出資馬の近況 2018.5.13

  • 2018.05.13 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

スポーツ新聞各紙でダービー2週間前追い切りについての記事が出ていますが、ブラストワンピースも個別に記事になっていて、何だか誇らしく思います。また、Number Webでの大竹先生の記事も読みました。27日に向けていろいろと盛り上がりを見せてきたなと感じています。

 

 

【4歳馬】

グラドゥアーレ【1.4.0.5】:ノーザンファーム天栄で調整中

サーブルノワール【1.0.1.5】:5/11に美浦・和田勇介厩舎に入厩

 

【3歳馬】

ハウナニ【1.0.1.0】:ノーザンファーム空港で調整中

ブラストワンピース【3.0.0.0】:5/6に美浦坂路良馬場で時計、5/10に美浦南W稍重馬場で時計、5/27 東京10R 東京優駿(G機砲肪單叉骸蠅能仭予定

キューグレーダー【1.2.0.0】 :ノーザンファーム天栄で調整中

 

【2歳馬】

スイートウィスパー(ケアレスウィスパーの16):ノーザンファーム空港で育成中

アーティファクト(アンティフォナの16):ノーザンファーム空港で育成中

フライトストリーム(レースパイロットの16):5/10に美浦・高柳瑞樹厩舎に入厩

 

 

グラドゥアーレは週1回周回コースで5ハロンから15-14、週1回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「周回コースで乗り運動を始めてからも、歩様に変化は見られないので、先週末に坂路コースでハロン15秒の調教を行い、今週は周回コースでハロン15秒から14秒の調教を行いました。トモに不安が出たので、今後は周回コース中心に進めていく方がいいでしょう。馬体は少し緩んでしまったので、もう少し乗り込みが必要ですが、6月の東京開催には間に合わせたいですね。」とコメントされています。前回のレース(豊橋特別)の勝ち馬であるグランボヌールは5/5の東京芝1,400mで早くも1,000万下条件戦を勝ち上がりました。5馬身ちぎられたのはある意味仕方なかったのかもしれません。本馬も500万下条件戦では十分勝ち負けできると思いますので、6月の東京で走れるように調整が上手く進めばいいなと思っています。馬体重は497kgで前週から変わりはありません。

 

サーブルノワールは5/10にノーザンファーム天栄へ移動し、5/11に美浦・和田勇介厩舎に入厩しています。和田先生は「11日にこちらへ入厩させていただきました。北海道からの輸送でしたし、まずは移動の疲れを取るところから始めていきます。休養期間が長くなりましたし、脚元のこともありますので、ここと予定は決めず無理せずじっくりと立ち上げていきたいと思います。」とおっしゃっています。まずは移動が無事に済んでホッとしています。あとはじっくり調教を積んでレースに臨んでいけたらと思います。6月の東京ダート2,100m戦で復帰なのかなぁと勝手に想像していますが、まずはケガすることなく調整が進むことが一番です。

 

ハウナニは引き続き曳き運動での調整を行なっています。担当者さんは「その後も曳き運動を続けています。軽めのメニューで様子を見ていることから、歩様の方は悪化することなく調整できています。運動量が落ちてしまいましたが、精神的にも大きく昂ることなく毎日を過ごすことが出来ています。」 骨膜の事は書かれていないのがちょっと気になりますが、歩様は悪化はしていないようですので、このまま様子見ということなんでしょうか。前週からは平行線という感じだと思いますので、ここから少しずつでも前進できるよう願っています。

 

ブラストワンピースは5/6に美浦坂路良馬場で4F64.1-3F47.4-2F30.9-1F14.7を馬ナリで記録。これは帰厩後最初の時計なので足慣らしといった感じ。そして5/10は美浦南W稍重馬場で5F69.1-4F53.1-3F38.9-1F13.1を馬場の6分どころを回って馬ナリで記録。こちらも最初のウッドコースでの追い切りですし、軽めのタイムで十分と思います。大竹先生は「10日に南Wコースで追い切りを行いました。帰厩後、初めての南Wコースでの追い切りですし、単走・馬なりで行いましたが、いい意味でいつも通りの走りを見せてくれました。早く走りたい気持ちが強いのでしょう、ウォーミングアップの馬場入りの際、気が焦ってダクやハッキングになってしまわないよう、一人スタッフを横に付けて曳くようにする等、工夫して進めています。脚元にも特に問題は見られませんし、徐々に負荷を強めた調教へ移行していきたいと思います。」とおっしゃっています。今週も順調に調整が行なわれているコメントでホッとしています。いろいろとダービーを勝つための工夫もされていらっしゃるようですし、本馬に対する大きな期待も感じられます。恐らく来週の1週前追い切りとなるウッドコースでの追い切りでは負荷をかけてくるのではないかと想像しています。とにかく無事に調整が進んでいってくれるよう願っています。

 

キューグレーダーは週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「入場後は疲労回復に努めていましたが、9日から坂路調教を開始しました。レース後に球節に疲れが出たようですが、こちらでチェックしたところ特に変わりはなかったので、すぐに落ち着いたのでしょう。ただ歩様には硬さがありますので、時計の速い中、頑張って走った疲れがありそうです。引き続きケアを行いながら、調整を続けていきます。」とコメントされています。まだ緩めの登坂ですが、ここから少しずつペースアップをしていければと思います。6月の東京最終週に組まれている芝1,400m戦で復帰かなと勝手に思っていますが果たして… もしかしたらグラドゥアーレと同じレースになんてことがあるかもしれませんね… 馬体重は522kgです。

 

フライトストリームは5/8にノーザンファーム天栄へ移動し、5/10に美浦・高柳瑞樹厩舎に入厩しています。高柳先生は「10日の検疫でこちらに入厩させていただきました。まずは輸送の疲れがないかどうかよくチェックさせていただき、問題なければ翌日から調教を始めていく予定にしています。トレセンの環境に慣れさせつつ、まずはゲート試験合格を目標に進めていきたいと思います。」とおっしゃっています。まずはゲート試験に合格しないと始まりませんから、早く美浦の環境に慣れて、ケガすることなくゲート試験に合格して欲しいと思っています。

 

 

次週はケガの程度が気になるアーティファクトの近況もアップデートされます。酷いケガではないことを切に願っています。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM