出資馬の近況 2018.8.5

  • 2018.08.05 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

今日はグラドゥアーレが新潟12Rに出走をするのですが、秘かに今年の桜花賞・オークスを勝った2冠馬・アーモンドアイを相手にデビュー戦で勝利したニシノウララが出走しているんですね… 着外の3戦も掲示板は確保していますし、2歳重賞とはいえG4着でもありますから、ちょっとあなどれない相手かもしれません。

 

 

【4歳馬】

グラドゥアーレ【1.4.0.5】:7/29と8/1に美浦坂路で時計、本日の新潟12R 500万下条件戦 芝1,400mにC・ルメール騎手で出走予定

サーブルノワール【1.0.1.6】:8/2に美浦トレセンへ帰厩、8/18 札幌8R 500万下条件戦 ダート2,400mに出走予定

 

【3歳馬】

ハウナニ【1.0.1.0】:ノーザンファーム空港で調整中

ブラストワンピース【3.0.0.1】:ノーザンファーム天栄で調整中、9/2 新潟11R 新潟記念(G掘 芝2,000mに池添騎手で出走予定

キューグレーダー【2.2.0.1】 :ノーザンファーム天栄で調整中、第4回東京開催に出走予定

 

【2歳馬】

スイートウィスパー:ノーザンファーム天栄へ調整中

アーティファクト:ノーザンファーム空港で育成中

フライトストリーム:7/29と8/1に美浦坂路で時計、8/12 新潟5R メイクデビュー 芝1,600mに出走予定

 

 

グラドゥアーレは今日の11:00の時点で3番人気、でも1番人気が6.2倍と大混戦の模様です。昇級してからも掲示板は外していませんし、鞍上も強化されてながら6倍以上のオッズは結構美味しいかも… 調教がイマイチなのが嫌われているのでしょうか。これからオッズは下がってくるのかもしれませんが、ここは好勝負を期待しています!

 

サーブルノワールは8/2に美浦トレセンへ帰厩しました。和田先生は「ノーザンファーム天栄でも脚元の状態は落ち着いていたということでしたので、2日にこちらへ戻させていただきました。札幌4週目にダートの長距離戦が組まれていますので、そこを目標に明日から調整をスタートしていきたいと思います。」とおっしゃっています。レースまであと2週間、ここから函館 or 札幌競馬場に移動して調教するのか、美浦で調教して直前に移動するのかはわかりませんが、このまま順調なら愛馬が初めて地元の競馬場で走ることになります。長期休養明けを叩いての2戦目、前走よりは走れるのではないかと勝手に期待をしていますが、前走時のような緩い調教では不安が拭い切れないので、どこまで攻め切れるか注目して見ていたいと思います。もちろん、口取りは申し込む予定でいます。とても楽しみです。

 

ハウナニは週3回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本、残りの日はトレッドミルでハロン30秒のキャンター5分を行なっています。担当者さんは「この中間からさらに坂路コースでのペースを上げ、現在はハロン15秒まで脚を伸ばしています。さらに登坂回数を週3日に増やして、全体的な負荷を強めていますが、脚元を含めて疲れが出ることはありませんし、最後まで手応え良く登坂することが出来ています。」とコメントされています。良い感じで今週もステップアップしています。この調子であれば年内復帰もできそうかなと勝手に思っていますが… このまま順調にいって欲しいです。

 

ブラストワンピースは週2回坂路コースで14-13、週1回15-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「引き続き順調に調教を消化しています。疲れを溜めないようにメリハリをつけながら調教を行っていますが、ここまで夏バテすることもなく、良い状態を維持しています。そろそろ声がかかると思いますので、このまま状態維持に努めていきます。とコメントされています。猛暑の中ゆえ、1本は少し遅めの時計での調整にしているのでしょうか。レースまであと1ヶ月を切ったところで、鞍上は引き続き池添騎手と発表されました。いよいよ臨戦態勢に入ってきた感じでワクワクします。帰厩まで順調に進むことを切に願っています。馬体重は546kgと前々週から7kg絞れました。

 

キューグレーダーは週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も坂路調教を続け、ハロン14秒までペースを上げています。栗田調教師とは『東京開催を目標に進めていきましょう』と話しているので、あまり緩めないように調整をしていきます。」とコメントされています。中山開催をスキップして東京開催まで待つということは芝1,400m戦への出走を考えているのでしょうか。そうだと仮定した場合、1000万下条件の芝1,400m戦は10/14の神奈川新聞杯と10/27の国立特別のどちらかです。どちらも特別戦なので骨っぽい相手との戦いになりそうですが、まずはしっかり天栄で鍛えてレースを迎えて欲しいと思います。馬体重は523kgで前々週から4kg増加しています。

 

スイートウィスパーは週1回坂路コースで14-14、週1回15‐14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「だいぶ疲れが取れてきたので、この中間は坂路調教を開始しています。全体的にまだ弱いところがあり、あまり急ピッチで進めていくことはできませんので、馬の状態を見ながら段階を踏んでペースを上げていきたいと思います。」とコメントされています。しっかり坂路で調整して成長を促しつつ、体力強化に励んでいって欲しいです。馬体重は452kgです。

 

アーティファクトは週4回周回コースで軽めのキャンター3,200m、残りの日はトレッドミルでキャンター3分を行なっています。担当者さんは「7月下旬から乗り運動を開始しました。今のところトレッドミルと併用し、周回コースで軽めのメニューですが、まだトモの緩さは感じるものの許容範囲ではあるので、このまま乗り運動を継続していきます。乗り運動を行わない期間が長かったので、背中の肉が落ち、腹回りが緩んでいるので、しばらくは周回コースを中心に乗り込み、しっかりしてくるのを待ちたいと思います。」とコメントされています。乗り運動が出来るまで回復してきました。この調子で少しずつでも前進していって欲しいです。馬体重は476kgで前回から5kg増えました。

 

フライトストリームは7/29に美浦坂路不良馬場で4F59.9-3F44.6-2F29.5-1F14.9を馬ナリで記録、そして8/1に美浦南W良馬場で5F69.4-4F53.2-3F39.0-1F13.3を馬場の8分どころを手応え一杯で回って記録、古馬1000万下(馬ナリ)相手の併せ馬で2.0秒先行し0.5秒遅れています。合わせた相手は本日のレパードSに出走する馬ですし、先々週に引き続いて格上相手の併せ馬で遅れをとってしまっているのは少々大目に見たとしても、時計はもうちょっと早いところが出ていればなぁと…。高柳先生は「1日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はフライトストリームが先行し、直線で外に併せると最後は遅れてゴールしています。前半から促し気味に進めていく形でしたし、直線で追い出してもハミをグッと取らないと言うか、ハミが抜け気味になってしまって、もう一つギアが上がってきませんでしたね。それでも息の戻りなんかを見てもバテているわけではないので、おそらくワンペースなタイプなのでしょう。でも先週に比べると動きは上向いてきていますし、この馬なりに順調に調整することが出来ています。」とおっしゃっています。レースまであと1週間、最終追い切りに注目です。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM