【調教チェック】 アーティファクト 19.4.27 新潟5R 3歳未勝利戦出走

  • 2019.04.26 Friday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

ようやくデビュー戦を迎えるアーティファクト。新馬戦が組まれている間にはデビューできませんでしたので既走馬相手のデビュー戦となりますが、今までのひ弱さが嘘のように好調教を連発しているので期待がどんどん大きくなっています。それでは今週の追い切りをチェックしてみましょう。

 

4/21に美浦南W良馬場で5F68.8-4F53.3-3F39.8-1F12.6を馬場の7分どころを馬ナリで回って記録。3歳オープン馬(末強め)相手の併せ馬で0.4秒先行し同入しています。そして最終追いは4/24に美浦南W良馬場で5F68.3-4F52.4-3F38.7-1F12.7を馬場の6分どころを馬ナリで回って記録。古馬500万下(強め)相手の併せ馬で0.4秒追走して同入しています。全体時計は1週前追い切りの方が速いですが、4Fからの時計は最終追いの方が速く格上相手の併せ馬で追走同入ですから良い内容だと思います。2週続けて格上相手の併せ馬で遅れをとっていないのも高評価です。競馬ブックWebでの短評も「馬体充実動き目立」と↗評価となっています。

 

古賀先生は「24日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の最後方から進め、直線はしっかり脚を伸ばして同入しています。跨った助手はまだ手応えに余裕があったと言っていましたし、スタンドから見ていても脚取りはしっかりとしていて良い動きだと感じました。馬房から出す時はまだトモがフラフラして頼りなさはありますが、しばらく動かしていれば問題ありませんから、予定通り今週の新潟・芝1,600mに出走させたいと思います。調教通りの動きをすれば恥ずかしくない競馬が出来ると思いますが、あとはスタートがどうなるかですね。先週ゲート練習を行いましたが、あまり速くはなかったので既走馬相手にどうなるか心配な部分はあるものの、それほど離されずに付いて行ければ終いは脚を使ってくれそうですから楽しみにしています。」とおっしゃっています。やはりトモの頼りなさで時間がかかった馬ですし、スタートの不安は付きまといますね。そして天気も雨予報なので開幕週とはいえ多少は力の要る馬場になるでしょうし、それがどう響くのかというのも気になります。あとは池添騎手の手綱捌きに期待したいと思います。

 

出走メンバーで調教が良いなと思ったのは栗東坂路で好タイムで且つ格上馬をアオる動きを見せたアドマイヤコメットですね。前走ダート1,700mから馬場替わりの距離短縮なのもプラスに作用しそうです。

 

前走で馬券圏内に来ている馬が2頭、前走2桁着順の馬が7頭と割と出走メンバーには恵まれたと思います。ここで勝ってくれれば言う事ナシですが、少なくても次走に向けて光が見えるレースをしつつ、無事にゴールして欲しいと願っています!

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM