出資馬の近況 2018.5.6

  • 2018.05.06 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

ブラストワンピースの毎日杯優勝の記事を見るため、「優駿」5月号を購入しました。愛馬が「優駿」に堂々と載っているなんて嬉しいことこの上ありません。…と思っていたら良い事ばかりではなく… (*´Д`)

 

 

【4歳馬】

グラドゥアーレ【1.4.0.5】:ノーザンファーム天栄で調整中

サーブルノワール【1.0.1.5】:ノーザンファーム早来で調整中

 

【3歳馬】

ハウナニ【1.0.1.0】:ノーザンファーム空港で調整中

ブラストワンピース【3.0.0.0】:5/3に美浦トレセンへ帰厩、5/27 東京10R 東京優駿(G機砲肪單叉骸蠅能仭予定

キューグレーダー【1.2.0.0】 :5/3にノーザンファーム天栄へ放牧

 

【2歳馬】

スイートウィスパー(ケアレスウィスパーの16):ノーザンファーム空港で育成中

アーティファクト(アンティフォナの16):ノーザンファーム空港で育成中

フライトストリーム(レースパイロットの16):ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレは周回コースで軽めのキャンターを行なっています。担当者さんは「左トモの歩様にはだいぶ良化が窺えるので、この中間は周回コースで軽めのキャンターを始めています。今後も状態を見ながら徐々に運動量を増やしていきます。」とコメントされています。仕切り直しとなってから、少しずつでも前進が伺えるのが何よりです。馬体重は497kgで前週から1kg増えました。

 

サーブルノワールは週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター2本、残りの日はトレッドミルでキャンターを行なっています。担当者さんは「ハロン14秒へペースアップ後もいい意味で状態に変わりはありませんので、この中間から登坂回数を週3日に増やしています。いい脚取りで登坂できていますし、この調子で進められれば近々移動の声が掛かることになるでしょうから、精力的に乗り込んでいきたいと思います。」とコメントされています。速い時計での登坂回数が増えており順調さが伝わってきます。このまま順調にいけば5月中の移動が見えてきた感じがします。あとはこのまま順調に調整が進むよう祈るばかりです。

 

ハウナニは曳き運動のみとなってしまいました。担当者さんは「引き続き坂路コースでの乗り込みを中心に調教を進めていたのですが、この中間に左トモを跛行してしまいました。レントゲン検査を行ったところ、脛骨に骨膜が出ていることが確認されました。前回は外側に骨折線が確認されましたが、今回は内側に骨膜が見られるということです。坂路入りしてから順調に来ていただけに残念ですが、しばらくは曳き運動で様子を見ていくことになると思います。」 ここに来て大きな頓挫になりそうな気配が… 脛骨の骨膜炎でしょうか… とても心配です。酷いケガではないことを切に願っています。

 

ブラストワンピースは5/3に美浦トレセンへ帰厩しました。大竹先生は「3日に帰厩しました。前走後は放牧先でケアをしてもらいましたが、比較的疲労回復が早かったようで、早い段階から坂路で乗り込んでいたようです。こちらでも状態を確認しながら、ダービーに向けて進めていきたいと思います。」とおっしゃっています。少しずつ体質が強くなってきているのでしょうか、疲労回復が早かったというのは朗報です。あとはダービーに向けて順調に調整が進んでいけるよう願うばかりです。

 

キューグレーダーは5/3にノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。栗田先生は「レース後は両前の球節周りに疲れが出ました。念のため詳しく検査を行いましたが、骨や腱に異常はありませんでした。速い時計の決着の中、激走した反動が出たのでしょう。ポテンシャルはかなりのものがありますし、これからまだまだ良くなると思いますので、ここは無理せず一旦放牧に出してケアしてもらおうと思います。」とおっしゃっています。結構速いタイムで激走しましたから疲れがあっても無理もないと思います。ここはしっかりと疲れを取って次戦に臨んで欲しいと思います。次戦は古馬との対決になるかもしれませんしね…

 

スイートウィスパーは週2回坂路コースで16〜17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「リフレッシュ期間を経て、馬体重が戻ってきましたので、現在は坂路調教を再開しています。リフレッシュ前と同じくハロン16秒までペースを上げていますが、坂路での動きが以前よりも力強くなってきています。このペースでも余裕をもって登坂できるようになってきたので、日によっては終いハロン15秒まで伸ばして少しずつ慣らしているところです。更に週1回は周回コースで長距離を乗り込み、スタミナ強化を図っています。今後も成長を促しつつ調教を進めていきます。」とコメントされています。リフレッシュが功を奏したか嬉しいコメントが出ています。このまま順調にステップアップしていって欲しいです。馬体重は458kgと前回の更新から+13kg戻してきました。

 

アーティファクトは舎飼となってしまいました。担当者さんは「乗り込みを強化したことで、気持ちが入り過ぎてきている様子だったので、この中間は落ち着かせることに主眼を置いて周回コースをメインに坂路コースを併用して乗り運動を行っていたのですが、4月29日の調教後に右後肢の跛行が見られました。その日の午後から舎飼にて様子を見ていますが、数日経過しても良化が見られない場合は詳しい検査を行いたいと思います。」とコメントされています。これまで順調に進んできていたのですが、ここにきて右後肢の跛行を発生してしまいました。早期入厩ももしかしたらと思っていただけに痛い頓挫ですが、それよりも何よりも跛行の程度が心配です。次回の更新で程度の軽いケガであることを祈らずにはいられません。馬体重は460kgで前回の更新から1kg増加です。

 

フライトストリームは週3回屋内坂路コースでハロン13〜16秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「とても順調に来ています。ハロン13秒の調教メニューを消化していますが、併走すると抑えるのが大変なほどの行きっぷりの良さで登坂しています。ハミをしっかり取って体全体を使って走っているので、まだ細身ではあるものの馬体のバランスは整ってきており、軽快さもありながら力強いフットワークで走れるようになりました。背中やトモの筋肉も日増しに厚みが出てきていますし、気持ちも走る方に向いていて、心身ともに充実していることを感じます。5月生まれのため、もう少し時間がかかると考えていましたが、馬体重もこの負荷がかかりながら少し増えていますし、ここ最近の充実ぶりをみると産まれの遅さはまったく気にならなくなりましたね。これから成長を迎えるのにこの動きを見せてくれていますから、入厩後にどこまで伸びてくれるのか期待してしまいますね。」とコメントされています。出資している2歳馬3頭の中では一番充実したコメントが並んでいます。早期入厩、早期デビューを期待していますが、まずは無事に調整が進んでいって欲しいと思っています。馬体重は448kgで前回の更新から3kg増加です。

 

 

最近は近況がアップデートされる度に、愛馬に跛行のコメントが相次いでおり、とても切なくなります。ちょっと悪い流れになってきているのが心配ですが、馬も生き物である以上、アクシデントは100%回避できるものではないと言い聞かせて、流れが良くなるまでじっと我慢です。

 

 

優駿 2018年 05 月号 [雑誌]

新品価格
¥456から
(2018/5/5 21:00時点)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM