Prius Cからの乗り換えはVOXYに決定!

  • 2019.02.22 Friday
  • 12:00

JUGEMテーマ:ハイブリッド車

 

こんにちは!

 

昨日、VOXYの新車注文書にハンコを押し、そして予め与信を確認してあった信金さんに立ち寄ってマイカーローンの手続きも行ない、Prius Cからの乗り換えについては結論が出た格好となりました。

 

最初の見積り段階(ナビ等のオプション品を含む・下取車価格含まず)では…

 

・ノア ハイブリッド Si W×B 379万円(3月末登録可能)

・ヴォクシー ハイブリッド ZS 煌 390万円(3月末登録は無理、4月中旬の登録)

・セレナ e-POWER 393万円(3月末登録可能)

 

特にノアはALPINEのノア専用の「ビッグX 11」の大画面ナビに12.8型のフリップダウンモニター、バックカメラが含まれていての価格であり、他の2車とは価格も安いのにナビ等のグレードは「ビッグX 11」よりは小さめということで、ほぼノアに決まりかけていました。

 

思ったよりも安い値段が出てきたので、Prius Cの下取りを加味するともっといろいろとパーツがつけれそうということで、追加でパーツの取付をした場合での価格を出して頂くようお願いをしました。

 

追加したパーツは以下のようなものです。

 

・ナビはALPINEの車種別の「ビッグX 11」にする

・ALPINEの12.8型のフリップダウンモニターはプラズマクラスター付のものにグレードアップ

・後席を映すことが出来るALPINEのスペースクリエーターを追加

・スピーカーもALPINEで統一、フロントは専用設計の3WAY、リヤは17cmのコアキシャル2WAYにする(セレナ e-POWERはフロントは17cmのセパレート2WAY)

 

ナビのグレードアップのところで、セレナ e-POWERはALPINEをインストールするなら価格はかなり上がってしまうということで、ナビを8インチ、リアモニターを10インチに上げて393万円から若干の値引上積みというお話を頂きましたが、ノアとヴォクシーの価格にまでは届かないため、ここで脱落となりました。

 

トヨタ車同士の競合、それも兄弟車での競合となったため、さらに追加でパーツを見積書に追加をして頂きました。

 

・電子インナーミラーを追加

・レインクリアリングブルーミラーを追加

・車体の剛性を強くするため、CUSCOのタワーバーとリアアンダーブレースを取付

・センチュリーのホーンに換装(LOWとS-LOW)

・Clazzioのシートカバーの購入と装着

 

要するに兄弟車同士でのガチンコ勝負です。そうしたところ、驚くことにヴォクシーの方が安い値段で見積書が出てきたので、ヴォクシーを購入する運びとなった訳です。しかもこれだけ追加して前回の見積書金額よりも安くなっているという圧巻のパフォーマンスでした!

 

そしてPrius Cの下取価格は21万円弱、ドライブレコーダーはヴォクシーに移設、エアクリーナー、ガナドールマフラー、LEDテールライトは純正品を持っていくので取り外して持って帰るという事になっています。加えてLEDのルームライトやレーダーは別で購入して持ち込むので取付だけをお願いしています。

 

ひとまず納車は4月下旬、もしかするとゴールデンウィークは10連休なので、ゴールデンウィークが終わってからということになるかもしれません。納車までの間はPrius Cに乗っているので、残された時間を一緒に、そして大事に過ごしたいと思っています。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM