【調教チェック】 フライトストリーム 18.8.12 新潟5R メイクデビュー出走

  • 2018.08.11 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

明日の12:30発走の新潟5Rでデビューを迎えるフライトストリーム、内過ぎず外過ぎずの6枠11番からの発走です。中間の調教では格上相手の併せ馬でいつも遅れていますが、今週の調教はどうだったか見てまいりましょう。

 

まず8/5に美浦坂路良馬場で4F60.3-3F45.3-2F29.6-1F14.5を馬ナリで記録。最終追い切りは8/8に石橋騎手を背に美浦南W稍重馬場で4F52.8-3F39.1-1F13.4を馬場の6分どころを回り一杯に追って記録、三歳未勝利馬(馬ナリ)相手の併せ馬で0.6秒追走し0.2秒遅れています。JRAレーシングビュアーの調教映像では行きっぷりは悪くなく、直線に入ってすぐに先に出るかという勢いもあったのですが、一杯に追われてからの伸びが今一歩という感じで、馬ナリの相手に差をつけられてしまっています。これでとうとう併せ馬で同入や先着することなくレースに出走するということになってしまいました…

 

高柳先生は「8日に南Wコースで追い切りました。デビュー戦の騎乗を依頼した石橋脩騎手に、追い切りにも騎乗してもらい、併走馬を追走から内に併せる形で行いました。ゲート試験後に比べると、だいぶ動けるようになっています。ただまだトモがしっかりしていなくて前輪駆動の走りなので、後半もペースが上がらずワンペースの走りになっています。ですから、なるべく前に付けたいところですが、ゲートの反応自体それほど速くないですし、練習ではゲート内で立ち上がろうとする素振りも見せるので、レースまで練習をしっかり行っていきます。」とおっしゃっており、ゲートの出にもまだ不安があるということで心配の種は増えるばかり…

 

またデビュー戦の手綱を取る石橋騎手は「トモにまだ力が付いていなくて、前だけで走っている感じなので、後半にしんどくなってくるとダラッとなってしまいます。馬場入りなどで自分でグッと燃えてしまうところがあるものの走り出せば問題なく、気持ちもありますし、他馬を気にせずに馬体を併せていくことも出来るのですが、体がまだ付いてこない感じです。ゲートを上手く出て、集団で競馬ができれば一緒に付いて回ることは出来ると思いますが、出遅れてポツンと一頭になった時に止めてしまうかもしれないので、ゲート内は気を付けて上手くスタートを切れるように心掛けたいと思います。正直、初戦からという感じではないですが、これからトモがしっかりしてくれば、変わってくると思いますよ。」とおっしゃっています。コメントからはとても勝ちをを意識できるフレーズはなく、まずはレースを使ってみてどうかといった感じなのかもしれません。

 

調教からはキレる脚があるようには思えないので、ある程度先行してそのまま粘り込むといったイメージでしょうか。正直、勝つというイメージが湧いてこないのと、良くて掲示板、希望としては半分より上の着順の8着までには入って欲しいと思っています。もしかしたら芝の上ではとんでもない走りを見せてくれるかもしれないと、期待3割・不安7割といった力加減でレースを見守りたいと思っています (・´з`・)

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM