【Prius C】 レッカー搬送再び

  • 2018.02.19 Monday
  • 12:00

JUGEMテーマ:ハイブリッド車

 

こんにちは!

 

一昨日の晩、またもや愛車・Prius Cが会社の駐車場で動かなくなりレッカー搬送となりました…(*´Д`)

 

 

Prius C レッカー_180217.JPG

 

前回は車が普通に動き出した後、各種警告灯が突然点灯、右後輪がロックしたり回り出したり、真っ直ぐ走ることが厳しい状況になってレッカー搬送となりましたが、今回は警告灯類は一切点かず、両方の後輪がロックしていて前輪だけが動くという状況、そしてサイドブレーキは下ろしている状態から引っ張り上げることが出来ない状況でのレッカー搬送となりました。当日の外気温はマイナス10度。職場的には普通の寒さだし、今までマイナス20度以下の時でもこんなことにはならなかったのに、納車から5年経過、11万キロ超の走行ということで、劣化が進んでしまっているのかもしれません…

 

さてレッカーの方はといいますと、両後輪が全く動かないので、ギアを「N」に入れて後ろからウインチで引っ張る形で搬送車に載せるという、なかなか大変な作業でございました… 厄介なのはディーラーさんに到着して車を下ろそうとしたら、その時には両後輪は動くようになっており、普通に搬送車から下りていくという… そして引っ張り上げることが出来なかったサイドブレーキも普通に動くようになっていました。ディーラーさんに着いてからも動かない状態であれば、メカニックの方もどこが悪くて両後輪が動かなくなってしまっているのか判断がつけやすいでしょうに…  搬送車に揺られているうちに凍っていたサイドブレーキなのかリヤブレ―キなのか、振動で氷が割れて動くようになったのでしょうかねぇ…

 

そのまま前回見て頂いたディーラーさんに持ち込んで一晩預かって頂き、昨日、点検と対策を施して頂きました。点検の結果はリヤのブレーキ内の経年劣化や錆などで若干隙間が出来ていて、そこに入り込んだ水分が凍結して動かなくなってしまったのではないかということで、そこにグリースを補充するなどの対策を施して頂きました。前回の私のレッカーの後に同じような症状のアクアがピットインしたそうで、その時と同じ対策を施しましたとのことでした。また、サイドブレーキについても水分を飛ばし、凍結防止の対策を施しましたとのことです。これで同じようなことが起こるのであれば、サイドブレーキ自体の交換等になっていくようです。

 

まだまだ寒い季節が続きますし、不安は拭い切れてはいない状況ですが、今月3度目のレッカー搬送となることが無いように祈らずにはいられない状況でございます…

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM