サーブルノワールに会ってきました!【Part 3】

  • 2018.04.09 Monday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

ノーザンファーム空港牧場でスイートウィスパーアーティファクトハウナニと見学した後は、ノーザンファーム早来牧場へ移動し、サーブルノワールと出資検討馬を見学してきました。

 

蟻洞の療養のため早来に戻ってきて、蟻洞が良くなってきたのも束の間、今度は種子骨靭帯が軽く損傷してしまい長めの療養となっています。

 

サーブルノワール_180401 (1).JPG

 

ここで会うのは3回目、次に会えるのが北海道開催のウィナーズサークルでというのが理想ですが…(*´ω`*)  すでに坂路の乗り入れも行なっており、15-15がしっかりこなせるようになれば本州へ移動の話も出てくるでしょうとのことでした。小島先生から本馬を引き継いだ和田勇介先生も牧場に何度も見に来ているそうで、結構期待されているのかなぁと。しっかり乗り込んで体を引き締めて、早くて6月の3回東京開催のダート2,100mで復帰できるかなぁって感じでしょうか。馬体重は520kgとのことでしたので、レースに出る時は休養前とそんなに変わらない馬体重になるのかもしれません。馬っぷりはかなり良いし、毛艶もすごく良かったので調子は良さそうです。

 

 

サーブルノワール_180401(2).JPG

 

一口馬主となってから最初の勝利をプレゼントしてくれたのはサーブルノワールでした。大好きだったサッカーボーイが母の父として名前があるのと、その馬っぷりの良さに惚れこんで出資を決めた1頭。記念に1枚撮って頂きました!

 

頓挫なく調整が進み、再びその雄姿を競馬場で見ることができるよう、期待して待っています!

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM