【調教チェック】 キューグレーダー 18.6.9 東京12R 500万下条件戦出走

  • 2018.06.08 Friday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

今週から3週連続で愛馬が出走する予定です。その先陣を切って明日の中山12R 芝1,400m 500万下条件戦に7枠13番から2勝目を目指して出走するのはキューグレーダー。フルゲートの18頭立てと頭数は揃っているものの、勝って同条件という降級馬は1頭しかいませんし、前走で馬券に絡んだ馬もキューグレーダー以外に4頭いるだけで、割とメンバーには恵まれた感じがします。鞍上もルメール騎手を手配できたということもあり、ここは勝負気配が伝わってきます。それでは調教を見てまいりましょう。

 

まず6/2に美浦南W良馬場で6F86.0-5F69.3-4F53.9-3F39.2-1F12.5を馬場の9分どころを馬ナリで回って記録。そして最終追切は6/6に美浦南W良馬場で5F67.2-4F51.8-3F38.2-1F13.1を馬場の7分どころを馬ナリで回って記録。格上の1000万下(直強め)相手の併せ馬で0.3秒追走し0.1秒先着してます。帰厩してから10日競馬となりますが、馬ナリながらも時計は2本出せていますし、天栄ではしっかり乗り込んできているでしょうから、時計もマズマズで十分すぎる位の調教だと思います。

 

栗田先生は「6日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はキューグレーダーが追走し、直線で内に併せて追い出しに掛かると、スッと脚を伸ばして先着してくれました。格上馬相手に見劣りせず動きは良かったと思いますし、先週末の追い切りから馬具を変えてみたのですが、その効果もあって鞍上としっかりコンタクトを取れつつも前向きさはちゃんと保てていて、走りには躍動感がありましたね。10日競馬にはなりますが、ノーザンファーム天栄でも十分に乗り込んでもらっていましたし、週末もウッドコースで時計を出しており、状態的にも特に不安なところはありません。鞍上にルメール騎手を確保できましたから、初めての古馬との対戦となりますが、ここはきっちりと決めてもらいたいところですね。」と前回同様、勝ちを意識したコメントを出されています。前走で早い時計にも対応していますし、ここはアッサリと勝ち上がってくれることを期待したいです。あと心配なのは天気だけですね。雨で極端な馬場悪化にならなければいいなぁと思っています。

 

他の出走馬で好調教だなと思うのは、1週前の追い切りで稍重の南Wで前回よりもタイムを詰めてきているグランドピルエット、そして美浦坂路での時計がマズマズだったハイヤーアプシスといったところでしょうか。

 

初の古馬相手でも、54kgの軽量を活かしての好レースを期待しています!

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM