札沼線〜新十津川町も廃止容認へ…

  • 2018.06.28 Thursday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道

 

こんにちは!

 

先日の新聞記事で、月形町に続き、新十津川町も札沼線・北海道医療大学前−新十津川間の廃止提案を容認することを明らかにしました。

 

札沼線 新十津川町廃止容認記事.JPG

 

これにより沿線4町(当別町・月形町・浦臼町・新十津川町)の内、2町が廃止提案を受け入れるこということになりました。残る当別町、浦臼町も来月には廃止提案を受け入れることが濃厚と言われており、廃止に向けてより一層加速していくことは間違いありません。

 

 

さて、札沼線の終着駅である新十津川駅といえば、柴犬のララ駅長がよく知られています。

 

ララ駅長.JPG

 

最近のララ駅長は3月のダイヤ改正後からは今まで12分後に折り返して出発していた最終列車が、32分後の折り返し発車となったことで勤務時間(?)が長くなったことに加え、6月以降は気温も上がってくるため、推定11歳と高齢なララ駅長には厳しい職場環境となることから、今は日曜日だけ出勤しているようです。廃止になる前に愛息とララ駅長のツーショットを撮りたいと思っているので、どこかのタイミングで来訪したいと思っています。

 

 

【オマケ】

 

キハ40-401&402_石狩月形駅.JPG

 

以前に撮影した石狩月形駅での1コマ。札沼線専用機・キハ40−401&402のツーショットです。もうこの列車交換風景を見ることが出来なくなってしまうのかなぁと思うと… 何だかとても切なくなります…

 

 

2編成しか存在しない735系電車に遭遇

  • 2018.06.23 Saturday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道

 

こんにちは!

 

一昨日は終日、昨日は午後から札幌で打合せだったので、移動手段はJRを利用しました。赤ちゃんが自宅に戻ってきてからは、深夜でもほぼ3時間おきに起きて、フガフガ言いながらミルクを催促するので寝不足の毎日が続いています。そんなこともあって、小樽から札幌まで寝ながら移動したいということを考えると、キハ201系、731系、733系のロングシート車両よりは721系や高速バスのシートの方が安心して眠れるなぁと考えたりもして…

 

一昨日は直行直帰だったので、睡眠よりもキハ201系のハイパワーディーゼル音を聞きながらということを重視し、往復とも快速ニセコライナーで移動しましたが、昨日は午前中は会社、午後は札幌ということで小樽駅まで車で移動して、そこからJRで移動しました。

 

小樽駅に行ってみると…

 

1766M 735系 普通列車_小樽駅180622 (2).JPG

 

1766M 735系 普通列車_小樽駅180622 (1).JPG

 

12:20発の1766M・千歳行き普通列車に2編成(A-101、A-102)しか存在しない735系  A-101編成が使われていました。735系は2010年(平成22年)に導入された電車で車体にはアルミニウム合金が使われています。極寒地での適応を見る為の試作車両として2編成を導入しましたが、試運転では問題はなかったものの、その後の増車はステンレス製車両の733系で行われています。それゆえに2編成しかないんですね。同じような顔をした731系には車体横には緑と赤のラインが、733系には緑のラインがありますが、735系にはそのラインがなくモノトーンなイメージです。

 

1766M 735系 普通列車_小樽駅180622 (3).JPG

 

せっかくなので735系に乗って札幌まで移動しようかと思いましたが、後発の3924M・新千歳空港行き快速エアポート130号が721系だったのでコチラに乗って寝ながら移動することを優先してしまいました…

 

 

札幌駅に到着してホームで昼食の立ち食いそばを食べていたら、先ほどの1766Mが遅れてやってきたのでパチリ。

 

1766M 735系 普通列車_札幌駅180622.JPG

 

途中の手稲駅の出発からから快速エアポート130号の方が先行するので、結果的に札幌駅でも撮影することができました。

 

 

ところで、実は一昨日も735系に遭遇していたんです。

 

帰りのニセコライナーまで少し時間があったので、苗穂駅に行ったり、札幌駅のホームをウロウロしていたのですが、3915M・江別行き区間快速いしかりライナーに731系との併結で735系 A-102編成が使われていました。

 

3195M 735系 いしかりライナー_180621 (1).jpg

 

3195M 735系 いしかりライナー_180621 (2).jpg

 

 

この2日間、少しの時間の中で2編成しかない735系の両編成に出会えたのは非常にラッキーでした。会社での内勤だけではなく、たまの外出は刺激がいっぱいです。また来月もあればいいなぁと…( *´艸`)

 

 

【オマケ1】苗穂駅の跨線橋から俯瞰撮影したキハ183-406入り特急オホーツク5両編成。

 

苗穂駅 キハ183-406込特急オホーツク_180621.jpg

 

目一杯広角にしてギリギリ収まりました。

 

 

【オマケ2】昨日の小樽への戻りも快速ニセコライナーでした。

 

3954D キハ201系 ニセコライナー_小樽駅180622.JPG

 

小樽駅で反対側のホームから長編成を撮ってみました。

 

 

思い出深い札沼線は2年以内に廃線になってしまうのだろうか?

  • 2018.06.20 Wednesday
  • 12:00

JUGEMテーマ:鉄道

 

こんにちは!

 

6/18の北海道新聞の1面に大きく取り上げられていたJR北海道の維持困難路線問題…

 

JR北海道廃止問題_180618.JPG

 

・札沼線:北海道医療大学前−新十津川間

・根室本線:富良野−新得間

・留萌本線:深川−留萌間

・日高本線:鵡川−様似間

・石勝線夕張支線:新夕張−夕張間

 

上記の5区間の内、石勝線夕張支線は来年3月末の運行を以って廃止が決まっていますが、残る4路線については具体的な廃止時期についてはハッキリしておりませんでした。

 

そんな中、今回行なわれた国・北海道・JR等が参加する「第2回6社協議」において、廃止が未決定だった4路線へは国の財政支援の対象外とすることが固まりました。加えて、JR北海道の島田社長も4路線の廃止時期について、「2年以内に問題解決の具体的な計画を出さなければならない」とコメントされました。ということは2020年までには廃止するか否かがハッキリするのかなぁと。

 

しかし、沿線の自治体からは当然の如く反対意見や批判が出ており、物流や観光等の観点から利用拡大についての検討の余地は十分にあると訴えているところもありますが、月形町は早々と廃止容認を表明しました。そうなるともう廃止に向けて加速していくんでしょうね…

 

他で儲かっていれば赤字路線の穴埋めも… となるのでしょうが、北海道新幹線も赤字収支だし、貨物列車が走る青函トンネルの維持管理も大変だろうし、運賃を値上げして少しでも赤字幅を圧縮しようとしていますが…

 

また、海外からのお客様は年々増えている、特にアジアインバウンドは増えていますから新千歳空港駅からのアクセス輸送強化、快速エアポートの増便により、更なる増収を目指すことは赤字圧縮の一助となるのは間違いありません。それでもこのトレンドがいつまで続くのかわかりませんし、何かあればパタッと来なくなってしまうこともありえますので、一気に赤字を圧縮して黒字転換へと導くことは難しいですよね…

 

今後もJR北海道単独で維持が困難とされる路線について注目して見ていきたいと思います。

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Counter

My Horse

Sponsor link

Sponsor link

Sponsor link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM