【豊浦町】 天然豊浦温泉 しおさい

  • 2018.02.28 Wednesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:温泉に行こう

 

こんにちは!

 

最近は豊浦町にある礼文地区や大岸地区で列車撮影をすることが多いのですが、撮影終了後には冷えきった身体を温めるため、『天然豊浦温泉 しおさい』で入浴してから帰宅するというルーティンになっています。(*´ω`*)

 

豊浦温泉 しおさい.JPG

 

正面玄関の方から見るとわかりませんが、海の方から見ると建物は船の形をしているんです。

 

 

こちらの温泉には洋風タイプと和風タイプの大浴場があり、一日ごとに男風呂と女風呂が入れ替わります。露天風呂はもちろん、高温湯に低温湯、打たせ湯やサウナもあります。また、通常の入浴料に+1,000円の追加で1時間貸切できる家族風呂もあるんです。今回は浴槽に手すりがある「バリアフリータイプ」のお風呂に入ってみました。

 

豊浦温泉 しおさい 温泉分析書.JPG

 

脱衣所には温泉分析書が貼られています。泉質はカルシウム・ナトリウムー硫酸塩泉で泉温は40.1℃。個人的には理想的な温度ではあります。

 

 

豊浦温泉 しおさい 温泉インフォメーション.JPG

 

温泉分析書の横には各浴槽のインフォメーションと申しましょうか、加温や塩素殺菌の情報が開示されています。以前の私は循環濾過や塩素殺菌などをせず、温泉をそのまま浴槽に注いでオーバーフローさせている施設にこだわって入浴していたので、一部の施設を除き、こういった公共温泉に来ることはなかったのですが、今は保健所の指導で微量の塩素系薬剤を入れているところも多く、プールのレベルで塩素臭がしているところは2度と行こうとは思いませんが、そうでない施設であれば、まずは入ってみて肌がどんな感じになるのか確かめてみようという感じのスタンスに変わりました。

 

温泉のインフォメーションを見るとバリアフリータイプの家族風呂は塩素殺菌は行なっているものの、循環濾過はせず、温泉をそのまま注いでいることがわかります。

 

豊浦温泉 しおさい 家族風呂バリアフリータイプ.JPG

 

貸切風呂の中は洗い場が2ケ所、中に入ってみて塩素臭はしないのでホッと一安心…

 

 

豊浦温泉 しおさい 家族風呂バリアフリータイプ 浴槽アップ.JPG

 

温泉はやや薄緑色で、冷えた身体には最初は熱く感じますが、すぐに肌に馴染むので熱さは気にならなくなります。硫酸塩泉ということで湯上り後の肌はツルツルスベスベになります。貸切風呂は1人で入れば1,500円、2人で入れば2,000円で1人あたり1,000円、この値段で他人を気にせず良質な温泉に入ることが出来るなら安いなぁと思います。温泉・設備ともリピート利用したいと思えるクオリティです!

 

 

湯上り後は館内にあるレストラン「渚のしらべ」で鉄火丼を頂きました。

 

豊浦温泉 しおさい 鉄火丼.JPG

 

真ん中が盛り上がっていますが、これは刺身のツマでボリューム感を出しているって感じですね。新鮮で美味しい鉄火丼でした!他にもホタテの町として知られている豊浦町らしく、ホタテフライ定食やホタテカレーなど食べてみたいメニューがたくさんありました。入浴せずにレストランだけの利用もできますが、温泉に入ってランチして、大広間で昼寝して…といったルーティンで身体を休めることができるので、豊浦町での撮影の際はまた立ち寄ってみたいと思っています!

 

 

天然豊浦温泉 しおさい

住所:北海道虻田郡豊浦町字浜町109

電話番号:0142-83-1126

日帰入浴:10:00-21:00(最終受付20:30)

入浴料:中学生以上500円、小学生300円、3歳以上・就学前150円、3歳未満・保護者同伴で無料

宿泊:14:00-翌10:00

定休日:年中無休(機器メンテナンスの為に休業する場合あり)

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM