【ETSUMI】 カメラレインジャケット S

  • 2017.12.19 Tuesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:写真撮影機材

 

こんにちは!

 

私が住む後志地方では今の時期は雪が降ることも多く、函館本線山線で撮影するにあたってはカメラ本体やレンズを雪にあたらないように何か手を打たなければと考えていました。今まではスーパーのレジ袋をカメラの上から被せたり、タオルを乗せたりして対策をしていましたが、ちょうどネットショッピングのポイントが貯まっていたので、お値段もお手頃だったコチラの商品と引き換えをしてみました。

 

信頼のMADE IN JAPANETSUMIカメラレインジャケットのSサイズです!

 

ETSUMI カメラレインジャケット? S.JPG

 

キャッチコピーの「日本の風景、2日に1日は雨または雪。」というのがいいですねぇ。毎日カメラを手にしていたら182日は雨か雪にあたるというわけですな… それよりも私がこの商品に惹かれたのは、マイナス10度まで使用できる耐寒仕様だからです。マイナス気温で撮影することは多々あっても、マイナス10度以下で撮影をすることが何回あるだろうと考えたら十分な性能です。愛機K-3兇瞭虻酳歉擇皀泪ぅ淵10度までだし、良いコンビになりそう…

 

 

さて、早速パッケージから出してみます。

 

ETSUMI カメラレインジャケット? S 本体.JPG

 

コンパクトに折りたたまれています。この状態でカメラバッグに入れて運べばいいのかなと。

 

 

そして、実際にK-3兇鉾錣擦討澆泙靴拭

 

ETSUMI カメラレインジャケット? S 前面.JPG

 

伸縮するゴムで覆われたレンズ窓からレンズの先端部分を出し、レンズフードをつけてみました。フィルター径は49〜77mmまでが適合しています。カメラ本体はしっかり覆われていますし、しっかり雨雪からは守ってくれそうな感じです。

 

 

ETSUMI カメラレインジャケット? S 背面.JPG

 

後ろから見るとこんな感じです。ファインダーも問題なく覗けますし、もちろん、ライブビューにしても視認性はバッチリです。

 

まだ実戦で使用していないので何とも言えませんが、レンズ窓のゴムとレンズとは結構しっかりフィットするので、レンズをいじると、レインジャケットも一緒に回ってしまうので、そこがどうなんだろうということと、マイナス10度までいかない外気温ではレンズ窓のゴム部分がどれ位の柔らかさをキープ出来ているのだろうかという心配事はあります。前者の場合はある程度、構図とピントを合わせておけさえすれば、レンズを伸ばしたり縮めたりすることはそんなにないと思うので大丈夫なのかなぁと。後者はゴムが硬くなって、ジャケットの内側からレンズを出すのに難儀することはないのかなと思っています。

 

まだまだ冬は始まったばかり。寒くて当たり前の今の季節、それでもあちらこちらに撮影に行こうと思っていますので、これが役立つ機会は必ず出てくるはずです。出来れば天気が良くて、全く出番がないというのが一番理想的なんですが…(*´ω`*)

 

エツミカメラレインジャケットIIS E-6730

価格:1,674円
(2017/12/18 23:20時点)
感想(0件)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM