釧路−東釧路間・釧路川橋梁でキハ54 & キハ40を撮影

  • 2019.02.19 Tuesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道写真

 

こんにちは!

 

釧路市内で奥さま(+愛息)がお友達とランチを楽しんでいる間、廃止が決定した「太平洋石炭販売輸送臨港線」の石炭列車を撮影した後は、有名撮影ポイントである釧路川橋梁へと向かいました。

 

こちらのポイントでは13時過ぎから30分位の間で3本の列車を撮影することが出来ます。今回は東釧路駅方面から走って来るのが2本、釧路駅方面から走って来るのが1本なので、釧路駅側の川岸で撮影することにしました。

 

 

最初にやって来たのは根室発釧路行の3628D・「快速 はなさき」です。キハ54の単行でした。

 

東釧路−釧路 3628D キハ54 快速はなさき_190216.jpg

 

F5.6、1/800秒、ISO100、36mm、露出補正±0、WB 太陽光、カスタムイメージは「鮮やか」で撮影。青空の下、薄く凍った釧路川を渡るキハ54。この車両を見ると道東に来たんだなぁと感じます。とは言うものの留萌本線でも見ることが出来るんですけどね… イメージ的には道東なんです (・´з`・)

 

 

今回の動画撮影から先日購入したJVCのGZ-RX680を使用しています。当たり前ですがコンパクトデジカメよりはビデオカメラの方が良い映像が撮れますね!

 

 

 

2本目は釧路発根室行の普通列車5631Dです。キハ40の単行で、こちらはバックショットになります。

 

釧路−東釧路 5631D キハ40_190216.jpg

 

F6.3、1/800秒、ISO100、54mm、露出補正±0、WB 太陽光、カスタムイメージは「鮮やか」で撮影。少し蓮氷が浮かんでいたので、川面の占有を多く、縦構図で撮影してみました。

 

 

動画は横構図です。

 

 

 

最後の3本目は網走発釧路行の3727D・「快速 しれとこ摩周号」です。こちらはキハ54の2両編成でした。

 

東釧路−釧路 3727D キハ54 快速知床摩周号_190216.jpg

 

F5.6、1/800秒、ISO100、36mm、露出補正±0、WB 太陽光、カスタムイメージは「鮮やか」で撮影。やはり1両と2両では雰囲気がガラッと変わりますね。単行ほどはローカルな雰囲気が出ていないように感じます。

 

 

上の写真の角度だとせっかくのトレインマークが確認できませんが、動画ではトレインマークを見ることが出来ます。

 

 

 

今回は愛息のペースに合わせての移動だったので、釧路駅を発車して標茶駅へと向かう「SL冬の湿原号」の撮影には間に合わず、戻りの列車も帰りの時間の関係でそこまで待つことも出来ずと、せっかくの好天なのにSLを撮影出来なかったのは残念でしたが、30分強という短い時間で効率よく3本の列車を撮影することができたので良しとしています。

 

この撮影後に奥さまと愛息を迎えに行き、そのまま自宅へと帰りました。自宅−根室−阿寒−釧路−自宅と2日間で走った距離は1,110.7km!

 

0215-0216走行距離.JPG

 

結構走りましたね… (*´Д`)

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM