあとちょっとのところまで来ています。しっかり鍛錬してレースでは一発回答を規定しています!

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM