朱鞠内湖のイトウ

  • 2018.12.18 Tuesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:フィッシング

 

こんにちは!

 

先日、幌加内町にある朱鞠内湖のイトウの保護と観光の両立についての記事が某新聞紙上で上・中・下と3日間掲載されていました。地道な取り組みがしっかりと成果に現れてきていることを読み、とても感服しました。

 

幻の魚と生きる 新聞記事.JPG

 

子供の頃は実家から自転車で行ける距離にある茨戸川や札沼線に乗って行く月形町や浦臼町の沼でのヘラブナ釣りが中心だったものの、図鑑などでイトウについて「大きい個体は2mにも達する」「北海道内に生息する」等と紹介されていた為、いつかは釣ってみたいと子供ながらに思ったものです。

 

社会人になってルアーフィッシングが達者な同僚と知り合ったおかげで、ヘラブナ釣りからルアーフィッシングへと嗜好が変わり、マイカーも持ったことで行動範囲も広がったため、全道各地に出掛けるようになりました。

 

初めてイトウを釣ったのは南富良野町にある「かなやま湖」で66cmの中型サイズでした。その後は道北では猿払川や猿骨川、道東では阿寒湖等でイトウを釣ったのも良い思い出です。

 

そんな中でも割とコンスタントにイトウが釣れるなと肌感覚で感じているのが、今回記事になっている朱鞠内湖です。1mを超える大型サイズには未だ出会えていませんが、50〜70cm位のイトウであれば結構出会えています。たまに30〜40cmクラスの個体が釣れることもあり、これは漁協が長年続けているイトウの人工授精と稚魚放流が身を結んでいる成果に間違いありません。

 

 

ちなみに下の写真は朱鞠内湖のキャンプ場前でイトウを狙う私です(奥さま撮影)

 

070522 朱鞠内湖にて.jpg

 

 

イトウがヒットして無事に釣り上げることができ…

 

070522 朱鞠内湖にて イトウヒット.jpg

 

 

サイズを測ってみたら66cmのグッドコンディションの魚体でした!確かこの後に奥さまも40cm弱のアメマスを釣ったっけ…

 

070522 朱鞠内イトウ66センチ.jpg

 

 

今はどちらかというと鉄道写真の方に傾倒しているので、去年、今年と釣りに行けていませんが、愛息の成長に合わせてキャンプを絡ませながら一緒に釣りを楽しもうと夢見ています (・´з`・)

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM