出資馬の近況 2018.5.27

  • 2018.05.27 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

6月は各馬が順調であれば3週続けて愛馬の出走がある月になりそうです。今年の3月にも同じことがあり、その時は重賞勝ちを含み3戦2勝2着1回と好成績でした。今回もこれに習って、好成績を収めてくれることを期待したいと思います。

 

 

【4歳馬】

グラドゥアーレ【1.4.0.5】:ノーザンファーム天栄で調整中、6/23 東京12R 500万下条件戦 芝1,400mに出走予定

サーブルノワール【1.0.1.5】:5/20と5/23に美浦坂路良馬場で時計、6/16 東京7R 500万下条件戦 ダート2,100mに出走予定

 

【3歳馬】

ハウナニ【1.0.1.0】:ノーザンファーム空港で調整中

ブラストワンピース【3.0.0.0】:5/20に美浦坂路良馬場で時計、5/23に美浦南W良馬場で時計、本日の東京10R 東京優駿(G機砲肪單叉骸蠅能仭予定

キューグレーダー【1.2.0.0】 :ノーザンファーム天栄で調整中、6/9 東京12R 500万下条件戦 芝1,400mに出走予定

 

【2歳馬】

スイートウィスパー(ケアレスウィスパーの16):ノーザンファーム空港で育成中

アーティファクト(アンティフォナの16):ノーザンファーム空港で育成中

フライトストリーム(レースパイロットの16):5/20に美浦坂路良馬場で時計、5/23にゲート試験合格

 

 

グラドゥアーレは週2回周回コースで5ハロンから14-13、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も周回コースでしっかり負荷をかけています。やや硬さがあるものの、順調に乗り込むことができています。この調子で行けば、次開催の東京最終週の芝1,400mに間に合うでしょう。」とコメントされています。調整は順調そうですし、正式に次走予定も発表になりました。あとは頓挫なく調整が進んでいくことを願うのみです。馬体重は499kgと前週より2kg減です。

 

サーブルノワールは5/20に美浦坂路良馬場で4F60.5-3F42.8-2F27.6-1F13.6を馬ナリで記録。そして5/23には美浦坂路良馬場で4F56.1-3F40.9-2F27.4-1F14.1を馬ナリで記録。追うごとに時計は詰めていますがまだまだ時計としては遅いので、もう少し時間が掛かりそうです。和田先生は「23日に坂路コースで追い切りを行いました。美浦の坂路コースはゴール後が下り坂になっていて、脚元にあまり負担が掛からないよう早めに止めに入るようにしていますので、ラスト一ハロンの時計はあまり出ていませんが、それ以外はしっかりと走れていますし問題ないですよ。脚元に関してもここまで進めている限り、悪化せずに維持することが出来ています。これまでの成績や脚元のことを考えても、未勝利戦で勝ち星を挙げている東京のD2,100m戦で復帰させる方向で考えています。」とおっしゃっています。もしかしたら初勝利の舞台である東京ダート2,100mを使ってくるかなと思っていたらその通りの発表となりました。降級馬や斤量の軽い3歳馬もいるし、自身も長期休養明けの一戦となりますから、あまり過度な期待はせずにまずは叩き台として無事に使えればいいなと気楽な感じで構えています。この後の調教過程を注目して見ていたいと思います。

 

ハウナニは週6回ウォーキングマシンでの調整を行なっています。担当者さんは「ウォーキングマシンスタート後も脚元の状態に変わりはありませんので、この中間から週6日に増やしています。運動量がそれほど多くないこともあり、馬体重は514圓帆芦鷏彗時に比べて増えてしまっているので、よく気を付けながら進めていきたいと思います。」とコメントされています。前週からはまた一歩進みましたが、脚部不安があるだけに馬体重の増加が気掛かりです。まずはケガなく調整が進んでいけるよう願っています。

 

ブラストワンピースはこの後の東京10R 東京優駿(日本ダービー)に出走します。土曜競馬中継でも多くの◎を頂き、前売り段階では堂々の2番人気です。デイリースポーツの記事によると25日も美浦坂路で軽く時計を出したようです。大竹先生も「少し太いといえば太いかなという気はする」とのコメントを出されていますが、逆に競馬ブックWebのコメントを見ると「自在性があるから枠は特に気にしていなかったが、ここなら良さそうだ。調教後の体重は増えているが、動きはいいから気にしていないし、レースでは前走に近い数字になると思う。レースを使うと背腰に疲れが残る馬だが、ようやく芯が出来て回復が早くなっている。精神面の成長も窺えるし、G気里海海任發いし覯未魎待している」と書かれています。池添騎手もこの日はダービーと同条件・芝2,400mの青嵐賞とダービーしか騎乗しませんし、これは明らかにダービーを見据えてといいましょうか、そこに集中しているという意気込みみたいなものを感じています。

 

いずれにしても無事にケガすることなく走ってくれて、頑張って走った結果がダービーウィナーとなってくれれば、こんなに嬉しいことはありません。頑張れ!ブラストワンピース

 

キューグレーダーは週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も週3回の坂路調教でしっかりと負荷をかけています。栗田調教師からは来週早々にも帰厩させると連絡がありましたので、こちらでもしっかりと乗り込み、それに備えたいと思います。」とコメントされています。前週のコメントで近日中に帰厩とあったのに、帰厩したというアップデートがなかったので、何かあったのかと心配していたところでした。6/9に出走ですから、ほとんど10日競馬みたいな感じで、天栄でおおかた仕上げておいて、最終調整を美浦で整えてといった調整ですね。古馬との斤量差を活かして勝利を掴み取って欲しいです。馬体重は527kgで前週からは2kg増加です。

 

フライトストリームは5/20に美浦坂路良馬場で4F61.2-3F44.7-2F29.7-1F15.2を馬ナリで記録。入厩後の最初の一本なので、これは足慣らし程度で十分と思います。また、ゲート試験は5/23に合格をしております。高柳先生は「その後もゲート練習を中心に調教を進めていましたが、枠入り・駐立に問題はなく、出の方も徐々に上達してきていたことから、23日にゲート試験を受けたところ無事に合格することが出来ました。入厩後はやや体温の高い状態が続いたこともありましたが、いったん落ち着いてからは特に体調面に問題はありませんし、今の時期の2歳にしてはしっかりしている印象です。最終的にはもう少し速目の時計を出し始めてから決めたいと考えていますが、今のところこのままデビューに向けて進めていきたいと思っています。どちらかと言うと気のいいタイプではありますし、芝の短めの距離でデビューさせるのがいいのかなと考えています。当初は口向きに難しいところがあったのですが、舌を出して走っていたので舌を縛ってみたところ、コンタクトが良化しました。」とおっしゃっています。まずはゲート試験に合格ということで第一関門突破です!あとは放牧に出さずにそのまま在厩でデビュー戦を目指していく予定ということで、順調に調整が進み、無事にデビューできるその日を楽しみに待っていたいと思います。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM