函館本線山線でキハ201と羊蹄山を撮影

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道写真

 

こんにちは!

 

5月17日は奥さまが「嵐」のコンサートを観るため、午前中には自宅を出発して札幌へ向かうスケジュールだったので、早朝だけ函館本線山線の撮影に行って来ました。

 

今回のテーマは『キハ201と羊蹄山』です。

 

キハ201は早朝の営業運転として走行するのは、倶知安発の普通列車963Dと蘭越発の3925D 快速ニセコライナーの下り2本だけですが、実は回5922Dという倶知安駅から蘭越駅へ回送される上り列車があります。とどのつまり、日が長くなってきた今時期であれば、早朝に3本のキハ201を撮影することが出来るんです。

 

 

当日は快晴だったのですが、羊蹄山のすそ野には雲がかかっており、キハ201と羊蹄山を一緒に撮るのは難しい感じだなぁと思って運転をしていました。回5922Dを撮ろうと思っていた場所に行ってみたら羊蹄山は何も見えずだったので、比羅夫駅で撮ることにしました。

 

キハ201 回5922D 比羅夫駅_190517.jpg

 

F5.6、1/800秒、ISO1600、150mm、露出補正±0、WB AWB、カスタムイメージは「鮮やか」で撮影。写真を見ても薄い霧がかかった感じがしますね… 残念…

 

 

次は倶知安発の普通列車963Dの撮影です。運転していて少し霧が晴れてきたように感じたので倶知安−小沢間にある「北四線踏切」へ行ってみました。

 

キハ201 963D 倶知安−小沢 北四線踏切_190517.jpg

 

F6.3、1/800秒、ISO400、202mm、露出補正±0、WB AWB、カスタムイメージは「鮮やか」で撮影。何回もここの撮影ポイントに来て列車を撮っていますが、いつもの横構図から今回は縦構図にして羊蹄山大きめ・列車小さめで撮ってみました。

 

 

最後は同じ倶知安−小沢間ですが、場所を変えてワイス周辺で撮影をしました。

 

キハ201 3925D ニセコライナー 倶知安−小沢 ワイス_190517.jpg

 

F8.0、1/800秒、ISO400、180mm、露出補正±0、WB AWB、カスタムイメージは「鮮やか」で撮影。だいぶ緑が濃くなってきて初夏の装いです。残雪の羊蹄山と新緑… 函館本線山線ならではのコレボ実現です!

 

 

動画も撮影しました↓

 

 

 

周りも新緑の時期を迎え、緑もだいぶ濃くなってきました。これからも春夏秋冬の函館本線山線を写真に収めていきたいと思います!

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM