出資馬の近況 2018.3.10

  • 2018.03.10 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

この後、12:25にキューグレーダーが出走します! 昨日の昼の時点で芝は重馬場でしたから、どこまで馬場が回復しているかですね… 何とか勝ちを掴み取ってきて欲しいです!

 

 

【4歳馬】

グラドゥアーレ【1.3.0.5】:3/7に美浦坂路良馬場で時計、3/18 中京12R 豊橋特別 芝1,400mに柴山騎手で出走予定

サーブルノワール【1.0.1.5】:ノーザンファーム早来で調整中

 

【3歳馬】

ハウナニ【1.0.1.0】:ノーザンファーム空港で調整中

ブラストワンピース【2.0.0.0】:3/8に美浦南W稍重馬場で時計、3/24 阪神11R 毎日杯(G掘房1,800mに池添騎手で出走予定

キューグレーダー【0.1.0.0】 :3/4に美浦坂路良馬場で時計、3/7に美浦南W良馬場で時計、本日の中山5R 芝1,800m 未勝利戦に戸崎騎手で出走予定

 

【2歳馬】

スイートウィスパー(ケアレスウィスパーの16):ノーザンファーム空港で育成中

アーティファクト(アンティフォナの16):ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレは3/7に美浦坂路良馬場で4F54.1-3F39.7-2F26.7-1F13.9を馬ナリで記録。古馬1000万下(一杯)相手の併せ馬で0.6秒先行して1.2秒遅れています。小西先生は「7日に坂路コースで時計を出しました。終いの時計が少し物足りないところを見ると、まだ気持ち太いかなという感じですが、来週の競馬には態勢は整うでしょう。以前より馬体に実が入って、張りが出てきたように思います。来週の中京を予定していますが、鞍上は柴山騎手にお願いしました。」とおっしゃっています。それにしても今回の調教は内容、タイム共に良くないですね… ラップが14.4-13.0-12.8-13.9ということで、終いのラップが1秒以上遅くなっています。同厩で併せ馬の相手だったサラセニアは、本日の中山12Rに出走するので最終追いということになりますが、4F52.3-3F38.1-2F25.2-1F12.7とまずまずのタイム。気持ち太いというコメントもありますから、自身の次週の最終追いでは速いタイムを出してくるのか注目して見てみたいと思います。そして鞍上は柴山騎手になりました。昨年3/25の未勝利戦でも手綱を取ってくれましたが、この時は1番人気でしたが5着に敗れています。私自身も応援で中京競馬場に行っていたので思い出深いレースですが、今回はしっかりと勝利して名誉挽回をしてくれれば嬉しいです。

 

サーブルノワールは週3回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター1本、残りの日はトレッドミルでキャンターを行なっています。担当者さんは「ハロン17秒でも問題なく登坂できていましたので、この中間からさらにペースを上げてハロン16秒まで脚を伸ばしています。段階を踏みながら少しずつ負荷を強めていますが、脚元の状態は落ち着いていますよ。」とコメントされています。今週は坂路のラップタイムが早くなっており、毎週ごとにステップアップが出来ています。このまま順調に進んでいって欲しいです。

 

ハウナニは週3回トレッドミルでハロン25秒のキャンター3分、週2回トレッドミルでハロン30秒のキャンター5分、残りの日は軽めの調整を行っています。担当者さんは「この中間も同様のメニューで調教を行っています。さすがに運動量が多くないので、腹回りはゆったりと映りますし馬体も緩んでしまっているものの、馬体重は495圓帆芦鷏彗時に比べてそれほど変わらず調整することが出来ています。」 とコメントされています。今週は前週と同メニューでの調整でとてもゆっくりな調整といった感じですが、骨折箇所を鑑みて慎重な調整を行なっているのでしょう。まずは後退することなく調整が進んでいくことを願っています。

 

ブラストワンピースは3/8に美浦南W稍重馬場で5F69.8-4F53.9-3F39.1-1F12.6を馬場の6分どころを馬ナリで回って記録しています。大竹先生は「8日に南Wコースで時計を出しました。帰厩後初時計ですので、単走・馬なりでしたが、余力十分に動いていましたよ。状態面に問題はないので、目標のレースまであと2週間、しっかりと調整していきたいと思います。鞍上は引き続き池添騎手に依頼しています。」とおっしゃっています。帰厩後初時計にしては終いも12秒台中ほどですし、全体時計も悪くありません。良い調教だと思います。また、鞍上もデビューから手綱を取ってくれている池添騎手の予定ということでとても良かったです。このまま名コンビとして活躍していって欲しいなぁと思っています。

 

キューグレーダーはこの後の中山5Rに7枠13番から発走します。中山競馬場は開催が進んで馬場が少し痛んできている中で、昨日の降雨で更に馬場の悪化が見込まれ、枠入りも先入れの奇数番、前走から1ハロンの距離延長と厳しい条件の中でどういったレースをするのか注目です。競馬ブックWebでの栗田先生のコメントは「初戦は行きたがるところがあって、最後は少し甘くなった。ひと息入ったが帰厩後も順調だし、うまくタメが利けば。」となっています。好レースを期待しています!

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM