出資馬の近況 2018.2.4

  • 2018.02.04 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

この後、14:35からブラストワンピースがゆりかもめ賞に出走します。今年初の愛馬の出走、見事な勝利で飾って欲しいです!

 

 

【4歳馬】

グラドゥアーレ【1.3.0.5】:ノーザンファーム天栄で調整中、3/11 中京8R 芝1,400m 500万下条件戦に出走予定

サーブルノワール【1.0.1.5】:ノーザンファーム早来で療養中

 

【3歳馬】

ハウナニ【1.0.1.0】:ノーザンファーム空港で療養中

ブラストワンピース1.0.0.0】:本日の東京9R ゆりかもめ賞 芝2,400mに池添謙一騎手で出走予定

キューグレーダー【0.1.0.0】 :ノーザンファーム天栄で調整中、3/10 中山5R 芝1,800m 未勝利戦に出走予定

 

【2歳馬】

スイートウィスパー(ケアレスウィスパーの16):ノーザンファーム空港で育成中

アーティファクト(アンティフォナの16):ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレは週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も順調に来ており、調教強度を徐々に上げています。元々いくらか硬さがある馬ですが、今はあまり硬さが目立たず、状態の良さが窺えます。今後もこの調子で状態維持に努めていきます」とコメントされています。週1回の15-15が14-14となり、調教負荷が上がっています。馬体重も前週から4kg増えて503kg。コメント通り調子は良さそうなので、このまま順調にいって欲しいです。

 

サーブルノワールは週1回角馬場で軽めの運動、残りの日はトレッドミルでキャンターを行なっています。担当者さんは「引き続きトレッドミルでキャンターを行っていましたが、脚元の状態に変わりはなかったことから、この中間から軽めの騎乗運動をスタートしました。一歩ステップアップ出来たのは良かったですし、状態を見ながら徐々に乗り運動の回数を増やしていければと思います。」とコメントされています。2月に入って一歩前進が出来て良かったです。引き続きこのまま頓挫なく前進していって欲しいです。

 

ハウナニは週3回トレッドミルでダク5分、残りの日はウォーキングマシーンでの運動を行っています。担当者さんは「この中間に左後肢のレントゲン検査を行いましたが、状態に変わりなく経過に問題はないことから、この中間からトレッドミルでダクをスタートしています。一歩前進できてよかったですし、今後もよく脚元をケアしながら進めていきます。」 とコメントされています。サーブルノワールに続いてハウナニも少し前進が見られました。次に目指すはトレッドミルでのキャンターでしょうか。更新された写真を見るとだいぶ身体が緩んでいるように見えるので、少しずつ少しずつ鍛え治しですね…

 

ブラストワンピースはこの後の東京9R ゆりかもめ賞 芝2,400mに出走します。同じシルクの勝負服が本馬を入れて3頭、今年の3歳馬は勝ち上がりが多いので、レースでの鉢合わせはこれからも多く見られるでしょうね… 競馬ブックの大竹先生のコメントでは、右前肢に心配な点があるので、少しでも負担がかからない東京を待っていたとのことなので、狙いすました東京で好勝負を期待したいと思います!

 

キューグレーダーは週2回坂路コースで14-13、週1回15-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も先週と同様の調教メニューで調整を続けています。ここまで時間をかけたことで、馬体が回復し状態が上向いてきました。栗田調教師と打ち合わせたところ、中山3週目の芝1,800mを目指していくことになりました。」とコメントされています。次戦が決まりましたが、個人的には想定外の距離延長となりました。当日の重賞競走は中山競馬場で行われる中山牝馬Sのみ。ルメール騎手が重賞レースに乗りに来れば、引き続き手綱を取って頂けるかも… と淡い期待を持っていますがどうなりますか… 馬体重は527kgと前週より6kg増えました。

 

 

そして、月が替わって2歳馬の近況もアップデートされました!

 

スイートウィスパーは週3回屋内坂路コースでハロン17〜18秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も坂路での調教を中心に進めています。以前よりも力強さが増してしっかりとメニューをこなしています。馬体も調教を行う毎に無駄なものが取れて先月よりも毛艶がよくなってきました。コースに入ってキャンターをしているときは、真面目で折り合いもついており、跳びの大きい走りをしていますが、常歩などでは周りの様子を気にして立ち上がるような素振りを見せますね。性格に関してはキツいところが多々見られるので、特に注意していかなくてはいけないと思います。まだまだトモ高で、これからも更に成長していきそうですので、今後も坂路調教をメインに基礎となる部分をしっかり固めてからペースアップしていきます。」とコメントされています。性格のキツさが今後どのような影響を与えるのか少々心配ですが、これからの成長が楽しみなことに変わりはありません。馬体重は453kgと前回からは7kg増えています。

 

アーティファクトは週3回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター1〜2本、週1回はトレッドミルでキャンターを5分、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「引き続き一日置きの坂路調教をメインに調整を続けています。とても前向きで調教に対して真面目に取り組んでくれており、動きはだいぶ上向いてきました。まだ少し力む面はありますが、それも徐々に解消されてきています。馬体に関しても少しずつ大人びた体型になってきており、トモの筋肉にもボリュームが出始めてきました。脚元・体調ともに良好な状態です。この馬のセールスポイントは前向きな性格、それでいてコントロールが利くので、とても調教がしやすい点です。今後もいくらか力む癖を取りながら調整を続けていき、ペースアップを図っていきたいと思いますが、そろそろ15-15も始めていけると思います。」とコメントされています。早くも15-15の声が聞こえてくる位、順調に調整が進んでいるようです。馬体重は465kgで前回から10kg増えています。このまま順調にいって欲しいところです。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM