出資馬の近況 2018.11.4

  • 2018.11.04 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

11月を迎え、2018年も残すところ2ヶ月となりました。今月は順調にいけばスイートウィスパーがデビューを果たしそうなのでとても楽しみにしています。

 

 

【4歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.5】:10/31にノーザンファーム天栄へ放牧

 

【3歳馬】

ハウナニ【1.0.1.1】:ノーザンファーム天栄で調整中

ブラストワンピース【4.0.0.2】:ノーザンファーム天栄で調整中

キューグレーダー【2.2.0.1】 :ノーザンファーム早来で舎飼、10/31に両膝の骨片摘出手術を行なって、無事に終了

 

【2歳馬】

スイートウィスパー:11/1に美浦南Wで時計、5回東京開催でデビュー予定

アーティファクト:11/1にノーザンファーム天栄へ移動、11/2に美浦・古賀慎明厩舎へ入厩

フライトストリーム【0.0.0.3】:11/2にノーザンファーム天栄へ放牧

 

 

グラドゥアーレはいつもの通り(?)10/31にノーザンファーム天栄へ放牧に出ました。小西先生は「レース後は脚元に大きな問題は見られません。ただ頑張って走ってくれたからか、少し歩様に硬さが見られますね。無理せず早めにいったんリセットした方が、次に向けて調整を進めていきやすいですし、31日にノーザンファーム天栄へ移動させていただきました。牧場での状態を見ながら、具体的な予定を検討していきたいと思います。」とおっしゃっています。次走こそは何とか勝ち切って欲しいと思っていますので、しっかりと疲れを取って次走へ向かっていって欲しいと思います。

 

ハウナニは週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「今週も同様のメニューを行っています。コンスタントに乗り込んでいますが、トモに疲れが出たりすることもないので、この調子で進めていけそうです。少し行きたがるところがあるタイプですが、坂路での走りを見るとそういったところも少しずつ良化してきているように思います。馬体重は494圓任后」とコメントされています。順調さが伝わってきます。次走に向けてこのままの調子で進んでいって欲しいなと思います。馬体重は前週から3kg減っています。

 

ブラストワンピースは週1回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「先週一杯は軽めの調整で様子を見ていましたが、背腰や脚元に大きな痛みは見られないので、今週から乗り出しを開始しています。帰場当初は体が少し寂しく映ったものの、以前に比べるとレース後のダメージは少なくなっているように思いますし、そういった意味ではこの馬なりに成長してくれているのでしょう。馬体重は546圓任后」とコメントされています。早くも坂路での乗り入れが始まっているので、割と順調そうです。この調子でいけば小回り右回りの懸念はあるものの、有馬記念出走の可能性もあるなと… 次走予定が出るのを楽しみに待っています。

 

キューグレーダーはノーザンファーム早来で舎飼されており、10/31に社台ホースクリニックで両膝の骨片摘出手術を行ない、無事に終了しています。担当者さんは「25日にこちらへ無事に到着しており、特に体調面に問題は見られず、社台ホースクリニックの都合もついたことから、31日に手術を行いました。右前膝の骨折に加え、こちらでの術前の検査で左前膝にも骨折が判明したため、両膝の骨片摘出手術を行い、無事に終了しています。しばらくは舎飼で安静にして、術後の経過を診ていく予定となっています。」とコメントされています。何と!左前脚の膝も骨折していたとは… 驚きを隠しきれません。だいぶ休養が長くなりそうな感じですが、しっかりケガを治してまたターフに戻ってきて欲しいと願っています。少し落ち着いたところで牧場へ様子を伺いに行ってみたいと思っています。

 

スイートウィスパーは11/1に美浦南W良馬場で3F42.4-1F13.9を馬場の8分どころを馬ナリで回って記録、同じ2歳新馬(強め)相手の併せ馬で同入しています。萩原先生は「こちらに移動してきてからも飼い葉は食べていますし、体調面に問題はなかったので、1日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。まだ軽めのところではありますが、想定していたよりも素軽い走りを見せてくれました。ただまだ全体的に非力感がありますし、これから時計を詰めていった時にどれだけ動けるかというところではありますね。もう少し本数を積んでから、デビューの予定を組んでいきたいと考えています。」とおっしゃっています。帰厩後最初の調教は時計こそ見どころはありませんが、強めに追っている新馬を尻目に、馬ナリで相手をしていることを鑑みると、時計は緩めながらもマズマズな調教なのかもしれません。帰厩後の初時計ですし、悪くはないと思っています。来週の調教も楽しみです。

 

アーティファクトは11/1にノーザンファーム天栄へ移動し、11/2に美浦・古賀慎明厩舎へ入厩しました。NF空港の担当者さんは「馬体に頼りないところはありましたが、坂路調教では手応え良く登坂しており、良い動きを見せていましたよ。他馬を気にすることなく集中力を保った走りが出来ていました。疲労感はなくとても良い状態で送りだすことが出来ました。」とコメントされており、また、古賀先生は「2日にこちらへ入厩させていただきました。長距離輸送でしたし、今日はゆっくり体を休ませてあげたいと思います。まずはこちらの環境に慣れさせてゲート試験に向けて調教を進めていきたいと思います。」とおっしゃっています。いよいよデビューに向けて本格的に始動したといった感じでしょうか。ここまで長かったですが、まずは長旅の疲れをしっかり癒して、そしてゲート試験は一発合格できるように願っています。

 

フライトストリームは11/2にノーザンファーム天栄へ放牧に出ました。高柳先生は「先週は申し訳ありませんでした。ジョッキーは馬場を気にした面もあったと言っていましたが、前半で結構ハミを噛んでしまっていましたし、最後に脚が上がってしまったのは、その分が大きかったのだと思います。レース後は馬体に大きな問題は見られませんが、両トモに疲れがあるようでクタクタした感じがあります。優先出走権も獲れませんでしたし、この後はいったんノーザンファーム天栄へお戻しさせていただく予定です。」とおっしゃっています。後ろから行ってもキレる脚がないから差し届かず、前に行ったら少し掛かってしまってバテてしまうという、何とも言えない感じになってしまっています… 次走はどこを使ってくるかは未定ですが、芝の中距離路線からの大幅な条件変更はあるかもしれませんね。まずはしっかり成長を促しつつ、疲れを癒して初勝利へ向かって行って欲しいです。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM