キハ183-0系 記念入場券購入の旅 その1

  • 2018.03.21 Wednesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道

 

こんにちは!

 

JR北海道では3月15日から『キハ183-0系 記念入場券』の発売を始めました。(*´ω`*)

 

これは、北海道専用として設計され、雪と寒さに強い特急車両として1981年10月の石勝線開業と共に運行を開始し、長い間大活躍した「キハ183-0系(基本番台)」が今年で引退することから、北海道内の17駅でその雄姿がデザインされた記念入場券を販売するというものです。

 

その17駅はといいますと…

 

北海道新幹線:木古内駅

函館本線:函館駅・大沼公園駅・森駅・長万部駅・倶知安駅・小樽駅・岩見沢駅・旭川駅

室蘭本線:東室蘭駅

根室本線:富良野駅・帯広駅・釧路駅・根室駅

石北本線:遠軽駅・網走駅

宗谷本線:稚内駅

 

それぞれ、デザインが違うので全駅コンプリートといきたいものです。

 

…と言ってはみたものの、販売期間が今年の10月31日までとなっているので、それまでに17駅を回って購入しなければいけないんです。後志地方在住の私にとってみれば、稚内駅や根室駅などの最果て駅に行くのは結構しんどいなぁと… また、釧路駅、網走駅はSL冬の湿原号クリスタルエクスプレスの撮影で1月下旬に行きましたし、大沼公園駅、森駅はそれこそ2月にキハ183-0系で運行されていた臨時特急 北斗の撮影時に行きましたし、旭川駅は先日、旭山動物園号の撮影の時に立ち寄ってきたばかりなので、もう少し早く発売開始されていれば良かったのになぁと思ってしまいましたよ… (*´Д`)

 

 

それでもやっぱりコンプリートしたい!と気合は十分。まずは一番近いところで小樽駅に行って購入してまいりました。

 

キハ183-0系記念入場券 小樽表.JPG

 

キハ183-0系記念入場券 小樽裏.JPG

 

小樽駅のデザインは『特急 北海』です!函館ー旭川間を結び、且つ函館本線山線を走る唯一の定期特急で、倶知安、小樽を経由し、札幌、旭川を結んでいた、最初から最後まで函館本線を走る特急でした。しかしながら1981年10月には函館ー札幌間に短縮され、残念ながら1986年10月には廃止されてしまいました。ヘッドマークは荒波(?)がデザインされており、銭函から小樽築港にかけては海沿いを走りますし、八雲から森にかけても海沿いを走りますから、このデザインはピッタリだと思います!

 

 

まずは1駅/17駅です。コンプリートへの道はまだまだ始まったばかり。取り敢えずは3月24日・25日でラストランを迎える旭山動物園号の撮影の際に岩見沢駅には立ち寄って購入したいなぁと…。他の駅も鉄道写真の撮影やご当地入場券の購入と絡めながら購入していきたいと目論んでいます!

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM