【Prius C】 2018年10〜12月の実走燃費

  • 2019.01.12 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:ハイブリッド車

 

こんにちは!

 

Prius Cの2018年10月〜12月はメインの通勤使用(往復約70km)の他、先にスタッドレスタイヤへの交換を済ませていたということもあって、11月の『愛息の温泉デビュー旅』での道東2泊3日の旅でも活躍をしてくれました。室内は狭くても峠越え等を考えるとスタッドレスタイヤの方が安心ですからね… それではこの期間内の燃費を見てまいりましょう。

 

Prius C 燃費 1810-1812.PNG

 

10/7  565km  23.89L:23.65lm/l

10/17  542km  22.74L:23.83km/l

10/24  520km  22.49L:23.12km/l

11/4  607km  28.29L:21.45km/l

11/8  474km  21.23L:22.32km/l

11/12  722km  29.66L : 24.34km/l

11/21  623km  29.34L : 21.23km/L

11/28  636km  30.44L : 20.89km/L

12/6  540km  23.35L:23.12km/l

12/15  591km  30.06L:19.66km/l

12/22  605km  28.41L : 21.29km/l

12/31  505km  25.99L:19.43km/l

期間燃費 6,930km  315.89L:21.94km/l

 

やはり『愛息の温泉デビュー旅』で遠乗りをしている影響で、11/12の燃費が期間中の最高燃費になっています。期間中の給油は12回あり、平均燃費を上回ったのが6回、下回ったのが6回とキレイに割れました。12月に入るとリッター20kmを切るようになってくるのは昨年同様の傾向です。

 

 

そして早いもので購入してから丸6年になりました。2012年12月からここまでの燃費を見てまいりましょう。

 

Prius C 生涯燃費_181231.PNG

 

130,400km  5,613.05L:23.23km/l

 

13万キロを超えてきましたが、それでもこの燃費をキープしているのですから非常に経済的なクルマですね。それでも消費税が上がる前までにはPrius Cを下取りに出してミニバンへの買い替えを検討しているので、早ければ冬の間に手放すことになるかもしれません。その時が来るまでは大事に大事に乗っていこうと思っています。

 

 

【ノート e-POWER】 2018年10〜12月の実走燃費

  • 2019.01.11 Friday
  • 12:00

JUGEMテーマ:ハイブリッド車

 

こんにちは!

 

2018年10〜12月のノート e-POWERは、ママさん交流会や近所のスーパーへの買い物、奥さまのお母さまのパート先への送り迎え等のチョイ乗りがほとんどで、紅葉の石勝線・夕張支線を撮りに家族みんなでプチ遠征した他は、札幌にある私の実家へ行くのが唯一の遠乗りといった感じでした。また、今年の冬は降雪が少なかったものの寒さはそれなりだったので、愛息のためにと車室内がある程度暖かくなるまで暖機運転を長くしていたこともあって、12月になると一気に燃費が悪化しています。それではこの3ヶ月の燃費を見てまいりましょう。

 

ノート e-POWER 燃費 1810-1812.PNG

 

10/8  663km  33.56L:19.75km/l

10/15  725km  34.99L:20.72km/l

11/3  693km  35.26L:19.65km/l

12/1  599km  37.43L:16.00km/l

12/16  436km  31.58L:13.80km/l

期間燃費 3,116km  178.82L:17.43km/l

 

さすがにエアコンをONにすることはなくなりましたが、やはり外気温が寒い+ヒーターを入れる+暖機運転+冬道運転の方が夏場にエアコンONで走るよりも露骨に燃費が悪くなります。最低燃費記録にニアミスですからね…

 

 

そして2016年12月からここまでの生涯燃費ですが…

 

ノート e-POWER 生涯燃費_181231.PNG

 

生涯燃費 38,626km  1,892.71L  20.41km/l 

 

レーダーの生涯燃費計も20.4km/lを表示しているのでピタッときていますね。でもそうしてもD Fuelとはいつも若干の誤差が出てしまいます…

 

この先はPrius Cを下取りに出してミニバンを購入するということになれば、今度はノート e-POWERが私の通勤用ツアラーになる予定です。そうするとよほどの深雪を連日走らない限りはリッター13km台にはならないと思うんです。私の通勤用ツアラーになった途端、距離は伸びますが燃費の低下も多少は抑えられるだろうと思います。未だ購入時期は未定ですがボチボチ本格的に考えていく予定です。

 

 

Manfrotto 055プロアルミニウム3+3Way雲台キットが届く

  • 2019.01.10 Thursday
  • 12:00

JUGEMテーマ:写真撮影機材

 

こんにちは!

 

元旦は仕事だったのですが、帰宅してからネットショッピングでいろいろと物色していましたら、今使用しているものよりも大きくてガッシリとした三脚が、雲台付きで結構お得な価格で販売されていたので、ブラストワンピースの有馬記念優勝の賞金が入って来る前でしたが、売切れたら後悔すると思い、新年早々お買い物をしていたんです。

 

そして高熱の影響で動くのもやっとという中、購入した三脚は自宅に届きました。購入したのはManfrotto社055プロアルミニウム33Way雲台のキットです。

 

Manfrotto 055  Pro Aluminium3 + 3W HEAD 外箱.JPG

 

でもそんな状況なので箱から出すことも出来ず、ようやく昨日、箱を開けて中を確認しました。

 

 

今メインで使用しているのは、SLIKSPRINT66 deluxeですが、それと比較すると脚の太さが格段に違います。もちろん重さも重たいですが、色使い含めて見た目がかなりオシャレですね。さすがイタリアンデザイン!

 

Manfrotto 055  Pro Aluminium3 + 3W HEAD -1.JPG

 

Manfrotto 055  Pro Aluminium3 + 3W HEAD -2.JPG

 

背景に余計なものが入るので撮るのを止めたのですが、目一杯までエレベーターを上げると183cm、そこにカメラが乗るのでファインダーまで190cm以上はあると思うんです。そうなると踏み台か脚立がないとファインダーを覗くことが出来ない高さになります。そういう三脚が欲しかったんです!こんなゴツイ感じの三段三脚ですが、高さは183cmまで上がるのに加えて、最低高は9cmまで足を大きく広げることも可能なんです。ちなみに縮長が74cm、重さは約3.5kgとなかなかズッシリくる重たさです。でもこの重さゆえ、ちょっとした風でも問題なく撮影できそうですけどね。

 

 

Manfrotto 055  Pro Aluminium3 + 3W HEAD 雲台.JPG

 

雲台はMHXPRO-3Wが既にセッティングされています。ハンドルを伸ばして操作をしてみましたが、握りやすく使いやすかったです。動きも滑らかです。もちろん、水平器も備わっています。

 

 

さて、今度はこちらの三脚を持って、いつどこに撮影に行きましょうかということですが、ほぼ1週間は会社を休んでしまいましたので、仕事の遅れを取り戻すのを最優先でやらなければならないですからね… これから迎える3連休は天気が良さそうなので、もしかしたらそこのどこかで、いつもの快速ニセコライナーを相手に使ってみるかもしれません。初の実戦使用が楽しみです。

 

Manfrotto プロ三脚 055シリーズ アルミ 3段 RC2付3Way雲台キット MK055XPRO3-3W

新品価格
¥35,356から
(2019/1/9 23:45時点)

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM