【ノート e-POWER】 2018年4〜6月の実走燃費

  • 2018.07.10 Tuesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:ハイブリッド車

 

こんにちは!

 

2018年4〜6月はメインユーザーである奥さまが出産ということもあって、私が運転することがほとんどでした。主には自宅から札幌の病院への通院、札幌の実家に泊まった時は札幌から会社までの通勤でも使用していました。なので、チョイ乗りは1〜3月の時よりは少なかったものの、街乗りや渋滞もソコソコあったため、思ったほど燃費の伸びはありませんでした。それではノート e-POWERのこの3ヶ月間の燃費を見ていきましょう。

 

ノート e-POWER 燃費1804-1806.png

 

4/14  759km  36.64L:21.91km/l

5/6  840km  36.25L:23.17km/l

5/19  683km  30.80L:22.17km/l

6/1  715km  33.92L:21.07km/l

6/19  729km  35.71L:20.41km/l

期間燃費 3,726km  173.32L:21.50km/l

 

愛息が生まれてからは、チャイルドシートがセットされているノート e-POWERで移動をしています。その際はエアコンを使用することがほとんどで、その影響も燃費の伸びに少なからず影響を与えていると思います。

 

また、5月19日に夏タイヤに交換をしていますが、タイヤサイズは195/55R16と1インチアップしています。タイヤが太くなっていますし、エアコン使用とタイヤサイズの変更と相まって、6月からの燃費が伸び悩んでいると思われます。

 

 

そして2016年12月〜2018年6月までの実走燃費は…

 

ノート e-POWER 生涯燃費_180630.png

 

生涯燃費 32,020km  1,535.91L  20.85km/l 

 

微妙な誤差はありますが、レーダーの生涯燃費計も20.9km/lなので何とかリンクしています。早ければ来月、遅くても9月からキハ183-0系 記念入場券購入の旅を始めないとコンプリートするのは難しい感じになってきているので、その時は奥さまと愛息と3人でのドライブとなる予定です。というよりも3人一緒でないと行ってはいけないと…(by 奥さま)その時はエアコンを使用していたとしても遠乗りになるので、燃費の伸びはそれなりに期待できそうです (^ω^)

 

【ノート e-POWER】 CHILD inside ステッカーの貼付

  • 2018.07.04 Wednesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:おすすめカー用品

 

こんにちは!

 

愛息が産まれてから、マイカーのリヤガラスに貼る「赤ちゃんが乗っています」「Baby in Car」といった吸盤タイプのサイン、またはステッカーを探していたのですが、直感的にビビッとくるデザインのものがなかなかありませんでした。そんな中、ステッカータイプのもので、これは良さそうだというものをネットショッピングで見つけたので、予備含みで2つオーダーをしてみました。

 

CHILD inside ステッカー.JPG

 

「Intel ハイッテル」のようなデザイン。もともとは【BABY inside】だったのを、【CHILD inside】に変更して作って頂きました! なぜBABYからCHILDに変更してもらったかといいますと、単純にCHILDだと赤ちゃんから幼稚園、小学生になってもそのまま貼り続けていてもおかしくないからです。逆にBABYと表示しているのに幼稚園児が乗っていたらおかしいかなぁと思いまして…

 

 

チャイルドシートはノート e-POWERにセットしており、こちらが家族でのお出掛けに使うクルマとなるため、ステッカーをリヤウインドウの左下側に貼り付けてみました。

 

CHILD inside ステッカー 貼付.JPG

 

CHILD inside ステッカー 貼付アップ.JPG

 

雨の日が続いていてなかなか作業することが出来なかったのですが、雨が止んだ少しの間を狙ってパパッと貼り付けました。ステッカーの色をミラーシルバーで作成して頂いたので、エンブレムと同じような光沢具合になり、シンプルですがなかなか良い感じです!大満足の仕上がりです!

 

 

さて、残りのもう1枚をPrius Cに貼るかどうかは、もう少々悩んでみます。Prius Cに新生児仕様(後ろ向き)でセットしようとすると、助手席をかなり前に出さないとセットできないので、前向きでセットできるようになるまではチャイルドシートを置くことはないと思うんですね… なので取り敢えずは予備で保管しておくことになりそうです ( *´艸`)

 

 

トヨタ カローラ スポーツに試乗してみた!

  • 2018.07.03 Tuesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:TOYOTA

 

こんにちは!

 

先月末、いつものディーラーさんでPrius Cの半年点検を受けてきました。ちょうど当日から新型カローラ スポーツの試乗もやっていたので、点検の待ち時間の間、そのポテンシャルはどんなものなのか体感してきました。

 

思えば今のカローラはセダンのアクシオ、ワゴンのフィールダーはありますが、ハッチバックなく、それを担っていたのが別ブランドのオーリスでした。また、かつて私がカローラフィールダーに乗っていた時は、カローラ ランクスというハッチバック車がありましたし、もっと昔にはカローラFXというのもありましたね…

 

今回、試乗したのはベーシックグレードのG”X" 4WDです。1.2リットルの直噴ターボエンジンを搭載しており、カタログでは最高出力は85kW(116PS)/5,200〜5,600r.p.m、最大トルクは185N・m/1,500〜4,000r.p.m、JC08モードでの燃費は17.2km/Lとなっています。

 

COLLOLA SPORTS フロント.JPG

 

バンパー開口部は今のカローラシリーズに共通した感じになっています。タイヤサイズはベーシックグレードなので195/65R15+スチールホイール+ホイールキャップです。最高グレードのG"Z"では225/40R18の超扁平タイヤを履いています。カローラクラスで純正18インチとは驚きです。

 

 

COLLOLA SPORTS リア.JPG

 

リヤは何となくオーリスに似た雰囲気があるかな… リヤエンブレムのところにバックカメラがさりげなく仕込まれていました。

 

 

運転席回りは…

 

COLLOLA SPORTS 運転席.JPG

 

試乗車にはメーカーオプションの本革巻きハンドルが装備されていました。このオプションでは冬にハンドルが冷たい時に使うステアリングヒーターや、パドルシフト、本革巻きシフトノブが装備されます。シンプルですが普段の使い勝手では各種のボタン操作も含めて不自由を感じることなく操作できると思います。

 

 

バックドアを開けてみますと…

 

COLLOLA SPORTS トランクルーム.JPG

 

結構な広さを感じられるトランクルームです。容量352リットル、9.5インチのゴルフバックでしたら2個積める大きさです。

 

 

今回はいつものように、ディーラさん発→峠越え→再びディーラーさんへというルートで試乗してみました。セールスさんも同乗して、いろいろとお話を伺いながらのドライビングでした。

 

ドライブモードは”SPORT” "NORMAL" "ECO"の3段階あり、”SPORT"モードではアクセルにレスポンスよく反応し、キビキビとした走りが、”NORMAL"モードでは加速感がやや穏やかに、"ECO"モードではもっと穏やかに、”SPORT”モードと比較すれば少々重苦しい感じのアクセルレスポンスになります。個人的にはやはり"SPORTS"モードでのキレの良い走りが一番好きです。また、10速まであるマニュアルモードをパドルシフトで積極的に使用すれば、自分で車を操縦している感がより一層強まります。

 

峠越えでのコーナリングもしっかりとした剛性が感じられ、普通に走る分には快適なドライビングが楽しめました。セールスさんのお話ではリヤのサスペンションにダブルウィッシュボーンを採用しているので安定且つ快適な乗り心地になっているんだとのことでした。

 

安全装備も”Toyota Safety Sense”が標準装備されていて、試乗車にはメーカーオプションの「ブラインドスポットモニター」という斜め後ろ側を走る車を検知する安全装備も備わっていました。今回のドライビングでは1車線のところしか走らなかったので作動することはなかったのですが、2車線、3車線を走行時の車線変更時の後方確認をアシストしてくれるとのことです。

 

今回のドライビングで感じたことを短くまとめますと、1.2リットルのエンジンとは思えない加速感とトルクの太さに驚くと共に、室内の静かさにもまた驚かされました。今回はベーシックグレードの試乗でしたが、18インチタイヤを履いた最上級のG”X"、そして1.8リットルエンジンを搭載したハイブリッド車、これから発売される6MT車もあるので、機会があれば是非乗って比較をしてみたいなと思いました。

 

でも実際カローラ スポーツを購入するかというと… 子供が生まれてからはスライドドアが乗り降りするのに楽だろうと思うようになり、Prius Cをあと1年半乗って、3回目の車検の前にスライドドア車に買い替えたいと思っているので、今現在は購入する気はありませんが、この先どう心境が変化するかはわかりませんからね… 買い替えに向けては何を優先して、どの車がベストチョイスなのか楽しみながら研究していこうと思っています (*´ω`*)

 

ニューカー速報プラス 第61弾 トヨタ 新型カローラスポーツ (CARTOPMOOK)

新品価格
¥780から
(2018/7/3 01:45時点)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM