JR北海道 わがまちご当地入場券購入の旅 【釧路地方&網走地方 

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道

 

こんにちは!

 

SL冬の湿原号クリスタルエクスプレスの撮影は釧路湿原−細岡間にある「二瓶踏切」で行ないました。その撮影ポイントの近くにある「細岡ビジターズラウンジ」で釧路湿原駅のご当地入場券が販売されています。撮影終了後に立ち寄って購入しました。

 

JR北海道ご当地入場券  釧路湿原駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券  釧路湿原駅裏.JPG

 

釧路湿原−細岡間を走る「SL冬の湿原号」ではなく、DE10形ディーゼル機関車が牽引するという、ある意味ちょっとレアな「冬の湿原号」です。裏面には釧路湿原と細岡展望台、細岡ビジターズラウンジがデザインされています。

 

 

撮影後は標茶駅に行ってステイしているSL冬の湿原号を撮影しました。もちろんご当地入場券も購入します。

 

JR北海道ご当地入場券  標茶駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券  標茶駅裏.JPG

 

塘路−茅沼間を走るキハ54系普通列車と特別天然記念物のタンチョウが一緒に写っています。裏面は塘路湖をバックに釧路湿原を走る「SL冬の湿原号」です。構図から察するに「サルルン展望台」から俯瞰撮影したものと思われます。

 

 

続いて来訪したのは摩周駅です。ここではクリスタルエクスプレスがステイしていたので思いがけず撮影することができました。

 

JR北海道ご当地入場券  摩周駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券  摩周駅裏.JPG

 

川湯温泉−緑間を硫黄山をバックに走るキハ54系快速「しれとこ」がデザインされています。裏面には津別峠の雲海、硫黄山と摩周湖がデザインされています。

 

 

摩周駅の後は清里町駅→知床斜里駅と行きたかったのですが、この日の宿泊先である網走のホテルのチェックイン時間の関係で、浜小清水駅へショートカットしました。

 

JR北海道ご当地入場券  浜小清水駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券  浜小清水駅裏.JPG

 

原生花園−北浜間、オレンジに咲くエゾスカシユリの横を走るキハ54系普通列車です。裏面はラムサール条約登録湿地の濤沸湖の説明が書かれています。

 

 

そしてこの日の最後の購入は網走駅でした。

 

JR北海道ご当地入場券  網走駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券  網走駅裏.JPG

 

北浜−藻琴間、オホーツク海に浮かぶ流氷を横目に走るキハ54系+キハ40系(?)快速「しれとこ」です。北浜駅にある展望台から俯瞰撮影した写真ですね。私もこの構図でクリスタルエクスプレスを撮りたかったのですが、残念ながら北浜駅に到着した時には場所は埋まっていたので、止む無くホームからの撮影にしたのを思い出します。裏面は網走駅を発車する特急「オホーツク」号、旅愁が漂う素敵な写真です。

 

 

この日は釧網本線の5つの駅でご当地入場券を購入することが出来ました。ちょっと清里町駅と知床斜里駅が歯抜けの状態で残されてしまっているのが心苦しいですが、何かのついでで道東方面に行くとか、上手くタイミングが合えば来訪して買いたいなと思っています。

 

 

[DVD] SL 冬の湿原号

価格:3,986円
(2018/4/16 21:55時点)
感想(0件)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM