キハ183-0系 記念入場券購入の旅 その5

  • 2018.06.12 Tuesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道

 

こんにちは!

 

室蘭本線・静狩−長万部間の「長万部ストレート」で、2018年最初の運行だったTRAIN SUITE 四季島を撮影した後は、ドライブも兼ねて、ご当地入場券&キハ183-0系記念入場券を購入するために室蘭方面へと車を走らせました。

 

まずは東室蘭駅へと向かいます。

 

東室蘭駅 キハ143形_180418.jpg

 

外から駅構内を眺めると、函館本線・山線界隈では見ることがない、キハ143系気動車が停まっていました。50系客車を改造して造られた気動車で、キハ150形の駆動システムを用いて性能が強化された車両です。昔は実家の近くの学園都市線(札沼線)を走っていたこともあるので、何度か見たことがありましたが、今は電化されており、ほとんど見るのは電車になってしまいました。

 

 

東室蘭駅のデザインは札幌−函館間を結ぶ『特急 北斗』です。

 

キハ183-0系記念入場券 東室蘭駅表.JPG

 

キハ183-0系記念入場券 東室蘭駅裏.JPG

 

最初は函館−旭川間を結んでいる特急列車でしたが、1972年(昭和47年)から今の函館−札幌間での運行となりました。今年3月のダイヤ改正で3往復あった『特急 北斗』がなくなり、全て『スーパー北斗』になりました。今は定期運行の『特急 北斗』はなく、全て臨時特急での運行でその名前を確認することが出来ます。

 

 

大沼ー仁山 8924D 北斗88号_180220.jpg

 

写真は今年の2月に臨時特急 北斗88号として運行されたスラント北斗を函館本線・大沼−仁山間で撮ったものです。晴れていれば後ろに道南の秀峰・駒ヶ岳が見える撮影ポイントだったのですが、残念ながら天気には恵まれず… それでも氷に閉ざされた小沼が入り、空も白っぽくなっていることで全体的にモノトーンなイメージとなり、お気に入りの写真の1つになりました!

 

 

キハ183-0系 記念入場券購入の旅 その4

  • 2018.06.11 Monday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道

 

こんにちは!

 

この日は2018年最初の3泊4日コースの運行で、函館方面へ向かって走る上りのTRAIN SUITE 四季島室蘭本線・静狩−長万部間にある「長万部ストレート」で撮影をしました。

 

静狩−長万部 開発道路踏切 TRAIN SUITE 四季島_180418.jpg

 

 

道路が意外に空いていたため、撮影ポイントに早く着きそうだったので先に長万部駅に立ち寄って、キハ183-0系記念入場券を購入しました。

 

キハ183-0系記念入場券 長万部駅表.JPG

 

キハ183-0系記念入場券 長万部駅裏.JPG

 

長万部駅のデザインは函館本線・山線を走る『特急 ワッカ』です。

 

『ワッカ』とはアイヌ語で『水』を意味しており、神仙沼や尻別川などの美しい水の景観に恵まれたニセコを走ることから名付けられました。デビューは2013年(平成25年)、札幌−長万部間を結ぶ特急列車として8月10日〜8月25日の16日間運行されました。途中の停車駅は小樽・余市・倶知安・ニセコ・黒松内の5カ所でした。翌年は函館−札幌間で季節運行され、函館本線・山線で走る数少ない特急列車の1つでした。個人的には地元沿線を走っていく特急だったので結構思い入れのある特急列車の1つでもあります。

 

 

蘭越−昆布 特急ワッカ_130819.JPG

 

写真はデビュー年の2013年撮影の、蘭越方面から昆布駅に入線してくる『ワッカ』です。この角度からだと、先頭と最後尾車両にあるラッピングがほんの少ししか見えませんね… せめてこの時期から鉄道写真に本腰入れていればと少し後悔している今日この頃です。

 

 

 

JR北海道 わがまちご当地入場券購入の旅 【空知地方─

  • 2018.05.16 Wednesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道

 

こんにちは!

 

旭川駅でキハ183-0系記念入場券を購入した後は復路の撮影ポイントに早めに入り、車内で昼食を摂り、昼寝をした後で撮影へと向かいました。復路の撮影は近文−伊納間にある「嵐山トンネル」で行ないました。

 

近文−伊納 嵐山トンネル 旭山動物園号_180325.jpg

 

この撮影でキハ183系基本番台 旭山動物園号とはお別れです。後日実施された旭川駅でのお披露目は仕事で行くことが出来ずでしたので…

 

 

撮影後はちょっと遠回りにはなりますが、石狩沼田駅のご当地入場券を購入するため、沼田町まで車を走らせました。石狩沼田駅では土日祝日は販売はしていないので、セイコーマート沼田店で購入しました。

 

JR北海道ご当地入場券 石狩沼田駅 表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券 石狩沼田駅 裏.JPG

 

留萌本線・恵比島−峠下間を走るキハ54系普通列車です。緑の中を走る単行列車、ローカル線の雰囲気が色濃く伝わってきます。裏面には「ほろしん温泉ほたる館」の前にあるクラウス15号蒸気機関車がデザインされています。

 

クラウス15号蒸気機関車は1889年(明治22年)にドイツミュンヘン市のクラウス機関車製造所で製造された車両で、九州鉄道→日本国有鉄道→東京横浜電鉄を経て、昭和6年に北海道留萌鉄道(沼田町)で石炭運搬等で活躍しました。更に明治昭和鉱業所(沼田町)でも石炭貨車運搬用として1967年(昭和42年)12月まで使用されていた、現在日本に現存する小型蒸気機関車の中では最も古い車両です。1970年(昭和45年)に沼田町の指定文化財として、加えて2010年(平成22年)にJR北海道より準鉄道記念物として指定されました。年齢にしたら129歳ですからね… これは貴重です!

 

こちら方面に足を伸ばした際は、妹背牛町にある「妹背牛温泉ペペル」の泉質がピカイチなので、ここに入浴することはほとんどなかったのですが、留萌本線での撮影や、朱鞠内湖での釣りの帰りなど、立ち寄って見てみたいなぁと思っています。

 

 

プラレール 動物とあそぼう! 旭山動物園号レールセット

新品価格
¥8,600から
(2018/5/16 00:00時点)

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM