ノーザンホースパークで吉田代表(?)に会う

  • 2018.04.12 Thursday
  • 12:00

JUGEMテーマ:ぶらり旅

 

こんにちは!

 

ノーザンファーム空港牧場と早来牧場で愛馬たちと出資検討馬の見学をした後は、ノーザンホースパークに行ってランチとポニーショーを見て帰りました。

 

駐車場に車を停めて、まずはG汽曄璽垢燭舛鵬颪い帽圓海Δ髪梗砲妨かっていましたら、テレビで良くお見かけするノーザンファームの吉田代表がベンチに腰掛けているのを見かけたのでパチリ。(*´ω`*)

 

ノーザンホースパーク 吉田社長_180401.JPG

 

まぁ、ご本人ではありませんが…(笑)良く似たお人形といいますかマネキンといいますか…

 

 

リアルに作り込まれているのはご本人だけにとどまらず…

 

ノーザンホースパーク 吉田社長の競馬エイト_180401.JPGI

 

横に置いてある『競馬エイト』もものすごくリアルに作り込まれています。ここまでやるか〜って感じです。これには参りました!

 

 

厩舎でG汽曄璽垢鮓た後はライチタイム。この日は『Back Yard Grill』BBQランチブッフェでした!

 

ノーザンホースパーク BYG_180401.JPG

 

ノーザンホースパーク BYG メニュー_180401.JPG

 

ノーザンホースパーク BYG焼肉_180401.JPG

 

肉・海鮮・野菜などなど… 鉄板の上でジュージュー焼いて、お腹いっぱい頂きました。写真では野菜は焼かれていませんが、アスパラが美味しかったですね〜 朝早く自宅を出発してきたので食後は眠たいのなんのって… 危ないので車内で仮眠してから自宅へと戻りました!(´▽`*)

 

 

 

キハ183-0系 記念入場券購入の旅 その1

  • 2018.03.21 Wednesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道

 

こんにちは!

 

JR北海道では3月15日から『キハ183-0系 記念入場券』の発売を始めました。(*´ω`*)

 

これは、北海道専用として設計され、雪と寒さに強い特急車両として1981年10月の石勝線開業と共に運行を開始し、長い間大活躍した「キハ183-0系(基本番台)」が今年で引退することから、北海道内の17駅でその雄姿がデザインされた記念入場券を販売するというものです。

 

その17駅はといいますと…

 

北海道新幹線:木古内駅

函館本線:函館駅・大沼公園駅・森駅・長万部駅・倶知安駅・小樽駅・岩見沢駅・旭川駅

室蘭本線:東室蘭駅

根室本線:富良野駅・帯広駅・釧路駅・根室駅

石北本線:遠軽駅・網走駅

宗谷本線:稚内駅

 

それぞれ、デザインが違うので全駅コンプリートといきたいものです。

 

…と言ってはみたものの、販売期間が今年の10月31日までとなっているので、それまでに17駅を回って購入しなければいけないんです。後志地方在住の私にとってみれば、稚内駅や根室駅などの最果て駅に行くのは結構しんどいなぁと… また、釧路駅、網走駅はSL冬の湿原号クリスタルエクスプレスの撮影で1月下旬に行きましたし、大沼公園駅、森駅はそれこそ2月にキハ183-0系で運行されていた臨時特急 北斗の撮影時に行きましたし、旭川駅は先日、旭山動物園号の撮影の時に立ち寄ってきたばかりなので、もう少し早く発売開始されていれば良かったのになぁと思ってしまいましたよ… (*´Д`)

 

 

それでもやっぱりコンプリートしたい!と気合は十分。まずは一番近いところで小樽駅に行って購入してまいりました。

 

キハ183-0系記念入場券 小樽表.JPG

 

キハ183-0系記念入場券 小樽裏.JPG

 

小樽駅のデザインは『特急 北海』です!函館ー旭川間を結び、且つ函館本線山線を走る唯一の定期特急で、倶知安、小樽を経由し、札幌、旭川を結んでいた、最初から最後まで函館本線を走る特急でした。しかしながら1981年10月には函館ー札幌間に短縮され、残念ながら1986年10月には廃止されてしまいました。ヘッドマークは荒波(?)がデザインされており、銭函から小樽築港にかけては海沿いを走りますし、八雲から森にかけても海沿いを走りますから、このデザインはピッタリだと思います!

 

 

まずは1駅/17駅です。コンプリートへの道はまだまだ始まったばかり。取り敢えずは3月24日・25日でラストランを迎える旭山動物園号の撮影の際に岩見沢駅には立ち寄って購入したいなぁと…。他の駅も鉄道写真の撮影やご当地入場券の購入と絡めながら購入していきたいと目論んでいます!

 

 

 

JR北海道 わがまちご当地入場券購入の旅 【胆振地方】

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道

 

こんにちは!

 

先日、TRAIN SUITE 四季島を撮影するのに北舟岡駅に行った際、伊達紋別駅に立ち寄ってご当地入場券を購入しました。

 

JR北海道ご当地入場券 伊達紋別駅表.JPG

 

JR北海道ご当地入場券 伊達紋別駅裏.JPG

 

黄金ー崎守間で内浦湾をバックに走るキハ40がデザインされています。裏面は伊達野菜のイラストが描かれています。伊達市は四季を通じて割と温暖な気候で且つ、火山灰土壌で水捌けが良い土地柄、多品種多品目の野菜を生産しています。ハウス栽培も行なっているので冬でも野菜が出荷できるので、北海道内でも有数の農産地なんです。

 

今回は伊達紋別駅1ヶ所の巡りで終了でした。もう少し足を延ばして室蘭や登別まで行こうかと思いましたが、翌日は5連休明けの仕事ということもあり、早めに帰ってゆっくり休息を取ることにしました。(*´ω`*)

 

胆振地方はそれほど雪も積もらず、寒さもそれほど厳しい地域ではないので、冬場でも鉄道写真撮影に行けそうだなと目論んでおり、その時はご当地入場券を買いながら、鉄道写真も撮ってという二兎を追う作戦でいこうと思っています!

 

北海道ライン(第2巻) 全線・全駅・全配線 道央エリア (〈図説〉日本の鉄道) [ 川島令三 ]

価格:1,512円
(2017/11/14 22:15時点)
感想(0件)

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM