小樽駅感謝祭へ行って来ました

  • 2018.11.09 Friday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道

 

こんにちは!

 

11月3日は函館本線山線・蘭島−塩谷間で快速ニセコライナーを撮影した後は一旦自宅に戻り、小樽市民会館で開催された『伝統文化フェスティバル』に参加する奥さまを会場まで送った後、愛息と2人で小樽駅へと向かいました。抱っこひもに愛息をとリュックには替えのオムツやミルクを入れて『小樽駅感謝祭』に参加です!

 

小樽駅感謝祭 in 2018.JPG

 

当日は1階コンコースではトドの剥製が飾られていて、客室乗務員によるオリジナルグッズの販売がされていたり、改札を通ってホームへ出れば、駅長室の公開やおたる水族館によるミニ水族館が開設されていたりと、奥さまのお迎えの時間までの約1時間、ゆっくり楽しめそうだなとワクワクしていました。

 

ところがどっこい、愛息が「お腹がすいたよ〜」とフガフガしたり、おしっこでオムツがパンパンになったため、トイレでオムツ交換をしたりと待ったく落ち着いて見ることができません。一応、愛息ファーストで行動した結果、ご当地入場券を購入された方へのプレゼントとして配布していた『列車カード』をGETすることは出来たのですが、クイズラリーに参加して『ヘッドマークシール』をGETするまでは至らず… 約束の時間が来たので奥さまのお迎えに行くことになったワケです。iPhoneで写真を撮ることも満足にできませんでしたが、「可愛い愛息に嫌な思いはさせないように参加する」ということを自分に課せていたのでこれで良いんです。

 

 

さて、その『列車カード』ですが、表面にはご当地入場券をセットできるようになっており…

 

小樽駅感謝祭 列車カード 表.JPG

 

 

裏面には小樽駅にゆかりのある特急列車である「ニセコ」「ヌプリ」「ワッカ」「北海」と「SLニセコ号」のヘッドマークと列車がデザインされています。

 

小樽駅感謝祭 列車カード 裏.JPG

 

結構、早い段階で頂くことが出来たのでNo.は10番でした。各日限定300枚、2日間で600枚限定のカードです。中でも一番グッとくるのは、国鉄色のキハ183-0系 特急「北海」ですね。とても懐かしいです!

 

 

今回初めて外で行なわれるイベントに、愛息と2人だけで参加しましたが、なかなか大変でした… それでも短い時間ではあったものの、仲良く楽しく参加できたので少し自信がつきました。近々、『嵐』のコンサートで奥さまが不在の時間が長くあるので、その時のトライアルとして、良い叩き台になりました (・ω・)ノ

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM