出資馬の近況 2019.6.9

  • 2019.06.09 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:一口馬主

 

こんにちは!

 

昨日は喜びと悲しみと… 終わりが悪かっただけにちょっとテンションが下がり気味です…

 

 

【5歳馬】

グラドゥアーレ【1.5.1.8】:昨日の東京12R 1勝クラス ダート1,300mに出走し15着

 

【4歳馬】

ハウナニ【2.0.1.3】:ノーザンファーム天栄で調整中、第1回函館開催に出走予定

ブラストワンピース【5.0.0.4】:ノーザンファーム天栄で調整中

キューグレーダー【2.2.0.1】 :6/2と6/5に美浦南Wで時計、6/15の東京10R 相模湖特別に戸崎騎手で出走予定

 

【3歳馬】

スイートウィスパー【0.0.0.1】:6/6に美浦トレセンへ帰厩

アーティファクト【0.0.1.1】:昨日の東京7R 3歳未勝利戦 ダート1,400mに出走し3着

フライトストリーム【0.0.0.6】:6/2に美浦坂路で時計、6/5に美浦南Wで時計、6/16の東京4R 3歳未勝利戦 芝1,800mに嘉藤騎手で出走予定

 

【2歳馬】

コバルトウィング(レースウィングの17):ノーザンファーム天栄で調整中

ベッロコルサ(ベッライリスの17):ノーザンファームしがらきで調整中

ブリリアントコール(レイズアンドコールの17):ノーザンファーム空港で育成中

 

 

グラドゥアーレはまさかの15着に敗れてしまいました… 1頭除外がいたので出走した馬の中では最下位ですね… ツイッターのコメントでは夏バテの兆候があったようで、それなら致し方ないと思いますが至極残念です。コメントでも「天栄から戻ってきた時のフレッシュな状態よりは…」というくだりがありましたから、ピークからは下り坂ということだったのでしょう。最近は走るたびに着順が悪くなってきているので、メンタル面も含めてしっかりリフレッシュして復帰して欲しいと思います。

 

ハウナニは週1回坂路コースで14-13、週1回14-14、週1回周回コースで70-40、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間は坂路コースでの調教を中心に、周回コースでの運動も加えています。早ければ来週にも函館競馬場へ移動することになると思いますから、このまましっかりと乗り込んでいきたいと思います。馬体重は489圓任后」とコメントされています。馬体重は前週から1kg減にとどまっています。使うレースは6/23の11R UHB杯 芝1,200mハンデ戦か、6/30の12R 道新スポーツ杯 芝1,200m牝馬限定戦のどちらかだと思いますが、6/30の方が可能性が高いかなと想像しています。いずれにしても地元北海道で走る姿を見るのが楽しみです!

 

ブラストワンピースは周回コースで軽めのキャンターを行なっています。担当者さんは「こちらに戻ってきて改めて状態を確認しましたが、脚元には特に問題はありませんでした。いつも通り背腰には走ったなりの疲れがあったので先週一杯は軽めの調整に止め、徐々に回復してきていることから、今週から周回コースでの運動を始めています。今後も状態に合わせて少しずつ進めていきたいと思います。馬体重は561圓任后」とコメントされています。あっという間に560kg台に戻りました(笑) それにしても目黒記念→札幌記念→凱旋門賞というコメントがあったのに、次走予定は札幌記念と発表がないんですね… もっとも、札幌記念にはルメール騎手騎乗でフィエールマンが出走してきますが、当初の予定通りに札幌記念へ向かうのか、はたまた別のレースを使うのか気になります。何はともあれ、ブラストワンピース自身がしっかりリフレッシュできて、次走から快進撃を見せてくれることを期待しています。

 

キューグレーダーは6/2に美浦南W良馬場で5F75.1-4F59.5-3F44.0-1F14.8を馬場の6分どころを馬ナリで回って記録。そして6/5は同じく美浦南W良馬場で5F68.0-4F53.1-3F38.8-1F12.5を馬場の7分どころを馬ナリで回って記録、古馬2勝クラス(馬ナリ)相手の併せ馬で0.9秒追走し同入しています。栗田先生は「5日に南Wコースで追い切りを行いました。道中は3頭縦列の最後方から進め、直線で最内に入れて脚を伸ばすと、最後は同入する形で終えています。先週は少し動きに硬さを感じる部分がありましたが、今週はそのようなところもなく、良い感じで脚を伸ばしていましたね。この中間もプール調教を併用して進めている割には、馬体重はそれほど減ってきませんが、動きに重苦しさは見られません。上がってきた時の息遣いはまだフーフー言っていましたが、今週しっかりと負荷を掛けた調教を行えましたし、これで整ってくると思いますよ。鞍上は戸崎圭太騎手に依頼しています。」とおっしゃっています。先週同様、プール調教も挟めながら、ウッドで追っていますが、しっかり時計も詰めてきて良い感じです。最終追い切りの動きに注目です!

 

スイートウィスパーは6/6に美浦トレセンへ帰厩しました。萩原先生は「ノーザンファーム空港でコンスタントに速めのメニューをこなせていたので、6日の検疫でこちらへ戻させていただきました。久々のトレセンになりますし、北海道からの輸送が影響して体調を崩すことがないよう、よく気を付けて調整していきたいと思います。」とおっしゃっています。北海道で見ることが出来れば嬉しいですが… どこのレースを使ってくるのか発表が楽しみです。

 

アーティファクトは3着に頑張りました!直線に向いた時の手応えでは突き抜けるかなと思いましたが、意外にジリっぽいなぁと… それでも未勝利脱出のメドが立ったという事では収穫があったと思っています。次走は番組的にはダート1,200mかな… と勝手に思っていますが、函館・札幌で未勝利を脱出して暮れれば嬉しいです。

 

フライトストリームは6/2に美浦坂路良馬場で4F59.6-3F44.7-2F29.6-1F14.8を馬ナリで記録。そして6/5に美浦南W良馬場で嘉藤騎手を背に5F68.9-4F52.2-3F38.1-1F13.2を馬場の9分どころを回り直線一杯に追って記録しています。高柳先生は「5日に南Wコースで追い切りを行いました。嘉藤騎手に跨ってもらい、単走で終いを伸ばすように指示していましたが、結構鞍上の手が動いている割にはそれほどスピードは変わらなかったですね。また、上がってきた時はフーフー言っていましたから、来週に向けてさらにコンディションアップを図っていきたいところです。なお、鞍上は調教で感触を確かめてもらった嘉藤騎手にお願いしています。」とおっしゃっています。また、鞍上予定の嘉藤騎手は「5日の追い切りで乗せていただきました。掛かるところがあると聞いていたので、よく注意していたのはありましたが、頭を上げて収まらないという感じはなかったですし、レースでも前に馬を置けば問題なさそうだと感じましたよ。直線は追ってもグッと伸びる感じではなかったですが、フットワーク自体はスムーズで良かったです。」とおっしゃっています。ウッドでの追い切りは前週からは大きく時計も詰めているので及第点だと思います。出来れば終いは12秒台であれば言うことナシだったんですが… それでも時計面では今までよりも改善されていますし、レースに向けて少し希望の光が見えてきた感じがします。最終追い切りどれ位の時計を出してくるのか楽しみです。

 

コバルトウイングは週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整を行なっています。担当者さんは「この中間も坂路コースでの乗り込みを中心に調教を進めています。先週より坂路入りの回数は減りましたが、その分周回コースで距離を乗り体力強化を図っています。脚元や背腰の状態を含め、疲れが出ることなく順調に進めることが出来ていますよ。馬体重は518圓任后」とコメントされています。馬体重は前週から+2kg、しっかり鍛えて走れる身体を作っているところでしょうか。デビュー戦のアナウンスが出るのが楽しみで仕方ありません!

 

ベッロコルサは周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒を行なっています。厩舎長さんは「疲れそのものは感じませんでしたので、今週から周回コースで乗り出しました。週半ばから坂路にも入れていますが、小柄ながらも走りっぷりは悪くないですし、乗り味が良いですね。この調子ならペースを上げても問題なさそうなので、来週から15-15を開始していきたいと思います。馬体重は414kgです。」とおっしゃっています。乗り味が良い、走りっぷりは悪くないという言葉に期待してしまいます! 小柄ですので仕上り早なのかもしれませんし、どこでデビューするのかこちらも楽しみです!

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM